飛行教官ガイド「飛行機教育全般」②地上/飛行指導シラバス (3/3)

FLIGHT

第2部 地上/飛行指導シラバス (3/3)

本記事は、4部で構成される飛行教官ガイドの第2部に基づくものです。
第2部は量が多いため、前編(課目1~15)中編(課目16~23)後編(課目24~29)に分割しています。

「飛行教官ガイド」の4部構成

第1部「学習と学習要素」
第2部「地上/飛行指導シラバス」
第3部「訓練計画の作成」
第4部「よくある質問」

課目24:計器飛行

全計器使用

【全計器飛行】姿勢と運動

24【全計器飛行】姿勢と運動Attitudes and Movements
「(全計器飛行)姿勢と運動」の教育目的

次のような事項について計器をinstrument参照referenceして実施させるよう指導teach

  1. 機体aircraft通常normally運用operated時の姿勢範囲range of attitudes
  2. 所望desired姿勢attitudes確立achieve維持maintainするために必要necessary飛行produce制御movements
  3. ヨーyawイングの制御controlledHow
「(全計器飛行)姿勢と運動」の動機づけ
  • 計器にinstrumentsより取得gainedした情報を外部参照outside references関連relate付ける能力abilityは、計器飛行法instrument flying skills基礎cornerstoneとなる
「(全計器飛行)姿勢と運動」の重要予備知識
ヒューマンHumanファクターFactors
  • 計器instrument飛行flying指導instructionを実施前に次のような影響effectsについて復習review
確認事項
  1. 感覚senses制限Limitation (視覚visual / 前庭神vestibular経 / 運動感覚kinaesthetic)
  2. 方向感覚喪失Disorientation (視覚visual錯覚illusions / 前庭vestibular神経錯覚illusions)
  3. 疲労Fatigue (急性acute / 慢性chronic / 技量skillへの影響effect)
  4. 風邪Colds副鼻腔炎sinus congestion
  5. ストレスStress感情起伏emotional upset
  6. 不規則Incorrect食生活dietary habits
  7. アルコールAlcohol二日酔いhangover
  8. 薬品Medications (処方prescribed薬 / 市販薬over-the-counter / 麻酔薬anaesthetics)
  9. ドラッグDrugs
  10. 低酸素症Hypoxia過呼吸hyperventilation
  11. 一酸化炭素Carbon monoxide
  12. 献血Blood donations
  13. コクピットCockpit騒音noise / 灯火lighting / 振動vibration
  • 計器飛行instrument flight中に各種錯覚illusory sensations予想expectedされることと、それらに対処すhow to copeる方法について説明Explain
専門用語Terminology
  • 計器instrument飛行指導flying instructionの実施前に次のような用語termsについて復習review
確認reviewすべき用語terms
  1. ピトー管Pitot Head
  2. 静圧Static Pressure
  3. 動圧Dynamic Pressure
  4. 位置誤差Position Error
  5. ジャイロGyroscopicプリセッションPrecession
  6. ジャイロGyroscopic剛性Rigidity
  7. 指示対気速度Indicated Airspeed (IAS)
  8. 真対気速度True Airspeed (TAS)
  9. 較正対気速度Calibrated Airspeed (CAS)
  10. 実高度True Altitude
  11. 指示高度Indicated Altitude
  • 各飛行計器each flight instrument機能function基本basic的な機械操作mechanical operationについて説明Explain
  • 各種操作operation / 各種制限limits / 誤差errors / 計器のinstrument使用可否serviceability点検checksの情報sourceについて強調Emphasize
  • 制御control性能計器にperformance instruments関連する考えconcepts方について説明Explainし、次の項目について具体的Specifically説明explain
説明事項
  1. スキャscanンのpurpose
  2. 選定Selective方位radialスキャscanン法technique
  3. スキャScanning速度speed
  4. 計器不具合instrument malfunctions発見Detection
  5. よくあるCommonスキャscanningニングの誤りfaults
  • 次の姿勢attitudesに関する計器表示instrument indicationsについて説明Explain
説明事項
  1. 巡航Cruise
  2. 機首上Nose-up
  3. 機首下Nose-down
  4. 旋回Banked
  • 次の運動movementsに関する計器表示instrument indicationsについて説明Explain
説明事項
  1. ピッチPitchingング
  2. ローリRollingング
  3. ヨーYawingイング
  • 次の事項pointsについて説明Explain
説明事項
  1. 運動movement生じproduceさせる、もしくは機体aircraft所望desired姿勢attitudeするputために必要required制御入力control inputsは、有視界visual飛行flight使用usedするものと同様same
  2. 姿勢attitude出力power確立establishするために制御計器control instrumentsを、速度airspeed / 昇降率vertical spee / その他other所望desired性能performance確認verifyするためにパフォーマンス計器performance instruments参照refers
  3. 変更Changes行うinitiatedのには制御計器control instruments使用usingし、パフォーマンスperformance instruments計器は速度airspeed / 昇降率vertical speed / その他other性能情報performance information確認verifyするために使用
  4. 円滑smooth制御力control pressures,を使用し、細かsmall修正corrections行いmaking結果results待つwaiting
  5. 増減速accel/decelerate / 上昇降下climb/descending / レベルオlevelling offフの際に、所望desired速度airspeeds高度altitudesに到達するために出力power姿勢attitude変更changeする必要need性を予測anticipate
  6. トリtrimムの正しCorrect使用useは、制御の維持maintenance of control不可欠essential
「(全計器飛行)姿勢と運動」指導上の要点
  1. 飛行flight中は計器表示にinstrument indications集中emphasisするため、他機trafficの状況について注意深vigilant監視watchするkeepingことに気をdistracted取られる可能性mayがあるため、常時all times厳格sharp見張りlookout維持Maintain
    教官が学生studentの代わりに他機traffiの飛行状況を監視しwatchingていることを伝え安心さReassureせるため、学生studentに「ALL CLEAR LEFT (OR RIGHT) ?」と確認askさせ、確認confirmation待っwaitてから旋回turn開始entering
  2. この最初first計器飛行訓練instrument training session部分は、以降future訓練lessons基礎basics事項をカバcoversーしているため、この訓練lessonについてはすべallての原則principles注意深carefull説明explainするよう努力every effort
  3. 最初first数回few訓練lessonsでは安定calmした気流air実施Give
  4. 姿勢attitudes運動movements全体entire的な上空airの教示demonstrationについては視界制限装置view-limiting device使用せずnot-usingに実施することで、学生student訓練内容content of the lesson集中concentrate可能
    最初initial教示のdemonstration実施後、学生student計器instrumentsだけを参照referringして飛行訓練practiseが可能
  5. 学生student計器instruments参照referenceして飛行flyingしている間は、最初initially訓練lessons時間は短めshort実施keepし、進捗に応じて徐々gradually長めlengthenに設定
  6. 機体制御aircraft control疑問doubtがある場合には、ラダrudderーで直進straight維持keepし、エルaileronsロンでwings水平levelにすることを強調Emphasize
  7. 上昇降下climbs/descents / 旋回turns時には、参照referringするのが外部の視覚visual的なのか計器表示instrument indicationsなのかによらず同様same制御入力control inputs必要requireであるように、計器飛行訓練instrument lessons目視equivalentで行う同等equivalentの訓練と関連Relate付け
  8. 姿勢計のattitude indicator見方viewとして、尾翼tail座っsituated機体aircraftwings前に見てlooking forwardいるように学生student指導Advise
  9. 訓練機でtraining fleet可能permitsであれば、旋回釣合計turn co-ordinators旋回傾斜計turn and bank indicators違いにdifferencesついて教示demonstrate
  10. 部分的計器搭載機aeroplane equipped with partial panel使用usingした自家用操縦士免許Private Pilot licenceの取得訓練train許可さpermissibleれているが、飛行実技flight test検定では全計器搭載機fitted with a full panel同基準same standardで実施することを指導
「(全計器飛行)姿勢と運動」の指導法と学生訓練
(全計器飛行) 巡航姿勢Cruise Attitude

外部参照outside reference維持maintainingしつつ次のような事項を実施

全計器使用における巡航姿勢を確認する飛行内容
  1. 水平直線飛行straight and level flight確立Establish
  2. 通常巡航normal cruise水平飛行level flightできるよう姿勢計attitude indicatorミニチュア機miniature aircraft調整adjust
  3. 水平線horizon対すrelativeる実際の機体姿勢aircraft’s attitude姿勢計上attitude indicator表示displayとの相違点similarityについて教示Demonstrate
  4. パフォーマンス計器performance instruments常時表示constant indicationsされる情報ついて指導Point out
(全計器飛行) ピッチングPitch
  • 外部情報をoutside reference参照usingしつつ、ピッチpitchingグ動作movement視覚的兆候visual indications計器表示にinstrument indicationsついて比較compare
機首上Nose-up姿勢attitude
  1. 姿勢計attitude indicatorあわせfollowing機首上nose-up姿勢attitudeとし、姿勢計attitude indicator上の水平horizon表示line実際natural水平horizon線の相違点similarityについて指導point out
  2. 姿勢計attitude indicator機首上nose-up表示indicationと実際の機体aircraft’s機首nose位置positionについて比較Compare
  3. 姿勢計attitude indicatorピッチpitchスケscaleールについて指導Point out
  4. パフォーマンスperformance instruments計器の表示にindicationsついて指導Point outし、巡航姿勢cruise attitude表示indications比較compare
  5. 機首上げnose-upピッチpitch変化changeamountと、速度計airspeed indicator / 昇降計vertical speed indicator / 高度計altimeter示すindicated変化change量との関係relationshipについて教示Demonstrate
  6. 機首上げnose-up姿勢attitudes通常範囲normal rangeについて教示Demonstrate
  7. 昇降計のvertical speed indicator瞬間的momentaryラグlagについて指導Point outし、急激なabruptnessピッチ変化pitch changeラグlag / 反転reversalとの関係にrelationshipついて教示Demonstrate
  8. 巡航姿勢cruise attitude復帰Return
機首下Nose-down姿勢attitude
  1. 姿勢計にattitude indicator合わせて機体aircraft機首下nose-down姿勢attitudeにし、実際natural水平horizon線と姿勢計上attitude indicator水平線horizon lineとの相違点similarityについて指導point out
  2. 姿勢計のattitude indicator機首下nose-downげ表示indicationと実際の機体の機首位置position of the aircraft’s noseについて比較Compare
  3. 姿勢計のattitude indicatorピッチスpitch scaleケールについて指摘Point out
  4. パフォーマンperformance instrumentsス計器の表示にindicationsついて指摘Point outし、巡航姿勢cruise attitudeの表示indicationsについて比較compare
  5. 機首下nose-downげのピッチ変化pitch change量とamount速度計airspeed indicator / 昇降計vertical speed indicator / 高度計altimeter示さindicatedれる変化changes量との関係relationshipについて教示Demonstrate
  6. 機首下nose-down姿勢attitudes通常normal範囲rangeについて教示Demonstrate
  7. 昇降計のvertical speed indicator瞬間的momentaryラグlagについて指摘しPoint out急激なabruptnessピッチpitch変化changeによるラグlag反転reversal関係にrelationshipついて教示Demonstrate
  8. 巡航姿勢cruise attitude復帰Return
  • 計器instruments参考referringにして、機首上nose-upげ / 機首下nose-downげの姿勢attitudes巡航姿勢cruise attitude訓練practise機会を学生student付与Have
(全計器飛行) ローリングRoll
  • ローリrollingグ動作movementにおいて、外部outside視覚的兆候visual indications計器表示にinstrument indicationsついて比較Compare
バンク姿勢Banked attitude
  1. 機体aircraftバンク姿勢banked attitudeRoll実際natural水平線horizon姿勢計上horizon line水平線horizon line相違点similarityについて指導Point out
  2. 姿勢計がattitude indicatorバンクbank直接direct示すindicationhowについて指導Show
  3. 姿勢計attitude indicatorバンクスbank scaleケールについて指摘Point out
  4. 穏旋回gentle / 中程度旋回medium turnsに対するバンク姿勢範囲range of bank attitudesについて教示Demonstrate
  5. 方位計とheading indicator旋回傾斜計turn and bank indicator旋回表示turn indicationsについて指導Point out
  6. 機体aircraft旋回rolling中の旋回傾斜計turn co-ordinator表示にindicationsついて教示Demonstrate
  7. バンク角bank angle方位変化heading changesrate関係にrelationshipついて指導しPoint out方位計heading indicatorバンクbank角を間接的indirect表示indicationしていることを説明Explain
  8. 旋回針turn needleヨーyawイングに反応reactsすることを教示Showし、wings水平level維持keepingラダrudderーでヨーyawedイングされている際の旋回針turn needleの表示indicationsと、バンクbanked中にラダrudderーでヨーyawイングが防止preventedされている際の旋回針turn needleの表示indicationsについて指導Point out
  9. ボールball中央centredにある場合、バンク角bank angle旋回率rate of turn調和がco-ordinatedとれていることを指導Point out
  10. ボーballルが中心centreからズレone sideた位置にある場合、対応すcorrespondingwing調和のco-ordinatedとれた旋回turn必要requiredレートrateよりも低いlowerことについて指導Point out
  11. 旋回針turn needleバンクbank角の間接的indirect表示indicationとして使用usedできるのはボーballルが中央centreにある場合のみonlyであることを強調Emphasize
  • 計器をinstruments参照referringしつつ、学生student左右left/right各種バンク姿勢various banked attitudesでの訓練practise機会を付与Have
(全計器飛行) ヨーイングYaw
  • ヨーイyawingグ運動movement視覚visual的と計器表示instrument indicationsの両方について比較Compare
  • 旋回傾斜計turn co-ordinatorヨーyawイングを直接direct示してindicationいることを指導Point out
  • 旋回turn必要desiredヨーyawイング量は、適切なappropriateバンク角angle of bank選定selectingすることにより生ずるproducedことを指導Point out
  • ラダーrudder旋回針turn needle動きmovement制御すcontrollingることで、その起源origin関係なregardlessパイpilotロットの意思interests反しcontrary影響effectを与える任意anyヨーyaw」と定義definedされるアドバースadverse yawヨーの制御control法について教示Demonstrate
  • 計器をinstruments参照referenceしつつ出力変化changing power / 旋回turning / 上昇降下climbs/descents時のヨーyawイング制御にcontrollingついて学生student訓練practise機会を付与have

【全計器飛行】水平直線飛行

24【全計器飛行】水平直線飛行Straight And Level Flight
「(全計器飛行)水平直線飛行」の教育目的
  • 計器を参照instrument referenceしつつ、次の飛行法について指導teach
  1. 直線飛行Straight flight
  2. 水平飛行Level flight
  3. 各種速度various airspeedsでの水平直線飛行Straight and level flight
「水平直線飛行」の動機づけ
  • 水平直線飛行straight and level flightにより学ぶlearned飛行法skillsは、計器飛行instrument flyingほとんどmost場面aspectsにおける基本とfundamentalなること
「(全計器飛行)水平直線飛行」の重要予備知識
直線飛行Straight Flightに関する確認Review事項
  1. 姿勢計上attitude indicatorwings水平表示level indication
  2. 旋回傾斜計turn co-ordinatorヨーyawイング表示indication
  3. 後流効果slipstream effect / 非対称推力asymmetric thrust, / エルロaileron抗力dragなどのヨーyawイングの予測Anticipating
  4. マグコンパスmagnetic compass自体とコンパスcompass精確なaccurately読みread取り法にtechnique関連relatedするエラerrors
  5. 次の方法を用いた直線飛行straight flightのための正しcorrectスキャン法scan technique
直行飛行のための正しいスキャン法
  1. 姿勢計をattitude indicator参照referringして翼水平wings-level姿勢attitudeを確立Establishing
  2. 方位計をheading indicator頻繁often参照Referringし、所望の方位desired heading維持をmaintained確認confirm
  3. 旋回傾斜計turn co-ordinator時折参照しReferring occasionallywings水平levelヨーyawイングが発生しoccurringていないことを確認confirmation
水平飛行Level Flightに関する確認Review事項
  • 水平飛行level flightにおける姿勢計attitude indicatorの設定要領procedure for setting
  • 姿勢計にattitude indicatorおける小さsmallピッチ変化pitch changes検知detecting重要性importance
  • wings水平でnot levelないときのピッチ姿勢pitch attitude決定法How to determine
  • 機体aircraft適切properlyトリミtrimmingングの重要性importance
  • 次の要領による水平飛行level flight正しcorrectスキャン法scan technique
水平飛行のための正しいスキャン法
  1. 姿勢計をattitude indicator参照referringしながら巡航姿勢cruise attitude確立Establishing
  2. 高度計altimeterを頻繁に参照Referringし、指定高度assigned altitude維持maintained確認confirm
  3. 昇降計をvertical speed indicator時折occasionally参照Referringし、上昇下降climbing/descending傾向trend感知detect
  • 姿勢pitch出力power変更change必要need性を確認identifyするための高度計altimeter速度計airspeed indicatorクロスチェHow to cross-checkック法
各種速度での水平直線飛行Straight and Level Flight at Various Airspeeds
  • 次のfollowing事項pointsについて確認Review
確認事項
  1. 高度Altitude機首pitching上げ下げnose up or downにより制御controlled
  2. 速度Airspeed出力powerにより制御controlled
  3. 水平飛行level flight速度airspeed変更change時は、姿勢attitude出力power両方Both変更changed
  4. 水平直線飛行straight and level flightにおける正しcorrectスキャン法scan technique確認Reviewし、直線飛行straight flight水平飛行level flightとのスキャン法scan techniques組み合わcombineせ法について説明Explain
    スキャニング法level flightについては次の要領usedを適用
水平直線飛行時のスキャニング法
  1. 姿勢計attitude indicator回転計tachometer使用Usingし、所望の速度desired airspeed水平直線飛行straight and level flight確立establish
  2. 方位計heading indicator / 高度計altimeter / 速度計airspeed indicator頻繁often参照Referし、機体aircraft所望の速度desired airspeed水平直線飛行flying straight and levelしていることを確認confirm
  3. パフォーマンス計器performance instruments使用Useし、方位heading / 高度altitude / 速度speed誤差error検知detect
  4. マグコンパスmagnetic compass / 回転計tachometer / エンジン計器engine instruments時折確認Occasionally scan
  • 増減速時accelerating/decelerating入力inputs必要required制御controlについて説明Explain
「(全計器飛行)水平直線飛行」指導上の要点
  • 経験則推奨 (略算式SUGGESTED RULES OF THUMB)
経験則推奨 (略算式SUGGESTED RULES OF THUMB)
  1. 100RPMすなわち1インチinchマニホールドmanifold圧力pressureの出力変化changesで、速度airspeedは約5kt変化
  2. 細かsmall方位修正heading corrections行うmaking場合に使用するバンク角angle of bankは、変針に必要な角度number of degrees to be turned超えexceedない
  • 水平直線飛行straight and level flightについては徹底的thoroughな教示demonstrationを行い、学生訓練student practice十分enough時間time確保Allow
    習得learnedした技量skillsは、その他otherほとmostんどの計器飛行instrument flight場面aspects適用appliedできるため、この課目exercise習熟master重要important
  • マグコンパスmagnetic compassに関する詳細にinformationついては、計器手順マニュアルInstrument Procedures Manual (TP 2076E) の第2部Part Two参照Refer
  • 速度変更しchanging airspeedsつつ水平直線飛行straight and level flightについて指導teachingする場合は、加速前accelerating必要required出力設定出力設定決定determineしておくなど、学生studentにはまずfirst一定constant高度altitude維持maintainするためにどのwhat情報information必要neededか、次にsecondその情報をinformation取得getするために選択selectiveラジアradialスキscanャン法をどう変えchangedるかについて定義defineさせhaveるよう指導
  • 水平飛行level flightでは、出力power変化changedに伴うピッチ変化pitch change可能occur性があるため、学生student所望desired高度altitude維持maintainするため高度計altimeterと姿勢計attitude indicator頻繁often参照refer
    その後、newたな速度airspeed接近すapproachedるにつれて速度情報airspeed informationますますincreasingly重要とimportantなりbecomes所望速度desired airspeed確立established / 出力power正確correctly設定set / トリミンre-trimmedグ完了までは、速度計airspeed indicator頻繁frequent参照reference
「(全計器飛行)水平直線飛行」の指導法と学生訓練
直線飛行Straight Flight
  1. 外部情報outside reference参照Usingし、通常巡航速度normal cruise airspeed水平直線飛行straight and level flight確立establish
  2. スキャン法scanning technique簡単Briefly確認reviewし、計器だけonly instruments参照referringして学生student直線飛行fly straightさせhave
  3. ラダrudderーで直進straight維持keepする間、翼をwings水平level維持しmaintain調和のco-ordinatedとれた飛行flight維持すmust keepる必要があることを強調Emphasize
  4. マグコンパスmagnetic compassについて紹介Introduceし、次の事項について簡単Briefly説明demonstrate
マグコンパスに関する教示事項
  1. 増減速や旋回acceleration/deceleration/turning関連relatedする誤差errors
  2. 安定smoothした気流air乱気流rough air飛行flying中のマグコンパスmagnetic compassから方位計heading indicator設定setting
  3. 機体aircraft針路headingから逸脱deviatesした場合に必要necessaryに応じ修正correctionsを行い、指定針路assigned heading復帰return
水平直線飛行Straight and Level Flight
  1. 外部情報outside reference参照Usingし、通常巡航速度normal cruise airspeed水平直線飛行straight and level flight確立establish
  2. 機体aircraft安定stable後、姿勢計attitude indicator調整adjust
  3. 維持すmaintained針路heading指定Assign
  4. 水平飛行level flightスキャン法scanning technique確認Reviewし、計器のみonly instruments参照referringして必要requiredに応じ姿勢attitude調整adjustingにより高度altitude維持maintain
  5. 細かsmall高度修正altitude correctionsには小さsmallピッチpitch姿勢attitude変化changesのみを使用useするよう教示Demonstrate
  6. 機体aircraft適切properlyトリtrimmingミングの重要性importanceについて強調Emphasize
各種速度Various Airspeedsにおける水平直線飛行Straight and Level Flight
  • 学生student計器を参照instrument referenceしている際に、次の手順following stepsによる増速方法にhow to increase airspeedついて教示demonstrate
教示事項
  1. 新たnew速度airspeed必要required出力powerまで増加Increase
  2. 針路維持maintain headingのためヨーyawイング制御Control
  3. 高度維持maintain altitudeのため、必要requiredに応じピッpitch姿勢attitude調整Adjust
  4. 必要requiredに応じトリtrim調整Adjust
  • 減速の方法how to decrease airspeedについて、次のように教示Demonstrate
教示事項
  1. 新たnew速度airspeed必要required出力powerまで減少Reduce
  2. 針路維持maintain headingのためヨーyawイング制御Control
  3. 高度維持maintain altitudeのために、必要requiredに応じピッpitch姿勢attitude調整Adjust
  4. 必要requiredに応じトリtrim調整Adjust
  • 学生student各種速度various airspeedsにおける水平直線飛行flying straight and level訓練practise機会を付与

【全計器飛行】上昇

24【全計器飛行】上昇Climbing
「(全計器飛行)上昇」の教育目的

計器のinstrument参照reference用いusingながら次の事項の実施について指導teach

  1. 指定速度specified airspeedsで上昇を開始Enter維持maintain
  2. 指定上昇率specified rates上昇climbs開始Enter維持maintain
  3. 上昇climbからのレベルLevel offオフ
「(全計器飛行)上昇」の動機づけ
  • 最大best上昇性能climb performance獲得obtainするためには、特定particular速度airspeed上昇率rate of climb上昇climbできる能力ability不可欠essential
「(全計器飛行)上昇」の重要予備知識
  • 次の事項について確認Review
確認事項
  1. ヨーyawイング制御Control / 非対称推力asymmetric thrust / 後流slipstream影響effectsなど予想さanticipatedれるラダrudderの要件requirementについて学生studentに質問questioning
  2. 上昇開始climb entry (姿勢Attitude出力PowerトリTrimム)
  3. レベルLevelling offオフ (態度Attitude出力PowerトリTrimム)
  • 次の事項について説明Explain
説明事項
  1. 最大上昇率速度best rate of climb speedで上昇できる機首上げnose-upピッチpitch姿勢indication
  2. 特定速度specific airspeedでの上昇climb開始enteringとそれを維持maintainingする際の正しcorrectスキャン法scanning technique
  3. 指定上昇率specific rate上昇climbingする際の正しcorrectスキャン法scanning technique
  4. 速度airspeed上昇率rate of climb細かsmall修正correctionsするmakeための小さsmall制御入力control inputs使用use
  5. 上昇climbからレベルlevelling offオフする際の正しcorrectスキャン法scanning technique
  6. 上昇率rate of climb基づbasedレベルlevelling offオフ時の見越しlead量のamount見積もり法How to estimate
  • 学生studentが次のような重要crucial質問questions継続的continually答えanswerることを強調Insist
学生が継続的に回答していくべき質問
  1. どのような情報が必要かWhat Information Do I Need?
  2. どの計器で必要な情報が得られるかWhich Instruments Give Me the Needed Information?
  3. その情報は信頼できるかIs the Information Reliable?
「(全計器飛行)上昇」指導上の要点
  • 推奨経験則 (略算式)SUGGESTED RULES OF THUMB
推奨経験則 (略算式)SUGGESTED RULES OF THUMB
  1. 1°のピッチ変化pitch changesで、速度airspeedは約5kt変化し、上昇率rate of climbは約100ft/m変化
  2. 100RPMすなわち1インinchチのマニホmanifoldールド圧力pressureの出力変化changeで、速度airspeedは約5kt変化changesし、上昇率rate of climbは約100ft/m変化
  3. 上昇climbからレベルオlevelling offフに移行する際、上昇率rate of climbが500ft/mの場合は、目的高度desired altitude到達reachingの50ft前でbeforeレベルlevelling offオフ操作を開始beginするなど、上昇率vertical speedの10%の見越leadしを採用
  • 一定given速度airspee上昇climbingする際は、小さsmall姿勢変化attitude changes小さsmall修正correctionsを実施
「(全計器飛行)上昇」の指導法と学生訓練
定速上昇Constant Airspeed Climbs
  • 学生student計器参照中instrument referenceに、次のよfollowingうな事項ついて教示Demonstrate
定速上昇要領に関する教示事項
  1. 上昇climbに必要な概略のapproximate姿勢attitudeまで機首上nose up
  2. 上昇出力climb power設定settingまで出力増加Advance the power
  3. 速度計airspeed indicator姿勢計attitude indicatorクロスチCross checkェックし、ピッチ調整adjusting pitch必要needを判断determine
  4. 姿勢計attitude indicator参照referringしながら必要requiredに応じて姿勢attitude調整adjustし、速度計airspeed indicatorクロスcross checkチェックして正しcorrect上昇速度climb speed達成attained確認confirm
  5. 必要requiredに応じトリTrimミング
  6. この運動manoeuvre全体throughoutでの方位監視monitor heading必要need性について強調Emphasize
  • 学生student一定速度constant airspeed直進上昇straight climbs訓練practice機会を付与Have
上昇からのレベルオフLevelling Off
  • 学生student計器参照中instrument referenceに、次のよfollowingうな事項ついて教示Demonstrate
教示事項
  1. 姿勢計attitude indicator使用Useし、巡航姿勢cruise attitude調整adjust
  2. 高度計altimeter方位計heading indicator頻繁にFrequentlyクロスチcross checkェックし、所望desired高度altitude方位heading維持maintained確認make sure
  3. 機体aircraft巡航速度cruise speed到達reachedしたら巡航出力cruise power設定Set
  4. 必要requiredに応じトリTrimミング
  5. 機体aircraft増速accelerates時に速度airspeed注意closely深い監視monitor必要性need指摘Point out
  • 学生student定速上昇とconstant airspeed climbsレベルオフlevelling off訓練practise機会を付与
指定高度への定速上昇Constant Rate Climbs at a Specified Airspeed
  • 学生student計器参照中instrument referenceに、次のよfollowingうな事項について教示Demonstrate
指定高度への定速上昇Constant Rate Climbs at a Specified Airspeedに関する教示事項
  1. 所定のpredetermined上昇rate速度airspeed上昇climbするために必要required姿勢attitude出力設定power setting推定Estimate
  2. 姿勢attitude出力power調整adjusting上昇climb開始Enter
  3. 速度計airspeed indicator姿勢計attitude indicatorクロスCross checkチェックし、ピッチ調整adjusting pitch必要need性について判断determine
  4. 昇降計とvertical speed indicator姿勢計をattitude indicatorクロスCross checkチェックし、出力調整adjusting power必要need性について判断determine
  5. 必要requiredに応じ姿勢attitude出力power調整Adjust
  6. 必要requiredに応じトリTrimミング
  • 学生student定上昇率constant rate上昇climbsレベルlevelling offオフについて訓練practise機会を付与Have

【全計器飛行】降下

24【全計器飛行】降下Descending
「(全計器飛行)降下」の教育目的

計器のinstrument参照reference用いusingながら次の事項の実施について指導teach

  1. 指定速度specified airspeeds降下descents開始Enter維持maintain
  2. 指定降下率specified ratesで降下を開始Enter維持maintain
  3. 降下descentからのレベルLevel offオフ
「(全計器飛行)降下」の動機づけ
  • 計器進入instrument approach通常usually指定速度particular airspeed降下率rate of descent実施carried outすることから、機体aircraft効率的efficientlyかつ安全safely運航operatingするためには、指定specific速度airspeed降下率rate of descent降下descendできる能力ability不可欠essential
「(全計器飛行)降下」の重要予備知識
  • 次の事項について確認Review
「(全計器飛行)降下」に関する確認事項
  1. 該当Applicableするコクcockpitピット点検checks
  2. 降下descent開始entr (出力Power姿勢AttitudeトリTrimム)
  3. ヨーyawイング制御Control
  4. レベルLevelling offオフ (出力Power姿勢AttitudeトリTrimム)
  • 次の事項について説明Explain
「(全計器飛行)降下」に関する説明事項
  1. 通常normal降下descentsピッpitch姿勢表示attitude indications
  2. 指定速度given airspeed降下すdescendingるための正しcorrectスキャン法scanning technique
  3. 指定降下率given rate降下すdescendingるための正しcorrectスキャン法scanning technique
  4. 推奨経験則 (略算式suggested rules of thumb) を使用useし、指定降下率predetermined rates速度airspeeds降下descentsするための出力設定power settingピッpitch姿勢attitude推定estimate
  5. 速度airspeed降下率rate of descent小さsmall修正correctionsを加えるための小さsmall制御入力control inputs使用use
  6. 降下率rate of descent基づいbased uponて、レベルlevelling offオフのための見越し量amount of lead見積もestimateる方法
「(全計器飛行)降下」指導上の要点
  • 推奨経験則 (略算式SUGGESTED RULES OF THUMB)
推奨経験則 (略算式SUGGESTED RULES OF THUMB)
  1. 1°のピッチ変化pitch changesで、速度airspeedは約5kt変化し、降下率rate of descentは約100ft/m変化
  2. 100RPMすなわち1インチinchマニホmanifoldールド圧力pressureの出力変化changeで、速度airspeedは約5kt変化changesし、降下率rate of descentは約100ft/m変化
  3. 降下descentからレベルlevellingオフに移行する際、降下率rate of descentが500ft/mの場合は、目的高度desired altitude到達reachingの50ft前でbeforeレベルlevelling offオフ操作を開始beginするなど、降下率vertical speedの10%の見越leadしを採用
「(全計器飛行)降下」の指導法と学生訓練
定速降下Constant Airspeed Descents
  • 学生student計器参照中instrument reference次のfollowingような事項について教示Demonstrate
定速降下にConstant Airspeed Descents関する教示事項
  1. 該当applicableするコクcockpitピット点検checks完了Complete
  2. 所望desired出力設定power settingまで下げreducing通常巡航normal cruiseから降下descent開始Enter
  3. 所望desired速度airspeed近づくapproachesまで、巡航姿勢cruise attitude維持Maintain
  4. ピッpitch姿勢attitude調整Adjustし、所望desired速度airspeed維持maintain
  5. 必要requiredに応じトリTrimミング
降下からのレベルオフLevelling Off
  • 学生student計器参照instrument reference中、次のfollowingような事項について教示Demonstrate
降下からのレベルオフLevelling Offに関する教示事項
  1. レベルlevelling offオフするための見越し量amount of lead見積Estimateもり
  2. 巡航姿勢cruise attitude確立Establishし、巡航出力cruise power設定set
  3. 姿勢計attitude indicator / 高度計altimeter / 方位計heading indicator頻繁Frequentlyクロスcross checkチェックし、所望desired高度altitude方位heading維持maintainedを確認make sure
  4. 必要requiredに応じトリTrimミング
  5. 加速時accelerates速度airspeedについて注意closely深く監視monitorする必要needを指摘Point out
  • 学生student定速でのconstant airspeed降下descentsレベルlevelling offオフについて訓練practise機会を付与Have
特定速度にSpecified Airspeedおける一定降下率降下Constant Rate Descents
  • 学生student計器参照中instrument reference次のfollowingような事項について教示Demonstrate
特定速度にSpecified Airspeedおける一定降下率降下Constant Rate Descentsに関する教示事項
  1. 該当すapplicableコクcockpitピット点検checks完了Complete
  2. 所定のpredetermined降下率rate速度airspeed降下descendするために必要required姿勢attitude出力power設定settingを推定Estimate
  3. 所望desired出力設定power settingまで下げreducing通常巡航normal cruiseから降下descent開始Enter
  4. 所望desired速度airspeed近づapproachesくまでは巡航姿勢cruise attitude維持Maintain
  5. ピッpitch姿勢attitude調整Adjustし、所望desired速度airspeed維持maintain
  6. 所望desired降下率rate of descent維持maintainするよう出力power調整Adjust
  7. 必要requiredに応じトリTrimミング
  8. 姿勢計attitude indicator / 速度計airspeed indicator / 昇降計vertical speed indicator頻繁Frequentlyクロスcross checkチェックし、機体aircraft所望desired速度airspeed降下率rate of descent降下descendingしていることを確認make sure
  • 学生student定速下降とconstant rate descentsレベルオフの訓練practise機会を付与Have

【全計器飛行】旋回

24【全計器飛行】旋回Turns
「(全計器飛行)旋回」の教育目的

計器をinstrument参照しreferenceつつ次の項目について指導teach,

  1. 穏旋回Gentle / 中程度旋回medium turns
  2. 1旋回率Rate oneでの旋回turns
  3. 選択方位selected headingsへの旋回Turns
  4. 上昇降下旋回Climbing and descending turns
  5. 急旋回Steep turns
「(全計器飛行)旋回」の動機づけ
  • 目的地destinationへの向首に必要necessary航法navigateであり、計器飛行中flying on instruments制御controlledされた旋回率rates of turn針路direction変更changeする方法について熟知must knowする必要
「(全計器飛行)旋回」の重要予備知識
  • 次の事項について説明Explain
「(全計器飛行)旋回」に関する説明
  1. 計器飛行中flying on instrumentsでも外部outside参照referenceし飛行する場合でもwhether同様same入力制御control inputs / 旋回開始entry / 回復recovery手順procedures出力使用use of powerを実施
  2. エルaileronロン抗力drag起因resultingするアドadverseバースヨーyaw制御法How to control
  3. バンク角bank angle姿勢計attitude indicatorバンクbank scale指示計から判読read
  4. 旋回turn中、姿勢計attitude indicator上のピッpitch情報information機首位置nose of the aircraft示すrepresentsドッdotトで表示shown
  5. 指定針路specified headingロールrecoveryアウトする際の正しcorrect見越leadし量の見積もりHow to estimate
  6. 1旋回率rate one turn / 速度airspeed / バンク角angle of bank関係relationship
  7. 機体aircraftバンク姿勢banked attitude入るrolled into際、操縦桿control columnバックプback pressureッシャーをかけapply必要need性を学生が予測anticipate
  8. 所望desired旋回率rate of turnとなるバンク角angle of bank設定established後、エルaileronロンを使用usingしてバンクbank角を修正correctし、旋回針turn needle変動fluctuationsラダrudderーで制御controlled
  • 旋回turningにおける正しcorrectスキscanャン法techniqueについて説明Explain
旋回開始Entering the Turnに関する説明事項
  1. 所望desiredバンク角angle of bank旋回rolling中に、姿勢計attitude indicator参照refer
  2. 旋回針turn needleスキscanャンし、正しcorrect旋回率rate of turn維持achieved確認ensure
  3. 必要necessaryに応じバンbankク角を修正correct
旋回維持Maintaining the Turnに関する説明事項
  1. 旋回針turn needle時折参照occasional referenceし、高度計altimeter / 方位計heading indicator / 姿勢計attitude indicatorクロスチcross checkェック
  2. 姿勢計attitude indicator旋回針turn needleスキscanャンし、所定given旋回率rate of turn維持maintain
  3. 方位計heading indicator頻繁frequentlyスキscanャンし、旋回turnからの回復recoveringを行うタイミンwhen to beginグを確認
旋回終了に関Recovering from the turnする説明事項
  1. ロールアウトdesired recovery方位heading旋回turn進むprogressesにしたがい、方位計heading indicator頻繁にfrequentlyスキscanャン
  2. 正しcorrect見越しleadをもってwings水平level戻しrollingつつ姿勢計attitude indicator参照refer
「(全計器飛行)旋回」指導上の要点
  • 推奨経験則 (略算式SUGGESTED RULES OF THUMB)
推奨経験則 (略算式SUGGESTED RULES OF THUMB)
  1. 旋回turn中に選定方位selected headingロールroll outアウトするには、30°バンクbank使用using時は目的desired方位heading到達の15°前を見越leadしとするなど、バンク角angle of bank半分halfとなる方位heading前にbefore到達reachingした所でロールroll-outアウトを開始
  2. 細かsmall針路変更heading changesを行うには、小さsmallバンク角angles of bank使用Useするため、進路変更heading change度数degrees半分halfバンク角bank angle十分suffice
  3. 1旋回率rate one turn達成produceするための概略のapproximateバンク角angle of bankは、次の公式following formula算出calculated
1旋回率となるバンク角の略算式

(KIAS / 10) + 7 =バンク角bank angle

  • 旋回開始前before entering the turn学生studentに「ALL CLEAR LEFT (OR RIGHT)」を確認askさせHave
  • 旋回rolling intoの開始と終了out of turns円滑でsmoothness調和のco-ordinationとれた運動とすることと、外部参照outside reference飛行flyingする場合よりも遅いslower旋回率rate of roll使用use適当desirableであることを強調Stress
  • 学生student中程度旋回medium turns習熟proficientした後にのみonly急旋回steep turnsについて指導Introduce
  • 急旋回steep turns学生studentsが起こし得るCommonエラerrorsーは次のfollowsとおり
計器参照による急旋回で発生しやすいエラー
  1. 旋回開始Rolling in (ロールイン) が速すぎtoo quicklyて、スパイspiralラル降下dive発生producing
  2. 旋回開始時on entry出力増加Adding power遅すぎtoo lateて、速度低下loss of airspeed発生causing
  3. 旋回turn開始entering / 維持maintaining / 回復recovering時に正しcorrectピッpitch高度制御altitude control維持maintainできずFailure高度altitude速度airspeedエラerrorsーが発生causing
  4. 回復recovery時 (ロールアウト) に必要requiredな出力再設定resetしないFailureため、wings水平levelledになった後に機体aircraft上昇climbしたり速度が増加increase
「(全計器飛行)旋回」の指導法と学生訓練
Gentle / 中程度MediumLevel旋回Turns
  • 旋回turn開始entering / 維持maintainin / 回復recovering時のスキャン法scan techniquesについて確認Review
  • 学生student計器参照中instrument referenceに、次のfollowingような事項について教示Demonstrate
計器参照による水平旋回に関する教示事項
  1. 穏旋回gentle / 中程度旋回medium turn開始Initiate
  2. バンクbankにより旋回turn維持Maintainし、ラダrudderーによりアドバadverseースヨーyaw制御control
  3. 計器表示instrument indicationsについて指摘Point out
  4. 旋回turn開始entering / 維持maintaining / 回復recovering必要requiredピッpitch姿勢attitudeについて指導Show
  5. バンク角angle of bank旋回率rate of turnとの関係にrelationshipついて指導Show
  6. 正しcorrect見越lead方位headingを用いて直線飛行straight flight戻りRecoverロールroll-outアウトを開始begin
  7. 学生student緩旋回gentle / 中程度旋回medium turns訓練practise機会を付与Have
1旋回率旋回Rate One Turns
  • 旋回turn開始entering / 維持maintaining / 回復recoveringのためのスキャン法scan techniquesについて確認Review
  • 学生student計器参照中instrument referenceに、次のfollowingような事項について教示Demonstrate
計器参照による標準旋回率旋回に関する教示事項
  1. 経験則rule of thumb (略算式) を適用Applyし、1旋回率rate one turnでの概略のapproximateバンク角angle of bank算出calculate
  2. 標準旋回率standard rate旋回turn開始Initiate
  3. 算出calculatedされたバンク角angle of bank到達reaching後、正しcorrect旋回率rate確認confirmationのために旋回傾斜計turn co-ordinator参照refer
  4. バンクbankにより旋回turn維持Maintainし、ラダrudderーによりアドバadverseースヨーyaw制御control
  5. 正しcorrect見越leadし量を用いusing直線飛行straight flight復帰Recover
  • 学生student1旋回率rate one turns旋回の訓練practise機会を付与Have
選定方位へSelected Headings旋回Turns
  • 旋回turn開始entering / 維持maintaining / 回復recoveringのためのスキャン法scan techniquesについて確認Review
  • 学生student計器参照中instrument referenceに、次のような事項について教示Demonstrate
計器参照による選定方位への旋回に関する教示事項
  1. 旋回turn開始Initiate
  2. バンクbankにより旋回turn維持しMaintainラダrudderーによりアドバadverseースヨーyaw制御control
  3. 所望desired方位heading接近approachedしたら、方位計heading indicator頻繁frequentlyスキscanャン
  4. 正しcorrect見越leadし量を用いて直線飛行straight flight復帰Recover
  • 学生student指定方位specified headingsへの旋回turningについて訓練practise機会を付与Have
上昇降下旋回Climbing/Descending Turns
  • 旋回turn開始entering / 維持maintaining / 回復recoveringのためのスキャン法scan techniquesについて確認Review
  • 学生student計器参照instrument reference中のgentle / 中程度バンクmedium bankedでの上昇旋回climbing turnsについて教示Demonstrate
計器参照による穏旋回 / 中程度での上昇旋回に関する教示事項
  1. 旋回turn開始Initiate
  2. 旋回turn開始entering / 維持maintaining / 回復recoveringのために必要requiredピッチ姿勢pitch attitudeについて指導Show
  3. バンbankクにより旋回turn維持Maintainし、ラダudderーによりアドバadverseースヨーyaw制御control
  4. 上昇climb / 降下descent維持しmaintainingながら、旋回turnから復帰Recover
  • 学生student上昇降下旋回climbing/descending turnsについて訓練practise機会を付与Have
急旋回Steep Turns
  • 旋回turn開始entering / 維持maintaining / 回復recoveringのためのスキャン法scan techniquesについて確認Review
  • 学生student計器参照instrument reference:中に、次のfollowingような事項について教示Demonstrate
計器参照による急旋回に関する教示事項
  1. 45°バンクbank使用using急旋回steep turn開始Initiate
  2. 旋回旋回開始entering / 維持maintaining / 回復roll-out中の姿勢計attitude indicator上のピッチpitch / バンク表示bank indication変化にvariationsついて指摘Point out
  3. バンクbankにより旋回turn維持Maintainし、ラダrudderーによりアドバadverseースヨーyaw制御control
  4. 旋回開始entry / 回復roll-out中に必要required姿勢attitude出力power変化changesについて指導Show
  • 計器を参照instrument referenceし、45°バンクbanked旋回turns開始entering / 維持maintaining / 回復recoveringについて訓練practise機会を学生student付与have

限定計器使用

【限定計器飛行】基本操縦

24【限定計器飛行】基本操縦Basic Aircraft Control
(限定計器飛行)基本操縦」の教育目的

計器panel一部partialを参照しつつ、次の事項について指導teach

  1. 水平直線飛行Straight and level flight
  2. 上昇Climbing
  3. 降下Descending
  4. 標準Standard旋回rate旋回turns
  5. 上昇Climbing降下descending旋回turns
  6. 計時Timed旋回turns
「(限定計器飛行)基本操縦」の動機づけ
  1. ジャイロ計器gyroscopic instrument壊れtoppledたり、使用不能unserviceableなっbecomesた場合でも、部分的計器partial panelのみを使用usingして飛行flight継続continueできableること
  2. ジャイロ計器gyroscopic instruments出力源が1つone of the power sources故障が発生した場合でも、部分的計器partial panel使用usingして飛行flight継続continueできること
「(限定計器飛行)基本操縦」の重要予備知識
  • 動作operation基本原則basic principlesと、旋回傾斜計turn co-ordinator正しcorrect使用use法について確認Review
  • 過剰制御over controlling防ぐresist必要need性について強調Emphasize
  • 昇降計にvertical speed indicator関すassociatedラグlagがあることについて確認Review
  • 姿勢attitude出力power変更changedした際に、増減速にaccel/decelerate時間timeがかかることについて説明Explain
  • スキャン法scan techniqueと、次のfollowing操作における入力entry / 回復recovery要領にproceduresついて説明Explain
説明すべき入力entry / 回復recovery要領procedures
  1. 水平直線飛行Straight and level flight
  2. 上昇Climbing
  3. 降下Descending
  4. 標準旋回率Standard rate turns旋回
  • 一般的common標準旋回率standard rate旋回turn毎秒turn3°の旋回turnで、小さsmall方位修正heading correctionsにはより遅いslower旋回率rate使用usedすることと、旋回turnバンクbankingにより生じproduced不要adverseヨーyawイングはラダrudderーにより制御controlledすることを説明Explain
  • 乱気流rough air中で精確accurate方位heading旋回率rate of turnを維持して飛行flyするには、ラダrudderーを使用して旋回針turn needle位置position中立化averageすることについて説明Explain
  • 計時旋回timed turns実施carrying outする際の要領procedureについて次のように説明Explain
計時旋回の実施要領に関する説明事項
  1. 計時timing開始Begin
  2. 旋回turn開始Roll into
  3. 適時appropriate計時timing終了Stop
  4. 旋回turn開始entering時と同等same制御力control pressureswings水平level回復Roll
  • 計器飛行要領マニュInstrument Procedures Manualアル (TP 2076E) の第2部Part Two概説outlinedされるマグコンパmagnetic compass原理principlesについて確認Review
「(限定計器飛行)基本操縦」指導上の要点
  • エラerrorーが発生occur始めbeginsたら、その変化量と速さthe amount and rate of change修正corrective必要required制御入力control input量と速度amount and rate決定determine役立will help
  • 学生student旋回率計the turn co-ordinator旋回傾斜計turn and bank indicator操作operation制限limitationsについて完全thoroughly理解understandsしていることを確認Ensure
  • 特にespecially旋回turns開始entering復帰recovering時に、正しcorrect制御の調整control co-ordination確実Ensureに実施
  • 計時旋回timed turns訓練practising中、当初initiallyは30°の倍数multiplesとなるような単純simple方位変換heading changes指示assign
  • 学生student計器表示とnstrument indications機体aircraft生じhappeningている状態との関連relating付けに苦労すhaving troubleる場合には、まずは外部参照outside reference使用usingして教示しdemonstrate、次に学生student計器instruments参照referring反復repeat
  • 計時旋回timed turnsにおいて起こCommonり得るエラerrorsーは次のとおり
計時旋回時のよくあるエラー
  1. 旋回turn必要needed時間time算出calculating遅すtoo slowぎ、学生student考えてthinkingいる間に方位変化heading wanders
  2. 1旋回率rate one turn正確preciseな旋回率を保持holdingしなNot
  3. 開始方位starting headingや所要時間time失念Forgetting
  4. ロールroll-outアウト後にwings水平level維持keepingしなNot
  5. 旋回turn精度accuracy評価assessing以前にコンパスが不安定のままNot allowing the compass to settle down
  • 部分的計器partial panelのみonly訓練trainsする場合も、自家用private操縦士pilot免許の飛行検定flight testのためには全計器full pane精度範囲tolerances内における機体制御とmanoeuvre the aeroplane操縦がable to controlできること
許容精度範囲
  1. 指示assigned方位heading±15°以内
  2. 指示assigned高度altitude±200ft以内
  3. 指示assigned速度airspeed±15kt以内
  4. バンク角angle of bank30°を超過しなnot to exceed
「(限定計器飛行)基本操縦」の指導法と学生訓練
水平直線飛行Straight and Level Flight
  • 学生student計器参照時instrument referenceに、次のfollowingような事項について教示Demonstrate
計器参照時の教示事項
  1. 水平直線飛行straight and level flight確立Establish
  2. ボーballルを中心centredにしつつエルaileronsロンでwings水平level維持Keep
  3. 旋回針turn needle中心centredにしつつラダrudderーで直進straight維持Keep
  4. マグコンパスmagnetic compass参照Referし、必要required方位heading維持をmaintaining確認confirm
  • 針路headingズレdeviations修正法how to correctについて教示Demonstrate
  • 水平飛行level flight維持maintainするために必要な制御入力control inputs法とスキャン法scan techniqueについて教示Demonstrate
  • 高度誤差altitude deviations修正法how to correctについて教示Demonstrate
  • 各種速度various airspeeds水平直線飛行straight and level flightについて教示しDemonstrate訓練practise機会を付与have
上昇Climbing
  • 学生student計器参照中instrument reference次のfollowsように定速上昇法constant airspeed climbについて教示Demonstrate
定速上昇法に関する教示事項
  1. 減速の開始airspeed begins to decreaseまで、ゆっくりGently機首上げraise the nose
  2. 出力を増加climb powerし、ラダrudderーで直進straight維持keep
  3. 必要requiredに応じトリTrimミング
  4. 速度計airspeed indicator頻繁Frequentlyスキscanャンし、ピッpitch姿勢attitude正しcorrectいことを確認confirm
  5. 小さsmall速度修正にairspeed corrections細かsmallピッpitchチでの修正をadjustments使用Use
  6. 旋回傾斜計turn co-ordinator頻繁にFrequentlyスキャンし、直進飛行straight flightwings水平level確認check
  7. マグコンパスmagnetic compass参照Referし、正しcorrect方位heading維持maintained確認confirm
  8. 上昇性能climb performance確認verifyのため、高度計altimeter昇降計をvertical speed indicator適宜occasionally参照Refer
  • 上昇climbからレベルlevel offオフに移行する飛行法techniqueについて教示Demonstrate
上昇からのレベルオフ法に関する教示事項
  1. 所望desired高度altitude近づapproachingいてきたら、高度計altimeter頻繁frequentlyスキscanャン
  2. 高度計altimeter所望desired高度altitude停止stopできるだけのピッpitchチまで正しcorrect見越leadしをもって徐々にprogressively調整adjust
  3. 巡航速度cruise speedまで増速すacceleratingる間、ピッpitchチ情報informationについて高度計altimeter昇降計をvertical speed indicator注意Closely深く監視monitor
  4. 速度計airspeed indicator監視Monitorし、機体aircraft巡航速度cruise speedまで増速しacceleratedたときに巡航出力cruise power設定set
  5. 必要requiredに応じトリTrimミング
  6. マグコンパスmagnetic compass参照Referし、正しcorrect方位heading維持maintained確認confirm
  • 学生student一定速度での上昇とclimbing at a constant airspeedレベルlevelling offオフの飛行法を訓練practise機会を付与Have
  • 一定上昇率constant rate climbにて定速上昇given airspeedし、速度を維持すmaintaining方法にtechniqueついて教示Demonstrate
定速上昇法とその速度維持法に関する教示事項
  1. 巡航飛行cruising flight中に、所定のpredetermined上昇率rate速度airspeed上昇climbするために必要required出力設定power setting見積estimateもり
  2. 姿勢attitude出力power調整Adjustし、所望desired上昇速度climbing airspeedまで減速decelerate
  3. 必要requiredに応じトリTrimミング
  4. 速度計をairspeed indicator頻繁Frequentlyスキscanャンし、必要necessaryに応じ姿勢attitude調整adjust指定specified上昇速度climb speed維持maintain
  5. 昇降計をvertical speed indicator頻繁Frequentlyスキscanャンし、必要necessaryに応じ出力power調整adjust指定specified上昇率rate of climb維持maintain
  6. 水平飛行level flight復帰Return
  • 学生student上昇climbingレベルlevelling ofオフの訓練practise機会を付与Have
降下Descending
  • 学生student計器参照時instrument reference次のfollowsような定速降下にconstant airspeed descentついて教示level flight
定速降下に関する教示事項
  1. 降下出力descending power設定settingし、ラダruddeーで直進straight維持keep
  2. 速度airspeed低下decreaseしたら、必要desiredに応じ降下descentのため機首下げlower the nose
  3. 必要requiredに応じトリTrimミング
  4. 速度計airspeed indicator頻繁Frequentlyスキscanャンし、ピッpitch姿勢attitude正しcorrectいかどうかを判断determine
  5. 細かsmall速度修正airspeed correctionsには小さsmallピッpitch修正adjustments使用Use
  6. 旋回傾斜計turn co-ordinator頻繁Frequentlyスキscanャンし、機体aircraft直進straight確認verify
  7. マグコンmagnetic compassパスを参照Referし、正確correct方位heading維持maintained確認confirm
  8. 降下性能descent performance確認confirmのため、高度計altimeter昇降計をvertical speed indicator適宜occasionally参照Refer
  • 次のfollowsような降下descentからのレベルlevel offオフ法について教示Demonstrate
降下からのレベルオフに関する教示事項
  1. 所望desired高度altitude接近しapproachingたら、高度計altimeter頻繁frequentlyスキscanャン
  2. 正しcorrect見越leadしをもって巡航出力cruise power設定applyし、高度計altimeter所望desired高度altitude停止stopするのに十分enoughピッpitchチに調整adjust
  3. 高度計altimeter昇降計をvertical speed indicator注意Closely深く監視monitorし、所望desired高度altitude維持maintaining確認verify
  4. 必要requiredに応じトリTrimミング
  5. マグコンmagnetic compassパスを参照Referし、正確correct方位heading維持maintaining確認confirm
  • 学生student定速でconstant airspeed降下descendingし、レベルlevelling offオフする飛行法の訓練practise機会を付与Have
  • 学生student計器参照instrument referenc時、次のfollowsような一定降下率constant rateでの降下descentについて教示Demonstrate
一定降下率での降下に関する教示事項
  1. 指定速度given rate降下descendingするための出力設定power setting推定Estimate
  2. 降下出力descending power設定settingし、ラダrudderーで直進straight維持keep
  3. 速度airspeed低下decreasesしたら、必要desiredに応じ降下descentのために機首下lower the nose
  4. 必要requiredに応じトリTrimミング
  5. 速度計airspeed indicator頻繁Frequentlyスキscanャンし、ピッpitch姿勢attitude正しcorrectいかどうかを判断determine
  6. 細かsmall速度修正airspeed correctionsには小さsmallピッpitchチ調整adjustments使用Use
  7. 昇降計をvertical speed indicator頻繁Frequentlyスキscanャンして、出力設定power setting正しcorrectいかどうかを確認determine
  8. 降下率rate of descent小さsmall修正correctionsには、小さsmall出力調整power adjustments使用Use
  9. 旋回傾斜計turn co-ordinator頻繁Frequentlyスキscanャンし、機体aircraft直進straight確認verify
  10. マグコンmagnetic compassパスを参照Referし、正確correct方位heading維持maintained確認confirm
  11. 所望desired高度altitudeレベルLevel offオフ
  • 学生student一定降下率constant rate降下descendingからのレベルlevelling offオフの訓練practise機会を付与Have
標準旋回率旋回Standard Rate Turns
  • 旋回針turn needle直接direct的に針路変化indicationを、間接indirect的にバンbankクを示すindicationことについて教示Demonstrate
  • 学生student計器参照時instrument referenceに、次のfollowsように1旋回率rate one turnの旋回について教示Demonstrate
標準旋回率旋回に関する教示事項
  1. 機体aircraft水平飛行level flightができるよう正しcorrectlyトリtrimmedムされていることを確認Ensure
  2. 調和のco-ordinatedとれたエルaileronロンとラダrudderーを使用Usingし、旋回針turn needle1旋回率rate one turn示すindicatesよう所望desired方位directionに向け変針roll
  3. エルaileronsロンで必要requiredバンク角angle of bank維持Maintain
  4. ラダrudderーによるアドバadverseースヨーyaw防ぐpreventingことで、旋回針turn needle1旋回率rate oneの表示indicator維持Keep
  5. エルaileronsロンを使用Useし、ボーballルを中央centre維持maintain
  6. 調和のco-ordinatedとれたエルaileronロンとラダrudderーを使用Useロールrecoverアウト
  7. マグコンmagnetic compassパスを参照Referし、機体aircraft所望desired方位heading維持maintaining確認confirm
  • 学生student1旋回率rate one turnsでの旋回のほかに、1/2旋回率rate one-half turnなど他のother旋回率rates of turnでの訓練practise機会を付与Have
上昇降下旋回Climbing and Descending Turns
  • 学生student計器参照時instrument referenceに、次のfollowsような上昇下降climb/descendingを伴う旋回turnsについて教示Demonstrate
上昇下降を伴う旋回に関する教示事項
  1. 部分的計器partial panel使用using上昇climb確立Establish
  2. 機体aircraft正しcorrectlyトリミtrimmedングを確認Ensure
  3. 上昇climbing中の1旋回率rate one turn旋回について教示Demonstrate
  4. 直線飛行straight flight復帰Return
  5. 学生student上昇旋回climbing turns訓練practise機会を付与Have
  6. 部分的計器partial panel使用using降下descent確立Establish
  7. 機体aircraft正しcorrectlyトリtrimmedミングを確認Ensure
  8. 降下descendin中の1旋回率rate one turn旋回について教示Demonstrate
  9. 直線飛行straight flight復帰Return
  10. 学生student降下旋回descending turns訓練practise機会を付与Have
計時旋回Timed turns
  • 学生student計器参照中instrument reference次のfollowsような時間timed計測旋回turnsについて教示Demonstrate
教示事項
  1. 学生studentに180°旋回turnに必要な秒数をnumber of seconds算出calculateさせHave
  2. 制御力control pressureを用いて旋回turnロールroll intoインする際に時間timing計測を開始Start
  3. 正しcorrectスキャン法scanning technique使用usingについて強調Emphasize
  4. 計算calculatedした時間time経過elapsedしたら、制御力control pressure用いapplying旋回turn終了Stop
  5. 機体aircraft正しcorrect方位headingへの向首を判断determine iするには、マグコンmagnetic compassパスを参照Refer
  6. 必要necessaryに応じ方位heading修正すcorrectionsるが、小さsmall修正correctionsでは1/2旋回率rate one-half turns使用Use
  • 180°旋回turning後は、同じく学生studentに90° / 30°旋回turningsameプロセスprocess反復repeatさせhave
  • 学生student両方向both directions時間timed計測旋回turns訓練practiseさせHave訓練旋回Practice turnsは180° / 90° / 30°の各方位変更heading changesで実施し、続いてより難more difficultしい計算calculations使用usingした旋回turns訓練を実施assign
  • 直線飛行straight flight復帰returning後、コンパスcompass読むreading前に学生に一定速度constant airspeedでの直線飛行straight flight維持maintainさせ、その後に直線飛行flying straightにコンパスを読んでtaking a second reading of the compass方位heading確認confirmさせhave

【限定計器飛行】マグコンパスの使用

24【限定計器飛行】マグコンパスの使用Using the Magnetic Compass
「(限定計器飛行)マグコンパスの使用」の教育目的
  1. マグコンパスmagnetic compass関連すassociated誤差errors
  2. こうした誤差errors考慮in spiteしてマグコンパスmagnetic compassから精確accurate情報information取得obtainする方法
「(限定計器飛行)マグコンパスの使用」の動機づけ
  1. マグコンパスmagnetic compass読みinterpret取り方位計heading indicator設定setできable
  2. 方位計heading indicator信頼性unreliableが低下したbecomes場合でもマグコンパスmagnetic compassを使用して精確accurate方位heading飛行flyできable
「(限定計器飛行)マグコンパスの使用」の重要予備知識
  1. 南北方向への旋回誤差Northerly and Southerly Turning Errorについて説明Explain
  2. 誤差量はmagnitude of errorバンク角angle of bankによるため、急な旋回steep turns回避avoidedすべきであることについて説明Explain
  3. 誤差量はmagnitude of error南北の方位north/south headings最大greatestであり、東西の方位east/west headings向かtowardうと徐々にprogressively小さsmallerくなることを説明Explain
  4. コンパスcompass誤差error緯度latitudeにも影響すdepends onることについて説明Explain
  5. 増減速accel/decelerationよるcausedコンパスcompass誤差errorについて説明Explain
  6. 誤差量はmagnitude of the error増減速率にrate of accel/decelerationよるdepends onことを説明Explain
  7. 東西の方位easterly/westerly headingsコンパスcompass精確accurately読みread取るには、速度airspeed一定constantでなければならないことを説明Explain
  8. 乱気流turbulence中でも信頼reliableできる方位情報heading information取得obtainするには、いくつかseveralコンパスcompass読み取りreadings値の平均average必要necessaryであることを説明Explain
「(限定計器飛行)マグコンパスの使用」指導上の要点
  1. この課目exerciseにおける最初Initialの教示demonstrationsは、安定calmした気流airでの実施が最適best
  2. 旋回誤差turning error教示すdemonstratingる際は、方位計heading indicator設定set旋回中during the turnsマグコンパスmagnetic compass比較compare
「(限定計器飛行)マグコンパスの使用」の指導法と学生訓練
北転旋回誤差Northerly Turning Error
  1. 北向きnorth headingwings水平levelに維持して飛行Flyし、コンパスcompass鎮静化settle down
  2. 西west向きに旋回Turnすると、コンパスcompassすぐにimmediately反対方向opposite directionすなわち東向きtoward the eas転回turnするが、その後北向きnorth heading復帰Return
  3. 東向きにtoward the east旋回すEnter a turnると、コンパスcompass西west向きの旋回表示indicates a turnをし、その後北向きnorth headingの方位に復帰Return
  4. 西west向きに非常very浅いshallowバンクbanked角で旋回turnすると、コンパスcompass瞬間的momentarily直進針路straight course維持maintained表示indicatesとなるため、east向きの緩旋回shallow turn教示をdemonstration反復Repeat
  5. 急旋回steep turnするEnterコンパスcompass完全completely反対方向opposite direction回転swingする場合あり
南転旋回誤差Southerly Turn Error
  1. 南向きsouth headingwings水平level維持keepして飛行Flyし、コンパスcompass鎮静化settle dow
  2. 西west向きに旋回Turnすると、コンパスcompass同方向same directionへの高速回転much faster turn示すindicatesが、その後south向きの方位heading復帰Return
  3. east向きに旋回Turnすると、コンパスcompass同方向same directionへの高速回転much faster turn示すindicates
  4. 東西方向east/west headingへの旋回誤差turning error教示をdemonstrations繰り返しRepeat南北方向への旋回誤差Northerly and Southerly turning errors東西方向east/west headingsでは存在presentしないことを指導pointing out
増減速誤差Acceleration and Deceleration Error
増減速誤差のAcceleration and Deceleration Error確認飛行要領
  1. east向きの方位heading飛行Fly
  2. 水平飛行level flight出力power減じReduce速度を下げreduce airspeed南方向toward southへの旋回turn示すindicating減速誤差deceleration error表示show
  3. 水平飛行level flight出力power増加Addして速度を上increase airspeedげ、北方向toward northへの旋回turn示すindicating加速誤差acceleration error表示show
  4. 減速誤差deceleration errorについて指導しpointing out一定constant出力power機首上Raise the nose
  5. 加速誤差acceleration errorについて指導しpointing out一定constant出力power機首下Lower the nose
  6. 西west向きの方位heading前述preceding教示事項demonstrationについて反復Repeat
  7. 南北向きnorth or south方位heading前述preceding教示事項demonstrations反復Repeatし、増減速誤差accel/deceleration errors南北方位north/south headingsには存在presentしないことを指導point out
  8. 一定constant針路heading速度airspeedを維持しつつ一定constant上昇率rate上昇climb機体aircraft安定Stabilise
  9. コンcompassパス精度accuracyは、定速でconstant airspeed上昇climbingしても影響affectedを受けないことについて指摘Point out
  10. 安定stableした降下descentにおいて教示事項demonstration反復Repeat
  • 学生studentマグコンmagnetic compassパスを読むreading訓練practise機会を付与Have
マグコンパスmagnetic compass読み取りreading訓練practise
  1. 増速せずunaccelerated直進straight飛行flight確立Establish
  2. コンパス方位compass heading読みRead取り
  3. 一定速constant airspeed度で直線飛行flying straight継続Continue
  4. コンcompassパス方位heading再度again読んRead2つtwo読みreadings比較compareし、情報のinformation信頼reliable性について確認confirm
  • 記載notedコンパス誤差compass errors推定補正表estimated compensations適用applyingし、方位計をheading indicator使用せずwithoutマグmagneticコンパスcompass方位headings旋回turnsする訓練機会を学生student付与Have

【限定計器飛行】異常姿勢

24【限定計器飛行】異常姿勢Unusual Attitudes
(限定計器飛行)異常姿勢」の教育目的

計器を参照instrument referenceしつつ、次のような事項について指導teach

  1. 異常姿勢unusual attitudesについて認識Recognize
  2. 回復recoveryのため迅速promptlyかつ正確correctly操作Act
「(限定計器飛行)異常姿勢」の動機づけ
  • 異常姿勢Unusual attitudes危険な状況dangerous situationsつなlead toがる可能性があるため、迅速promptかつ正確correct回復操作recovery action必要necessary
「(限定計器飛行)異常姿勢」の重要予備知識
  • 異常unusual飛行姿勢flight attitudesについて定義Defineし、計器表示がinstrument indications何らかの形で異常abnormalな場合に、異常姿勢unusual attitudeなるexists可能性を想定assumeする必要性について説明Explain
  • 誤っmisuse操縦controls / 不適切incorrectスキャン法scan technique / 乱気流turbulence / 不適切incorrectトリムtrim / 不注意inattentionにより、機体aircraft通常範囲normal range超えoutside飛行姿勢f flight attitudesとなる可能性may causeがあることについて説明Explain
  • 使用でunserviceableきない計器instrument表示にindications依存すrelying onると、異常姿勢unusual attitude発展lead toする可能can性があることについて説明Explain
  • ジャイロ計器gyroscopic instruments制限limitationsについて説明Explainし、異常姿勢unusual attitudesでこれらの制限limitations超えexceeded可能may be性があることについて指摘point out
  • ジャイロ計器gyroscopic instruments故障failure信頼性unreliabilityの欠如により、異常姿勢unusual attitudeから回復recoveringする際に部分的計器partial panelのみしか使用useできない場合があることについて説明Explain
  • パイpilotロットが物理physical的な感覚sensationsではなくrather than計器表示instrument indications信頼trustする必要need性について強調Emphasize
  • 速度計airspeed indicator高度計altimeter傾向trend観察observingし、機首位置nose is high or low判断determine重要性importanceについて説明Explain
  • 機体aircraft旋回turningの有無の判断determineのために、旋回針turn needle確認checkする必要need性について説明Explain
  • ピッpitch姿勢attitudeほぼapproximately水平levelになると、速度針airspeed needle動きmovement止まstopったあと逆転reverse始めbeginることについて指導Point outし、高度針altimeter needle動きmovement止まstopり、昇降計がvertical speed indicatorほぼ同時にapproximately the same timeその傾向trend逆転reverseさせるが、この2つの計器表示latter two indications速度計airspeed indicatorよりも信頼性がless reliable低いことについて強調
  • 旋回からの回復recovery中、旋回針turn needle中央centredにあればwingsほぼ水平でapproximately levelあることについて説明Explain
  • 姿勢計attitude indicator姿勢attitude参照reference使用usingする前の信頼reliable確認ensure必要need性について説明Explain
  • 学生student次のfollowing各状態からの回復要領ecovery proceduresについて知っknowsていることを確認Ensure
低機首Nose Low
  1. 過剰excessive速度airspeed高度altitude損失loss防止preventするために出力power減ずreduce
  2. 調和のco-ordinatedとれたエルaileronロンとラダrudderー圧pressures加えapplying、旋回needleボーballルを中央centreにすることで、wings水平levelにする
  3. エレベータ圧elevator pressure加えapplyピッpitch姿勢attitude水平飛行level flight修正correct
高機首Nose High
  1. 出力power増加apply
  2. 失速防止prevent a stallのため、エレベータ圧elevator pressure前方forwardに加えて機首下げlower the nose
  3. 調和のco-ordinatedとれたエルaileronロンとラダrudderー圧pressure加えapplying旋回針turn needleボーballルを中央centreに配置することでバンクbank修正correct


  • 機体aircraft再びagain制御可能under controlとなった後、安全高度safe altitudeまでの上昇降下descend/climb必要necessaryについて指摘Point out
  • スピンspinでは、旋回針turn needleによるスピン方向spin direction表示indication信頼reliableできgivesるが、ボーballルによる方向情報direction information信頼reliableできgivesないnoことについて説明Explain
  • 次のような各状態を認識しrecognize回復recoverする方法について説明Explain
認識し回復が必要な各状態
  1. 高い機首姿勢Nose-high attitudes
  2. バンクをwhile banked伴う高い機首姿勢Nose-high attitudes
  3. 低い機首姿勢Nose-low attitudes
  4. バンクを伴うwhile banked低い機首姿勢Nose-low attitudes
  • 上記above要領procedures適用Applyして次のような各状態を認識recognizeし、回復recover
認識し回復が必要な各状態
  1. 失速Stalls
  2. スピンSpins
  3. スパイSpiralラル降下dives
「(限定計器飛行)異常姿勢」指導上の要点
  1. スピンspinsの教示demonstratedまたは訓練practisedを実施する際、教官instructor機体aircraftがスピンに適合すappropriately認証certificatedの保有と、公示さpublishedれたすべての制限limitations / 限界事項restrictions遵守をadhered確認ensure
  2. 上記の理由Becauseは、ジャイロ計器gyroscopic instruments極端extreme条件conditions下で作動不良inoperative誤作動misleadingを生ずる可能性があるためであり、ジャイロ計器の情報の確認のため、各計器instrumentsクロスチcross checkェックの必要need性を強調emphasize
  3. 学生student視界制限装置view-limiting device使用useさせる前に、まずは各異常姿勢unusual attitudeから目視visually回復recoverする方法について教示Demonstrate
  4. まずはピッpitchチとバンbankクの小さsmallエラerrorsーの回復recoverから開始Beginし、この基本的技法basic techniques習得mastered後に実際extent異常姿勢unusual attitudesへと移行increase
  5. 視界制限装置view-limiting devices使用usingすると、学生Students飛行機get airsick酔いを生じやすmore easilyくなるため、そのairsickness兆候signs注意Watch
  6. 速度の過度なhigh airspeeds上昇を避けavoidるにはスパspiralイラル降下divesから素早early回復Recoverが必要であるため、低速でlow speed開始entryすれば、学生studentが状況認識recognitionして回復recoveryするのに時間をmore time掛けることができ、かつ教官の補助intervention必要needed判断determineするまでの時間がmore time得らallowれる
  7. 失速stalls / スピspinsン / スパspiralイラル降下divesからの回復recoveringには、計器飛行状態instrument conditionsでも有視界飛行visual flight同じsame制御入力control inputsが必要であることを指導しPoint outnewしい姿勢one移行introduceする前には学生student同種same type異常姿勢unusual attitudeからの回復recoveringについて数回several times訓練practise機会を付与Have
  8. 学生student訓練practising中、機体aircraft過度なoverstressing負荷がかかる可能性possibility注意watch
  9. 学生student全計器full panelを使用して異常姿勢unusual attitudeからの回復recoveries訓練practisingする前に、姿勢計attitude indicator方位計heading indicator使用可serviceability能性について事前確認confirm
「(限定計器飛行)異常姿勢」の指導法と学生訓練
  1. 重要予備知識Essential Background Knowledge」の項にて概説outlinedされる手順procedures使用usingして回復recoverする方法について教示Demonstrate
  2. 計器のinstrumentみを参照しreference異常姿勢unusual attitudesから回復recoverについて、全計器full panel使用usingして実施させた後に部分計器partial panelを使用して反復Repeat

【限定計器飛行】無線航法

24【限定計器飛行】無線航法Radio Aids to Navigation
「(限定計器飛行)無線航法」の教育目的

外部outside参照referenceしつつ、次のような事項について指導teach

  1. 自機位置をposition of the aircraft決定すdetermineるためのVOR / ADF / GPS機器のequipment使用法How to use
  2. VOR / ADF / GPSを使用usingした基本的Basic方向決めorientationトラッtrackingキング
「(限定計器飛行)無線航法」の動機づけ
  1. 機位把握のためにdetermine the position of the aircraft無線援助radio aids機器を使用useすることができabilityれば、目視航法visual navigation援助aidとなり、顕著な物標に乏しいfeatureless地形terrain夜間nightでの飛行flyingにも活用useful可能
  2. 無線援助Radio aids機器は、場外飛行cross-countryにおける航法navigation精度accuracy向上improveパイpilot’sロットの負荷workload軽減reduceに貢献
【限定計器飛行】VOR
「(限定計器飛行)VOR」の重要予備知識
  • 次のようなVOR無線局stations関するrespect to事項について説明Describe
VOR局に関する説明事項
  1. 無線局Station信号特性signal characteristics
  2. 周波数frequencies範囲Range
  • 機上airborneVOR機器にequipmentついて説明Describe
機上VOR機器に関する説明事項
  1. 受信機Receiver
  2. 表示計器Indicator
  3. アンテナAntennae
  • VORの利点についてadvantages概説Outline
VORの利点に関する概説事項
  1. 干渉interference回避Freedom
  2. 精度Accuracy
  3. windに対する偏流修正drift correction容易性Ease
  • 制限事項limitations起こりpossible得る誤差errorsについて説明Explain
制限事項と発生し得る誤差に関する説明事項
  1. 受信範囲Reception range
  2. 見通し線Line of sightの限界restrictions
  • 航空図chartsとカナダ飛行情報補足誌Canada Flight Supplement参照法how to referについて指導Show
  • 無線局stationの識別identification目的purposesについて説明Explain
  • 周波数frequencies選局tune / 無線局stations識別identify / 機器equipment正しcorrect作動operation確認confirm法について説明Explain
  • VORは位置position対応sensitiveする機能であり、方位heading対応sensitiveする機能でないことについて説明Explain
  • 機体aircraft方位radial判断determine法と、位置position交点fixプロplotット法について説明Explain
  • 次の事項について説明Explain
VOR飛行に関する説明事項
  1. 無線局stationへのラジradialアル・トラッTrackingキング
  2. windに対する偏流drift修正Correcting
  3. 無線局station通過passage時の表示Indications
  4. 無線局stationからのラジradialアル・トラッTrackingキング
  • 所定のpredeterminedラジradialアルへの会合interceptと、無線station局への飛行fly法にmethodついて次のfollowingとおり説明Describe
無線局に向けた飛行法に関する説明事項
  • VORを選局Tuneして識別identify
  • 所望desiredラジradialアルに会合intercepting後、使用usedするインバinboundウンドトラtrackックを決定Determineし、全方位omni bearing選定器selector (OBS) で対応すcorresponding方位number設定set
  • TO-FROM表示indication確認Check
TO-FROM表示の確認法
  1. FROMの場合、現在地present locationから所望desiredラジradialアルへの容易readily会合intercept不可cannot
  2. TOの場合、会合interceptionに向けた飛行を継続proceed
  3. コース偏位表示course deviation indicator器 (CDI) を確認check
  4. コース偏位がleftであれば、OBSから90°を引いてsubtract会合針路intercept heading決定determine
  5. コース偏位がrightであれば、OBSに90°を足しadd会合針路intercept heading決定determine
  • CDIが小さcloseくなり始めbeginsるまで、会合針路intercept heading飛行Fly
  • この段階pointで、会合交角intercept angle小さreduceくしていく
  • CDIが中央centresとなり無線局stationに向けトラtrackッキングできるように、インバinboundウンド方位heading旋回Turn
  • 所定のpredeterminedラジradialアルへの会合interceptingと、無線局stationからアウトバウンドで飛行flyingする同様similar方法methodについて説明Describe
「(限定計器飛行)VOR」指導上の要点
  1. VOR課目exerciseの開始前に、VOR機器equipment選局tuned点検tested無線局station識別identifiedの完了を確認Ensure
  2. VOR手順procedure実施carrying out前に、方位計heading indicator正しcorrectly設定setされていることを確認make sure
  3. VORを使用usingして自機位置aircraft position決定しdeterminingたら、航空図map参照reference地形物標landmarks用いusing視覚visually的に確認confirm
  4. 会合interceptするVORラジradialアルは、効果的effective教示がdemonstrationできるように十分enough距離lengthyをもって離れfarつつも会合interceptまでの時間が掛かりすぎないclose enoughものを選定select
  5. 重要予備知識Essential Background Knowledge」に記載includedされるVORの会合interception基本法basic methodを活用し、最初first教示のdemonstrating際は、集中力concentration計算calculation時間を考慮しできるだけ簡単な会合法intercept methodを使用すべきであるが、基本basic的な手順procedure習得mastery後は、必要に応specific needs.じて会合交角intercept angles変更modified可能したり、複雑な計算more calculation必要requiring方法method導入introduced
  6. 学生Studentsは、初回first訓練lessons時とその次secondの間interval重要importantな事項information i忘れforgetることがあるoftenため、VORの各訓練lesson前に、手順procedures徹底的Thoroughly確認review
  7. コース偏位表示course deviation indicator器は、必ずしnecessarilyもOBSで選択selectedしたラジradialアルを指すとpoint towardは限らないことに注意Point out
  8. 無線局station付近nearラジradialアルのアウトoutboundバウンドに会合interceptingする際は、浅いshallow会合角intercept angle使用use
「(限定計器飛行)VOR」の指導法と学生訓練
  • 次の要領について教示Demonstrate
VOR飛行に関する説明事項
  1. VOR受信器receiver選局Tuneして点検testし、無線局station識別identify
  2. 機体aircraftどのwhichラジradialアル上を飛行flyingしているかを判定Determine
  3. 2つ以上two or more無線局stationsからのラジradialsアルを使用Useし、交点位置position fixプロplotット
  4. ラジradialアルをトラTrackッキング
  5. 無線局station直行directlyして飛行Fly
  6. 所定のpredeterminedラジradialアルに会合Interceptし、無線局stationに向け飛行fly
  7. コース偏位表示course deviation indicator器と中間表示ambiguity indicator (赤縞) によって無線station局の通過passage識別Identify
  8. ラジradialアルに沿っalongアウトoutboundバウンドに会合Interceptトラtrackッキング
  • 教示demonstrated直後にimmediately after学生studentにこれらのVOR課目exercisesの各訓練practise機会を付与Have
【限定計器飛行】ADF
「(限定計器飛行)ADF」の重要予備知識
  • 次のような無指向性無線標識non-directional beacons (ADF) に関するrespect to事項について説明Describe
ADFに関する説明事項
  1. 無線局Station信号特性signal characteristics
  2. 周波数frequencies範囲Range
  • 機上airborneADF機器にequipmentついて説明Describe
機上ADF機器に関する説明事項
  1. 受信機Receiver
  2. 表示針Indicator needle
  3. アンテナAntennae
  • ADFの利点にadvantagesついて概説Outline
ADFの利点に関する概説事項
  1. 低高度low levelsにおける受信範囲Reception range
  2. 信号源signal origin見通し範囲line-of-sight range外での受信Reception
  • 考えらpossibleれる誤差errors制限limitations事項について説明Explain
誤差と制限事項に関する説明事項
  1. 受信範囲Reception range
  2. バンクBank誤差error
  3. 雷雨thunderstormsまたは磁気干渉magnetic interferenceによる誤差Errors
  • 航空図chartsカナダ航空情報Canada Flight Supplement補足誌の参照法how to referについて指導Show
  • 無線局station識別identification目的purposesについて説明Explain
  • 周波数frequencies変更法how to turnについて説明Explainし、無線局stations識別identifyし、機器equipment正しcorrectく動作することを確認confirm
  • ADFは方位を探知heading-sensitiveする機能であることを説明Explain
  • 針路heading角の増加increaseに伴って相対方位relative bearing減少decreaseし、その逆も同様vice-versaであることについて説明Explain
  • 方位線track会合interceptingしたり、無線局stationabeam通過passingする際に、ADFのneedle機体aircraft後方tail向かtowardって移動movesすることについて説明Explain
  • 次の公式formulaについて確認Review
無線局に向かう磁方位の公式

磁針路magnetic heading相対方位relative bearing無線局statioに向かうための磁方位magnetic bearing

  • 次の事項について説明Explain
プロット法に関する説明事項
  1. 地図map上への位置線line of positionプロットHow to plot
  2. 地図map上への交点位置position fixプロッHow to plotト法
  • 次の事項について説明Explain
無線局周辺の飛行法に関する説明事項
  1. 無線station局への飛行Homing
  2. 無線station局までの直行directlyトラッTrackingキング
  3. 無線station通過passage時の表示Indications
  4. 無線station局から離隔away from方向のトラッTrackingキング
  • 無線局stationに向けインバinboundウンド・トラtrackッキングする会合法にhow to interceptついて説明Describe
無線局に向けたインバウンド飛行に関する説明事項
  1. ADFの選局Tune / 識別identify / 点検test
  2. 所望desired航跡track平行parallel旋回Turn
  3. 平行parallel針路headingから、ADFのneedle方向directionへ90°旋回turn
  4. needle翼端wing-tip位置positionとなる相対方位relative bearingが090°もしくは270°に移動movesしたら、所望desired方位trackインバinboundウンド旋回turn
  • 上記above同様similarの方法で、無線局stationからのアウトoutboundバウンド会合法にhow to interceptついて説明Describe
「(限定計器飛行)ADF」指導上の要点
  1. ADF課目exerciseの開始前に、ADF機器equipment選局tuned点検tested無線局station識別identifiedの完了を確認Ensure
    また、タクtaxiシー中の計器instrument点検checks中に、正しcorrect検知sensing点検test
  2. ADF手順procedure実施carrying out前に、方位計heading indicator正しcorrectly設定setされていることを確認make sure
  3. ADFを使用usingして自機位置aircraft position決定determined後、航空図chart地形目標landmarks参照referringして視覚visually的に確認confirm
  4. 会合interceptするADFラジradialアルは、効果的effective教示がdemonstrationできるように十分enough距離lengthyをもって離れfarつつも会合interceptまでの時間が掛かりすぎないclose enoughものを選定select
  5. 重要予備知識Essential Background Knowledge」に記載includedされるADFの会合interception基本法basic methodを活用し、最初first教示のdemonstrating際は、集中力concentration計算calculation時間を考慮しできるだけ簡単な会合法intercept methodを使用すべきであるが、基本basic的な手順procedure習得mastery後は、必要に応specific needs.じて会合交角intercept angles変更modified可能したり、複雑な計算more calculation必要requiring方法method導入introduced
    基本手順basic procedures示さsuggestedれる会合交角intercept angle変更changingすると、所望desired航跡trackへの会合intercepting異なdifferent相対方位relative bearingなるproducesことを学生student指導Point out
  6. 学生Studentsは、初回first訓練lessons時とその次secondの間interval重要importantな事項information i忘れforgetることがあるoftenため、ADFの各訓練lesson前に、手順procedures徹底的Thoroughly確認review
  7. windによる偏流drift考慮eliminateして行うADFトラッTrackingキングは、wind偏流drift修正しcompensatingつつ地形目標landmarkに向かう飛行flying比較comparedする必要あり
  8. 無線局station付近nearアウトoutboundバウンド方位track会合interceptingする際は、浅いshallow会合角intercept angle使用use
  9. 地図map上に交点位置position fixプロplottingットする際に起こりcommon得るエラerrorーは、磁差をmagnetic variation考慮にinto account入れtakeないfailingこと
「(限定計器飛行)ADF」の指導法と学生訓練
  • 次の事項について教示Demonstrate
ADF飛行に関する教示事項
  1. ADF受信器receiver選局tune / 点検test法と無線station局の識別identify
  2. 無線局stationからの自機aircraft’s位置の磁方位magnetic bearing確認find
  3. 2つ以上two or more無線局stationsからの方位bearings使用usingした地図map上に交点位置position fixプロッHow to plotト法
  4. ADFが無線局station選局tunedされている際に、機首方位aircraft heading変化changesすると、ADFのneedle同じsameamountだけ変化changes
  5. 現在位置present positionから無線局stationに向け直行directly飛行Homing
  6. 偏流drift排除eliminateするためのトラッTrackingキング
  7. 所定の方位predetermined track会合interceptして無線局stationまで飛行flyする方法
  8. 機体aircraft無線e station局に接近approachesする際のADFのneedle表示Indications
  9. 機体aircraft無線局station通過passesするときのADFのneedle表示Indications
  10. 無線局stationから離れるaway from方向のトラッTrackingキング
  11. 無線局stationからのアウトoutboundバウンドの所定のpredetermined方位に会合interceptする方法
  • 各ADF課目exercise教示demonstrated直後に、学生student上記above訓練practice機会を付与Have
【限定計器飛行】GPS
「(限定計器飛行)GPS」の重要予備知識
  • GPSに関すrespectる次のような事項について説明Describe
GPS全般に関する説明事項
  1. システム概要Overview of the system
  2. 衛星の数Number of satellites
  3. 対象覆域Area of coverage
  • 機上airborneGPS装置にequipmentついて説明Describe
機上GPS危機に関する説明事項
  1. 受信機Receiver
  2. データベースDatabase
  3. 表示器Indicators
  4. アンテナAntennae
  • GPSの利点advantagesについて概説Outline
GPSの利点に関する概説事項
  1. 精度Accuracy
  2. 対地速度ground speed到着予定時刻estimated time of arrivals決定がdetermining容易Ease
  3. 航跡の表示Tracking indications
  • 起こりpossible得るエラerrorsーや制約limitations事項について説明Explain
エラーや制約事項に関する説明事項
  1. データベDatabaseースのエラerrors
  2. ユーザUserーの入力inputエラerrors
  3. 衛星Satellite使用可能availability
  • カナダCanadaでのGPS使用use承認approval条件conditions関すconcerning情報にinformation関するAIPの参照法how to referについて指導Show
  • GPS受信器receiver各種variousモーmodesドの機能functionについて説明Explain
  • GPSが機体aircraft固有装備fixed installationである場合は、GPSが他のother機体aircraft航法システムnavigational systemsとどう連動interfacesするかについて説明explain
  • GPS受信器receiverオンonするturn方法について説明Explain
  • パイpilotロット入力inputsによる受信器receiver初期化initialization完了法how to completeについて説明Explain
  • GPS受信器receiverコントcontrolsロールの操作方法how to operateについて説明Explain
  • GPS受信器receiver飛行計画flight planモードmode機能functionについて説明Explain
  • GPS受信器receiverでの飛行計画flight plan作成法how to createについて説明Explain
  • ウェイwaypointsポイントの削除deleting追加insertingによる飛行計画flight plan変更法how to modifyについて説明Explain
  • ユーザーuser-defined定義のウェイwaypointsポイント作成法how to createについて説明Explain
  • 空域airspaceアドバadvisoriesイザリー / 警告alerts / その他other受信器receiver発出generatedするメッセmessagesージについて説明Explain
  • GPS受信器receiver航法モードnavigation mode機能functionsについて説明Explain
  • 可動movingマップmap表示display画面screen上の記号symbologyについて説明Explain
  • 航法モードnavigation modeにおけるトラtrackックバーbar感度sensitivityについて説明Explain
  • GPS受信器receiverの「DIRECT TO」機能functionについて説明Explain
  • GPS受信器receiverデータdatabaseベースから適切suitable最寄nearest空港airportに関する情報のinformation取得法how to retrieveについて説明Explain
  • 飛行中in flight飛行計画flight plan代替空港alternate airport追加addingする目的地変更diversion実施法にhow to executeついて説明Explain
  • GPS受信器receiver故障failure時の適切なappropriate操作action法について説明Explain
「(限定計器飛行)GPS」指導上の要点
  1. ほとMostんどのGPS製造社manufacturerマニュmanualsアルは、GPSシスsystemテムに関する重要なessential背景をbackground知る上で優れgood情報源sourcesとなる
  2. GPS受信器receiver適切なcompetently操作operateにあたり、すべallての航法機能navigational functions習得masterは不要であり、 VMCで受信器receiver使用use必要required機能functionsに関する完全なthorough知識をknowledge有していることを確認Ensureし、必要needに応じ他のother機能functions学習learn促すencourage
  3. バッbatteryテリー電源power地上GPU電力を用いUse機体aircraftシミュsimulatorレーターにしたり、シミュsimulationレーションモードmodeするのでnot availableなく、可能であれば上空指導instruction開始starting前に、受信器receiverシミュsimulatorレーターや受信器receiver付属のシミュsimulationレーションモードmode使っUse各種variousモードmodes機能functionsについて指導
  4. 機体aircraft恒久的permanently装備installedされた受信器receiversの場合、装備installationに関する説明description関連pertinent制限restrictions事項について航空機Aircraft飛行Flight規程Manual補足誌Supplementを必ず確認review
  5. 学生student機体aircraft連れTakeて行き、受信器receiver / アンテナantenna / 相互関連inter-related航法機器navigation equipmentや警報表示器annunciatorsなど、各種various構成品componentsについて指導point out
  6. カナダCanadaでGPSを使用useするための承認approval条件terms説明explainするには、AIPの特別航空通知Special Aviation Notices使用Use
  7. 機内訓練aircraft training開始beginsしたら、こうしたシスsystemsテムで特に学習曲線learning curve初期段階early stagesにおけるパイpilotsロットの注意attentionコクcockpitピットに引きdraw付けられる傾向tendがあり、教官you学生studentが共にGPS受信器receiverとその機能functions気を取involvedられすぎないように注意することは重要importantで、頭を下げHeads up!ないこと
  8. データDatabasesベースには誤りwrongがある可能性があり、GPS位置positions他のother航法機器navigational equipment照合cross check
  9. 学生student受信器receiverから情報をinformation取得obtaining最寄nearestりの飛行場airportに目的地変更divertできる技量competentを身に付けたら、目的地変更diversion必要requiringとなる緊急事態emergency模擬simulatedし、GPSをプログラムして対処handlesさせ、安全safety二の次とsecondary consideratioなるほど、GPS機能functions傾注concernedさせないDo not allowよう指導
「(限定計器飛行)GPS」の指導法と学生訓練
  • 次の要領how toについて教示Demonstrate
教示事項
  1. 受信器receiver電源をTurn on入れ初期化initialize
  2. GPS受信器receiverコントcontrolsロールを操作Operate
  3. フラflightイトプラplanンを作成Create
  4. フラflightイトプラplanンを変更Modify
  5. ユーuserザー定義definedウェイwaypointsポイントを作成Create
  6. データdatabaseベースから空港情報をairport information取得Retrieve
  7. インターInterceptセプトしてウェイwaypointポイントまでトラtrackッキング
  8. トラtrackックバーbar感度sensitivity決定Determine
  9. ウェイwaypointポイントへの「DIRECT TO」をプロProgramグラム
  10. 最寄りnearest適切suitable飛行場airportへ目的地変更Divert to
  11. シスsystemテム不具合malfunction認識Recognize
  • 教示demonstrated直後に、学生studentに各種GPS課目exercisesについて訓練practice機会を付与Have

課目25:夜間飛行

【夜間飛行】導入

25【夜間飛行】導入Introduction
訓練法の整理Organizing the Training
  • 夜間night飛行資格ratingを取得するための訓練trainingは、資格面qualificationsだけでなく技量skill向上enhanceにおいても非常に楽しめenjoyableものwayであり、多少の復習polishing必要neededとしても、学生students既にalready地上滑走taxi / 離着陸take-off,land / 場外飛行cross-countryなどを日中daylightであればすべて実施可能な技量を有しているが、暗闇darknessの中というnewたな環境environmentこれらthese thingsを実施する方法を学ぶlearn必要があり、その過程processでの学習learn事項はすべallての飛行flyingにおいて有益benefitである
  • 正確exact要件はrequirementsCARに記載set outされるが、夜間night飛行資格rating訓練Training同乗dualおよび単独solo夜間飛行night flying組み合combinedわせた一定certain量のamount計器飛行instrument flying構成consistsされ、教官instructorにとっては単純simpleなものから複雑complexなものへと、優れgood指導instruction原則principlesに沿って訓練training編成organize実施conductすることが課題challenge
  • 資格要件licensing requirements満足metしている場合Provided教官instructors最善best訓練training進めproceed方の判断judgingにかなり自由度があり、多様diversity学生studentsの存在と地域localの飛行状況等conditions考慮すconsiderableると、この柔軟性flexibility必要needed
    2時間two-hour訓練時間training sessionがあれば、2回two trips分割breakingすれば学生には滑走路runways気象weather条件conditions異なりdifferent、より多くmore経験experienceが与えられるように、夜間night飛行資格ratingを取得した際に遭遇すencounter可能性likelyのある事項を考慮に入taking into accountれて訓練を編成organizeし、どのよWhateverうなアプロapproachーチでもいいので学生students経験experience豊かenrichにするように配慮
    教官instructorも同様だが、学生student既にalready仕事workなどで日中day過ごspentしている可能likely性があるため、疲労fatigueには注意on guard
地上訓練Ground Training

地上訓練ground training夜間night飛行資格rating取得要件requirementには含まれないものAlthoughの、飛行課目flight exercises「重要予備知識」“Essential Background Knowledge”の項でリストlistedアップされる項目items多くmanyは、次にincluded示す項目Itemsのように飛行開始begins前の夜間飛行night flying一般general的な地上訓練ground training指導presented

地上で指導が可能な項目
  • 訓練trainingログラprogramムの確認Review
    夜間night飛行資格rating訓練training概要overviewを説明することで、学生studentがどうするexpectかだけでなく、教官が学生studentにどうすべきことを望んexpectでいるかを知らせることが可能
  • 学生student空港airportについてよく知っknowsている場合でも各配置layout再確認review有意義helpfulであるため、空港airport配置layout灯火lightingについて説明Explain
    誘導路taxiway灯 / 滑走路末端runway edge灯 / スレッシthresholdュホールド灯 / 進入approach灯 / 障害obstruction灯 / 飛行場灯火aerodrome beacon / 風向指示wind direction indicator灯 / 進入角表示approach slope indicator灯など、各種various灯火lightingシスsystemsテムの理解はunderstanding重要important
  • 機体aircraft電気系統electrical systemについて確認Review
    学生student既にalready電気系統electrical systemについてある程度something理解knowがあるが、どう故障failする可能性があるかを再確認reviewし、不具合malfunction場合eventに何ができるかについて理解すnderstanding段階stage設定set
  • 機体aircraft灯火lighting照明系統について説明Explain
    夜間飛行night flying無事Successに終えるには、利用可能な照明what lighting is availableと、使用法やタイhow and when to use itミングなど機体aircraft照明lightinに関する十分なgood working知識knowledge必要requires
  • 夜間視力night vision / 運動感覚kinesthetic錯覚illusions / 目のvisual錯覚illusions / 随意運動autokinesis / ブラックblackホールholes効果 / ピッチpitch-upアップダウンpitchdown錯覚illusions / 疲労fatigue / 冬季winter寒冷時運航cold weather operations要領など、夜間飛行night flying適用applyされるヒューマンhumanファクターfactorsについて説明Explain
    これらtheseその他other内容topicsに触れる資料とgood materialして、パイロット医学ヒューPilot’s Guide to Medical Human Factorsマンファクターガイド / 航空ヒューマンHuman Factors for Aviationファクター基本BasicハンドHandbookブック / 航空ヒューマンHuman Factors for Aviationファクター教官Instructor’sガイドGuide参照Consult
計器飛行Instrument Flying

夜間nightには、ほぼ計器instrumentsだけでしか姿勢判断ができonly attitude reference availableない場合もsituationsあるため、ある程度certain amount計器飛行f instrument flying必要neededであり、自家用Private操縦士pilot免許取得の訓練trainingでは5時間five hours同乗dual計器飛行instrument flyingが必要になるため、学生candidate何年も前many years agoにPPL訓練を完了completedしていない限りunlessこれだけthis muchの飛行時間は必要counted on
多くMany教官instructorsは、この計器時間instrument flying一部some of夜間at nightに実施するが、資格rating取得に必要needed5時間five hours同乗dual夜間night飛行flight時間time一部partとしては加算counted不可
装備的equipment利用可能availableであれば、自家用Private操縦士Pilot免許Licence必要requiredというよりも、VOR / ADF / GPSの使用useにおよる機位position判定determine / 無線施設facility / ウェイwaypointポイントへの飛行機能など、航法navigation無線援助radio aidsについてさらmore学ぶlearnことが推奨recommended

夜間飛行資格の推薦Recommending for the Night Rating

夜間飛night行証明ratingの取得には飛行検定flight testは不要だが、教官instructor学生student資格範囲privileges of the rating実行能力competent to exerciseがあることを見極knowめる必要があり、これは単にsimply必要necessaryとなる同乗dual単独solo飛行時間flight time実施acquiringするだけでmore thanはなく、夜間飛行の訓練範囲の各課目について、飛行検定標準Flight Test Standards自家用Private及び事業用操縦士免許Commercial Pilot Licencesのガイドに定められるものと同等の基準を満足meetする必要あり

飛行訓練

【夜間飛行】飛行前点検

25【夜間飛行】飛行前点検Pre-flight Inspection
「(夜間飛行)飛行前点検」の教育目的
  • 夜間at night飛行前点検pre-flight inspectionについて徹底的thorough実施conductする方法を指導learn
「(夜間飛行)飛行前点検」の動機づけ
  • 徹底的thorough飛行前点検pre-flight inspection常にalways重要importantであるが、機体aircraft照明lightingなどの点検checked項目が増えmoreたり暗闇darknessでさらに実施が困難difficultとなるため、見逃missedしのないように細心の注意attentionが必要
「(夜間飛行)飛行前点検」の重要予備知識
  • 日中にduring the day通常実施doneする飛行前点検pre-flight inspectionについて再確認Review
  • 機体aircraft電気系統electrical systemについて確認Review
  • 点検inspection中に不具合項目unsatisfactory item発見locatedされた場合に実施する対応actionについて確認Review
  • 機体aircraft照明lighting操作operation法や点検inspection法について説明Explain
機体照明に関する説明事項
  1. 機内Cockpit
  2. 着陸Landing
  3. 地上Taxi
  4. 衝突防止Beacon
  5. ストロボStrobe
  6. 航法Navigation
  • 適切right種類typeスペアspareヒュfusesーズの携帯carrying重要性importanceについて説明Explain
  • 使用可能serviceable懐中電灯flashlight必要性needについて説明Explain
  • 牽引towバーbars / チョーchocksク / コントcontrolロールロッlocksク / ピトpitotカバcoversーの点検checking時は特にextra注意caution必要needであることについて説明Explain
「(夜間飛行)飛行前点検」指導上の要点
  1. 飛行前点検pre-flight inspection最初initial教示はdemonstration日中dayもしくは照明lighted付き格納庫hangar内で実施
  2. 日中daylightには容易obviousに確認できる項目itemsも、暗闇darknessの中では困難obscureとなる可能性があるため、細部detailについてより多くmore注意caution必要neededとなることについて指導Point out
  3. 夜間at night電気系統electrical system適切properly機能functioningさせる重要性importanceについて強調Emphasize
「(夜間飛行)飛行前点検」の指導法と学生訓練
  • 夜間at night飛行前点検pre-flight inspection実施法how to conductについて教示Demonstrate

【夜間飛行】エンジン始動と試運転

25【夜間飛行】エンジン始動と試運転Engine Start and Run-up
「(夜間飛行)エンジン始動と試運転」の教育目的
  • 夜間at nightにおける航空機aircraft始動start試運転run-up実施conductについて指導learn
「(夜間飛行)エンジン始動と試運転」の動機づけ
  • 夜間at night実施conductingするエンengineジン始動starting試運転run-upの日中とのmain違いdifferenceは、機内照明aircraft lighting正しcorrectly使用useする必要needがあることと、暗闇darknessのために手順procedures特別extra注意cautionを払う必要があること
「(夜間飛行)エンジン始動と試運転」の重要予備知識
  • エンengineジン始動start試運転run-up要領にproceduresついて確認Review
  • エンジengine始動startに発生encounteredする可能性のある緊急事態emergenciesについて確認Review
  • 乗客passenger安全safetyブリーbriefingフィングについて確認Review
  • 次の事項について説明Explain:
夜間エンジン始動と試運転に関する説明事項
  1. コクピcockpitット照明lighting使用Use
  2. 懐中電灯flashlight使用Use
  3. 紙のwrittenチェックcheck listリストの重要性Importance使用use
  4. 発電機generatorオルタネalternatorーターの出力output監視monitoring重要性Importance
「(夜間飛行)エンジン始動と試運転」指導上の要点
  1. 学生studentがすべての重要criticalスイswitchesッチを触れtouchるだけで発見locateできることを確認Ensure
  2. エンジン始動starting前は周囲nearby人をanyone徹底的thorough見張look-outりし、衝突防止beacon灯と航法灯navigation lights点灯Turning onし、必要に応じ「クリア“clear”」を発声callすることで、エンジン始動startedの意図を周囲の人に警告warn
  3. 夜間at nightはエンジン始動Start試運転run-up時間を要take more timeし、緊張nervousすることもあるため、急がなnot to rushいよう注意take care
  4. 夜間at night機体aircraft意図creepingせず前進aheadしているかwhether判断detect困難difficultであるため、ブレbrakesーキが確実securely効いappliedていることを確認Ensure
  5. ice / people / 他機other aircraftなどは夜間at nightに視認困難difficultなため、試運転run-up向け移動positioning the aircraftする際は注意caution
「(夜間飛行)エンジン始動と試運転」の指導法と学生訓練
  1. 夜間at night機体aircraft始動要領how to startについて教示Demonstrate
  2. 夜間at night試運転run-up要領conductについて教示Demonstrate

【夜間飛行】地上滑走(タクシー)

25【夜間飛行】地上滑走Taxiing(タクシー)
「(夜間飛行)地上滑走(タクシー)」の教育目的
  • 夜間at nigh正しcorrectlyい地上滑走法how to taxiについて指導learn
「(夜間飛行)地上滑走(タクシー)」の動機づけ
  • 暗闇Darknessでかつ通常normal視覚visual参照cuesないabsenceため、夜間at nightの地上滑走taxiingには特にextra注意attention
「(夜間飛行)地上滑走(タクシー)」の重要予備知識
  • 強風状態にstrong wind conditionsおける旋回turning中の計器点検instrument checks操縦装置flight controls設定placementなど、地上滑走taxiing要領proceduresについて確認Review
  • 有効active滑走路runway判断法how to determineについて確認Review
  • 次の各飛行場airport灯火lightingについて説明Explain
各飛行場灯火に関する説明事項
  1. 飛行場灯台Aerodrome beacon
  2. 誘導路Taxiway
  3. 使用不可区域Unserviceable area標識markings
  4. 進入Approach
  5. 滑走路Runway
  6. 風向指示灯Wind direction indicator
  7. タクシーtaxiラインlines使用Use
  8. 滑走路Runway離脱exit標識markings
  9. 蛍光Retroreflective標識markers
  • 夜間at nightの地上滑走速度taxi speed判断法how to judgeについて説明Explain
  • 地上groundにおける滑走taxi灯や着陸灯landing lights正しcorrect操作operationについて説明Explain
  • 衝突防止灯anti-collision lights航法灯navigation lights常時compulsory使用useについて説明Explain
  • 投光照明floodlit区域areasで地上滑走taxiingする際、shadows障害物obstructions視認がhard to see困難になる可能性があるため、特にextra注意caution必要neededであることについて説明Explain
「(夜間飛行)地上滑走(タクシー)」指導上の要点
  1. 見張りlook-out疎かsuffersになるほどコクcockpitピット内の作業activities集中focusedしないavoidように夜間at night特にspecial注意caution必要Exercise
  2. 地上滑走灯taxi light有り無しwith and without両方の条件で地上滑走taxiを実施させ、不慣れunfamiliarな区域や混雑congestedした場所areasでの旋回turning操作manoeuvring時には、滑走灯taxi light使用use推奨advisable
  3. 風向wind direction判断determinesして記憶remembersさせ、適切proper制御入力control input適用appliesした修正ompensateを実施
  4. 可能possibleであれば、管制塔control towerなどより高いhigher視点かvantage point空港airport全体を学生student見学viewさせる機会を付与possible
「(夜間飛行)地上滑走(タクシー)」の指導法と学生訓練
  • 次の事項について確認Review
夜間地上滑走における確認事項
  1. ブレーキBrake点検check
  2. タクシーwhile taxiing中の操縦controls装置の使用Use
  3. タクシーwhile taxiing中の計器点検Instrument checks
  • 次の事項について教示Demonstrate
夜間地上滑走における教示事項
  1. 滑走灯taxi lightの点灯 / 消灯の両条件にwith and withoutおける夜間at nightの地上滑走Taxiing
  2. 地上滑走速度taxi speed判定Judging
  3. 地上滑走taxiing中の着陸landing灯とストロボ灯strobe lights節度あCourteous使用use

【夜間飛行】離陸

25【夜間飛行】離陸Take-off
(夜間飛行)離陸」の教育目的
  • 着陸灯landing light点灯 / 消灯with and withoutによらず、各種条件varied conditions下における夜間at night離陸法how to take offについて指導learn
「(夜間飛行)離陸」の動機づけ
  • 離陸take-off時の視覚参照visual references違いDifferent初期initial上昇climb中の参照がなlack of referencesいことは、夜間離陸taking off at nightをするパイpilotロットにとって特異special要求demands課せimposeられること
「(夜間飛行)離陸」の重要予備知識
  1. 離陸前点検pre-take-off checksを含む通常normal / 横風cross-wind離陸手順take-off proceduresについて確認Review
  2. 該当applicableする緊急手順emergency proceduresについて確認Review
  3. 離陸take-offのための着陸灯landing light使用useについて説明Explain
  4. 離陸take-off後に計器参照instrument references必要requiredとなる場合があることについて説明Explain
  5. 離陸take-off後の上昇率rate of climb正方向positive維持maintainingすることの重要性importanceについて説明Explain
  6. 線形加速linear acceleration錯覚illusion (ピッチpitch-upアップ錯覚illusion) とブラblackックホーhole効果illusionについて説明Explain
  7. 安全safe高度altitude以下で旋回turnsしてはならないことについて説明Explain
「(夜間飛行)離陸」指導上の要点
  1. 着陸landinglight点灯on状態で最初initial離陸take-off実施Conduct
  2. 学生student着陸灯landing lightスイt switchッチの位置position把握learnsしていることを確認Ensure
  3. 夕暮れat twilight時に最初firstの夜間離陸t take-off実施Introducingすると、次第gradual暗闇darkness入るprogressionことを体験可能
  4. wind / 滑走路表面runway surface / 障害物obstacles / 乱気流turbulence / 翼端渦vorticesなどを考慮しconsideration離陸計画take-off planning重要性importanceについて強調Emphasize
  5. 離陸take-offs着陸灯landing light有無にかwith and withoutかわらず実施doneできることを確認Ensure
  6. 離陸take-offs異なdifferent滑走路runways可能possibleであれば異なdifferent空港airportsから実施Ensure
  7. 昇降計VSI / 高度計altimeter使用using離陸take-off後の上昇率rate of climbpositiveであることを確認Ensure
「(夜間飛行)離陸」の指導法と学生訓練
  • 着陸灯landing light有無によらwith and withoutず、通常normal / 横風crosswind時の離陸take-offsについて教示Demonstrate訓練practise機会を付与

【夜間飛行】場周飛行

25【夜間飛行】場周飛行Circuit
「(夜間飛行)場周飛行」の教育目的
  • 夜間at night正確accurate場周circuit経路の離脱depart / 会合enter / 飛行fly法について指導learn
「(夜間飛行)場周飛行」の動機づけ
  • 夜間at night正確accurate場周circuit経路を飛行Flyingするには、滑走路runway他機にother traffic対する正しcorrect位置position維持maintainするため、目視visual計器instrument組み合combinationわせて参照referencesする必要requiresがあり、この精度accuracy達成Achieving必要necessaryかつ十分satisfyingなものであり、全体overall飛行技量flying skillにとって有益benefitである
「(夜間飛行)場周飛行」の重要予備知識
  • 場周circuit経路の飛行要領proceduresについて確認Review
場周経路の飛行要領に関する確認事項
  1. 出発Departure
  2. 進入Entry
  3. 管制Controlled / 非管制uncontrolled飛行場airports
  4. 無線要領Radio procedures
  • エンengineジン故障failure / 不時着陸forced landing / 電気火災electrical fire / 電気electrical不具合malfunctions / ARCALを含むimplications無線機radio故障failureなど、適切appropriate緊急処置要領emergency proceduresについて確認Review
  • 夜間at night正確accurate場周circuit経路を飛行flyするための方位計heading indicator使用useについて説明Explain
  • 滑走路灯runway lights進入灯approach lights使用use法について説明Explain
  • 夜間at night距離distance判定judgement法について説明Explain
「(夜間飛行)場周飛行」指導上の要点
  • 初回first夜間night場周circuit経路飛行の前に、地域areaにおける短時間brief夜間慣熟飛行night familiarization flightの実施が推奨recommended
  • 夜間night偏流Drift判定assessment難しharderい場合があるものの、正確accurate場周circuit飛行flyを行う上で必要necessaryであるため、学生student場周circuit経路内で偏流drift認識recognizeして正しcorrectly修正compensateできるように指導
  • 夜間night場周circuit経路における長時間Long訓練sessionsは非常に疲れtiringるため、短時間reasonably short計画Keep the trips
  • 場周circuit経路を一旦離脱leaveさせ再進入re-enterすることは、良いgood訓練経験experienceとなる
「(夜間飛行)場周飛行」の指導法と学生訓練
  • 地域area内での簡単brief慣熟飛行familiarization flight
  • 場周circuits経路飛行について教示しDemonstrate学生student訓練practise機会を付与have
夜間の場周経路飛行に関する教示事項
  1. 各種進入varied approach滑走路runway灯火条件lighting conditions
  2. 可能possibleであれば、管制controlled空港と非管制uncontrolled空港airportsなどの各種空港various airportsにおいて訓練
  3. エンengineジン故障failure / 不時着陸forced landing / 電気故障electrical malfunctions / 場周circuit経路内での通信機故障communication failureなどの緊急処置要領Emergency procedures
  • 正確accurate場周circuit経路を飛行flyするための方位計heading indicator使用use法について教示Demonstrate
  • 可能possibleであればARCAL灯火lightingシスsystemテムの使用法how to useについて教示Demonstrate

【夜間飛行】進入と着陸

25【夜間飛行】進入と着陸Approach and Landing
(夜間飛行)進入と着陸」の教育目的
  • 夜間at night効果的effective進入着陸法approaches and landingsについて指導system
「(夜間飛行)進入と着陸」の動機づけ
  • 夜間進入approach at night使用usedする視覚参照物visual referencesは、日中day使用experiencedするものとは別物different
  • 発生occur可能性のある各種錯覚various illusionsにより、夜間の進入着陸における特別special要求demands課さimposeれる
「(夜間飛行)進入と着陸」の重要予備知識
  • 次の事項について確認Review
夜間の進入着陸に関する確認事項
  1. 適切なappropriate点検checks含むincluding通常Normal及び横風cross-windでの進入approach着陸landing
  2. 着陸復行要領Overshoot procedure
  3. 進入Approach灯と滑走路灯runway lighting
  4. VASISとPAPI
  5. 後方乱気流Wake turbulence回避avoidance
  6. ARCAL要領procedures
  7. 蛍光標識retroreflective markers使用Use
  • 進入と着陸approach and landing関連relateする錯覚 illusionsについて説明Explain
進入着陸時の錯覚に関する説明事項
  1. 滑走路Runway勾配slopeと滑走路width
  2. 無灯火unlighted地形terrain進入approachingする際のブラBlackックホーholesル効果
  3. フレアflare判断judgementする際の滑走路灯runway lights高さheight輝度brightness影響Effect
  • 進入角approach angle偏流drift判定assessするための滑走路灯runway lights使用useについて説明Explain
  • 着陸landingの際に着陸灯landing light使用usingすることの利点advantages欠点disadvantagesについて説明Explain
  • 着陸landingフレアflare中の出力power使用useについて説明Explain
  • 滑走路離脱exit the runway前の減速reducing speed重要性importanceについて説明Explain
「(夜間飛行)進入と着陸」指導上の要点
  1. 夜間飛行night flyingへの段階的gradual移行transitionのため、初回first夜間進入着陸night approaches and landings薄暮twilightの間に実施することを検討Consider
  2. 適切properトリtrimムと速度管制speed control重要性importanceについて強調Emphasize
  3. 学生student当初first数回few着陸landings着陸灯landing light使用useさせ、次に消灯light offして着陸landings数回some実施introduceさせHave
  4. 滑走路runway対すrelation機体aircraft前方forward / 垂直vertical方向 / 横方lateral向の動きmovement確認detectするために、着陸landing時に学生student十分に前方far enough ahead見てlooksいることを確認Ensure
  5. 中央に設置centre-mountedされた着陸灯landing light光線beam縦軸longitudinal axis延長extensionであり、横風着陸cross-wind landingsの際に滑走路runwayとの正しcorrectい軸線の調整alignment支援assistするために使用used可能
  6. フルスFull stopトップ着陸landingsは、ストップstop and go&ゴーまたはタッチ&touch and goゴーを試行attemptingする際の夜間訓練night training導入部分initial partとして有益beneficial
「(夜間飛行)進入と着陸」の指導法と学生訓練
  • 教示しDemonstrate学生student訓練practise機会を付与have
夜間の進入着陸に関する教示事項
  1. 夜間の進入着陸Approaches and landings at nightのいて、横風cross-wind / 各種滑走路different runways / 着陸灯消灯landing light off / VASISやPAPI消灯lights off / 各種滑走路different runway灯輝度light intensitiesなど、バリエーションを徐々gradually導入introducing
  2. 直線進入Straight-in approaches
  3. コクcockpitピットの計器instrument照明lights故障loss / 着陸灯landing lightまたは無線機故障radio failureなどの模擬Simulatedシスsystemテム故障failures
  4. フレアflare時の出力power使用use
  5. 着陸復行Overshoot
  • 夜間at nigh進入と着陸approach and landing経験experiencedする可能性のある錯覚illusionsについて指導Point out

【夜間飛行】パイロット航法

25【夜間飛行】パイロット航法Pilot Navigation
(夜間飛行)パイロット航法」の教育目的
  • 夜間at night効果的effectiveパイpilotロット航法navigation技術techniquesについて指導learn
「(夜間飛行)パイロット航法」の動機づけ
  • 昼間dayと同様、夜間nightパイPilotロット航法はnavigation複雑complexであり、灯火lightedのある地形物標landmarks頼るrely必要need性 / 航法の参照navigational reference利用可能available詳細detail相対relative的な欠如lack / 夜間at night天候変化approaching weather推察seeing困難difficultyであることは、パイpilotロットに対し特別special要求demands課すimposeものの、うまくdone wellいけば非常に有益very satisfying作業taskとなる
「(夜間飛行)パイロット航法」の重要予備知識
  • 次の事項について確認Review
夜間のパイロット航法に関する確認事項
  1. 飛行前計画要領Pre-flight planning procedures
  2. 出発departure / 巡航en route / 到着arrivalパイロット航法技術Pilot navigation techniques
  3. コクCockpitピット内照明lighting
  4. 緊急処置要領Emergency procedures
  5. ATC支援assistanceやDFステアsteer取得Obtaining
  • 次の事項について説明Explain
夜間の各種操作に関する説明事項
  1. 正確accuracy方位heading時間管制time keeping重要importantである理由
  2. 夜間nigh地図判読Map reading
  3. 夜間at night距離判定法How to judge distances
  4. 着陸灯を利用beam of the landing lightした降水量precipitation特定法How to identify
「(夜間飛行)パイロット航法」指導上の要点
  1. 徹底的thoroughな気象ブリーフィングの必要need性について強調Emphasize
  2. 飛行計画flight planningおいてpurposes法的legal最小minimumVFR飛flight条件よrequirementsりも高いhigher個人的personalに設定した気象制限weather limits使用use推奨Encourage
  3. 可能possibleであれば、人口密集populated地域areas過疎地域unpopulated航法navigatesできるよう飛行trip計画plan
  4. 各レグeach leg常時Always代替alternate案と「中止“out”要件」を準備have
  5. 場外飛行cross-country実施前に、学生student緊急処置要領emergency procedures理解understands度を確認Ensureし、飛行trip中に「もしこう“what-if”なら」のシナscenariosリオを使用use意思決定技量decision-making skill体得develop
  6. 場周経路circuitから局地local空域areaへの短距離Short飛行tripsは、実際actual場外飛行cross-country flightの実施前にパイpilotロット航法技量navigation skills鍛えbuildるために使用used
  7. 可能possibleであれば、場外飛行cross-country flight中に他のother空港airportsへの着陸land計画plan
  8. 単独soloでの場外飛行cross-country必須ではnot a requirementないもののAlthough多くmanyの飛行学校schoolsでは別のanother空港airportにおける場周circuit飛行を含む夜間at night短距離short単独solo場外飛行cross-countryの実施を推奨recommend
「(夜間飛行)パイロット航法」の指導法と学生訓練
  • 次の事項について教示Demonstrate
夜間パイロット航法に関する教示事項
  1. 地図判読Map reading
  2. 距離判定Judging distance
  • 学生student訓練practice監督Supervise
学生の実施の監督事項
  1. 飛行前計画Pre-flight planning
  2. 出発Departure
  3. 針路設定Set heading
  4. 巡航航法En route navigation
  5. 到着Arrival
  6. 緊急処置Emergencies

【夜間飛行】計器飛行

25【夜間飛行】計器飛行Instrument Flying
(夜間飛行)計器飛行」の教育目的
  • 課目Exercise24に続き、夜間飛行night flying必要needed計器飛行法instrument flying skillsについて指導learn
「(夜間飛行)計器飛行」指導上の要点
  1. 計器飛行が必要neededなる条件same conditionsである暗闇darknessの中でこの飛行技術skill鍛えdevelopるため、夜間計器飛行instrument flying at night実施doingについて検討Consider
  2. 学生student教官instructorの双方にとって方向感覚喪失disorientationリスriskクが夜間night高まgreaterるため、異常姿勢Unusual attitudesからの回復訓練は日中daylight行うdoneのが最適best
  3. できれば夜間単独solo at night飛行を学生に実施させる前の段階before sendingで、必要required夜間night計器飛行instrument flying完了completedすべき

【夜間飛行】緊急手順

25【夜間飛行】緊急手順Emergency Procedures
「(夜間飛行)緊急手順」の教育目的
  • 夜間at night正しcorrectly緊急対処要領respond to emergenciesについて指導learn
「(夜間飛行)緊急手順」の動機づけ
  • 日中day発生すencounteredる可能性があるすべAllての緊急事態emergenciesは、夜間at nightにも発生すdo occurる可能性があるだけでなく、さらに複雑化additional complicationsしたり夜間環境night environment特有unique緊急事態emergenciesもあり、また実際に発生もしていることから、学生studentはこれらの緊急事態emergency situationsについて理解understandし、迅速prompt適切proper対処要領procedures実施carrying outする能力competentが必要で、決断にかかる時間indecision costs timeは非常に重要crucial
「(夜間飛行)緊急手順」の重要予備知識
  • 次の事項について確認Review
夜間の緊急手順に関する確認事項
  1. POHやFTMによるすべてAll緊急処置要領emergency procedures
  2. DFステアsteer要領procedures
  3. 燃料系統fuel system
  4. 電気系統electrical system
  • 次の事項について説明Explain
夜間の緊急手順に関する説明事項
  1. 電流計ammeter読み取り方How to interpret
  2. 過充電overcharging過少充電undercharging影響implications
  3. 電気electrical故障malfunctionが発生した場合event対処action
  4. 適切rightタイプtypeスペアspareヒュfusesーズ携帯carrying重要性importance
  5. 手探touchりでヒュfusesーズを見つけlocate交換replaceする方法
  6. ためらhesitationったり見るlookingことなくwithoutコクピcockpitット内の重要essentialスイswitchesッチやコントcontrolsロールを見つけlocateられることの重要性importance
  7. コクcockpitピット照明lighting故障failureが発生した場合event懐中電灯flashlight使用use
  8. 手探りtouchでELTを見つけlocateオンturn onにする方法
  • 地形terrain / 積雪snow covering / 月明かりmoonlight / 高速highways道路上の自動車automobile照明lightingなどを考慮consideringした夜間at night不時着離場forced landing site選択法how to selectについて説明Explain
  • 不時着陸forced landing時の着陸灯landing lights使用useについて説明Explain
  • ARCAL操作operation関連implicationsする通信機故障transmitter failureについて説明Explain
「(夜間飛行)緊急手順」指導上の要点
  1. at night緊急事態emergencies対処dealingする上で、燃料fuel系統や電気electrical系統systemに関する知識knowledgeが非常に重要importantである理由について説明Explain
  2. 緊急対処要領emergency proceduresについて指導teachingする際は、「事故accidents訓練practise」とならないように飛行flight上のリスriskクに配慮
  3. 訓練practice緊急事態emergencies対処では「模擬“simulated”」の用語wordを必ず使用
「(夜間飛行)緊急手順」の指導法と学生訓練
  • 次のincludingような想定simulated緊急事態emergency situationsについて教示Demonstrateし、学生student実施practise機会を付与
教示事項
  1. コクピット照明故障Cockpit lighting failure
  2. 電気系統故障Electrical system failure
  3. 夜間nightのNORDO手順procedures
  4. 場周経路circuit内での不時着陸要領Forced landing procedure
  5. 不時着陸地forced landing area選定Choosing
  • 学生student重要criticalなスイッチをすべall手でtouch位置確認locateできることを確認Ensure

課目26:水上機

26 水上機Seaplanes

水上機に関する教官ガイドは別で定められている
Instructor Guide – Seaplane Rating” (TP 12668E).

課目27:雪上機

27 雪上機Skiplane
「雪上機」の教育目的
  • 雪上機skiplane飛行運用flight operationsにおける慣熟familiarize
「雪上機」の動機づけ
  • 必要に応じて実施
「雪上機」の重要予備知識
  • 一般common使用useされるスキskisーの種類typesについて話し合いDiscuss
話し合い事項
  1. ホイーwheelシャaxleフトに取り付attachedける標準Standardタイプのスキskis
  2. 車輪スキWheel-ski複合型combination
  3. その他Others
  4. 飛行前pre-flight目視点検visual inspectionで使用する点検check用の追加装備Additional items
  • ケーcablesブル / ショshockックコーcordsド / 留め具fastenings / スキskiピスpistonsトンなど、雪上機skiplanesのみonlyあるapply重要essential飛行前pre-flight点検inspection項目itemsについて確認Review
  • タクシーTaxiingに関する考慮事項considerationsについて説明Explain
説明事項
  1. クリアclear氷をfrozen破壊breakingして進む雪上滑走法techniques
  2. スキskisーへの付着stic原因causeとなる可能性most likelyが最も高い雪の状態snow conditions
  3. ホイールwheel-skiスキーの駐機parking運用operationsにおけるスキskisーに付着adheringするsoildirt / iceなどの危険danger
  4. 一部some表面surfaces状態におけるブレーキbraking機能action低下lack
  5. 滑走taxiing中にエンengineン過熱overheating至るlead to可能性のある条件conditions
  6. 離陸滑走take-off run開始commencing前に、予定proposed離陸経路take-off path上を最初first滑走t taxi oversnow圧縮pack必要necessityになる雪の条件snow conditions
  7. スラッシュslush conditions状態での運用operating回避法avoiding
  • 離陸Take-offに関する次の事項について説明Explain
離陸に関する説明事項
  1. 離陸方法take-off techniques
  2. 離陸滑走長length of take-off runにおけるsnow影響effect
  3. 陸上機landplane不整地離陸soft field take-offとの類似点similarity
  4. 高いhigh雪のsnow吹きdriftsだまりがあるexistことの考慮considerations
  5. 横風離陸法cross-wind techniques
  • 着陸Landingに関する次の事項について説明Explain
着陸について
  • 次のような適合性判断determining suitability重要性Importanceについて指導
適合の判断を行うべき状況
  1. 予定着陸区域proposed landing areaの地表面surface状況
  2. 引き続きsubsequent離陸take-off利用availableできる滑走路長length
  3. ホワイトwhite-outアウト状態conditions断続的unbrokensnowなどでも利用できる視覚visual的な参照reference
  • 通常normal進入着陸approach/landing横風でcross-winds進入Approach接地touchdown時の考慮事項considerations
  • 断続的unbroken積雪snow / 吹雪blowing snow / 高めhigh地吹雪drifts状態conditionsなどでの着陸landingに関する考慮事項Considerations
  • 機体の凍結freeze-in防止preventするための着陸後after landing要領Procedures
  • 駐機Parkingタイダtie-downウンに関する考慮事項considerations
駐機Parkingタイダtie-downウンに関する考慮事項considerations
  1. 機体の凍結freeze-in防止prevent木材wood / boughs / プラスplasticチックの使用Use
  2. タイダウン法Tie-down techniques
  • スキー操作ski operations関すrelative一般Generalエアマンairmanshipシップの考慮事項considerations
スキー操作ski operations関すrelative一般Generalエアマンairmanshipシップの考慮事項considerations
  1. 泥地slush / 裂け目fissures / 空洞air holes / 深い雪などの発見Detection回避avoidance
  2. 小川creek / 河口なriver mouthsどの地下流under-current区域areas回避Avoidance
  3. 裸氷Bare ice上での運航operations
  4. 横風cross-winds影響Effect
  5. fall季と春季springにおけるlakeでの運航operations中のIce状態conditions
  6. 離陸後after take-off凍結frozenしたslushによるホイールClogged wheels固着
  7. icequality厚さthicknessにおける耐荷重load-bearingに関する知識guide
「雪上機」指導上の要点
  1. スキski運用operations性質nature状、翼上on wings着霜hoar frost状態conditionsでの放置exposureドラムdrums缶からの燃料refuelling給油、野外openにおける整備servicingなどの可能性more likelihood高くgeneratesなるため、更なadditional注意care必要exercised
  2. 凪状態glassy waterでの水上機seaplane運航operationと、ホワイトwhite-outアウトや断続的unbroken吹雪状態snow conditionsでの雪上機skiplaneの運航が類似similarityしていることから、水上機seaplane資格ratedを有するパイpilotロットは、陸上機landplaneパイpilotロットよりreadilyもこうした問題problem理解appreciateがあることが一般的
  3. 雪上機skiplaneによる裸氷bare ice上の着陸landingは、十分fully配慮care行わexercisedないと忘れらmemorableれない出来事eventになってしまう可能性があり、普段normally経験すexperiencedるよりも摩擦friction力が低下lackしていることを理解すべく、条件conditions良好favourableである限り学生studentにもこの状況situationの体験機会を付与exposed
  4. 場外off-base雪上機skiplane運用operationsにおいては、裸氷bare iceでの運用operationの場合を除きexcept選定selectedした着陸地landing areaから離陸take-offするのに必要な滑走runlengthは、単にsolely着陸landing必要required距離distanceではなく、運用operationalの考慮considerationが必要であることを強調emphasized
  5. 適切Adequate人命救助装備survival equipment適切proper衣服clothingの装備は、特にespecially計画の有無によらずplanned or even unplanned外でaway夜を越overnight滞在staysの際には不可欠essential
    学生Studentsは、氷結しcold-soakedエンジengineンの対処preparing始動startingに関する問題problemsと、乗客passengersに対する責任をresponsibilities理解appreciate
「雪上機」の指導法と学生訓練
  • 機外点検External line Inspection
雪上機の機外点検
  1. 雪上skiplane機に関する追加のadditional考慮事項considerations指摘Point out
  2. スキーskis板が表面surface上で氷結frozenしていないことを確認Ensure
  • タクシーTaxiing要領について教示demonstrate
教示事項
  1. 陸上機landplane比較comparedして機体運動aircraft movementにおける制御力control低下reducedするため、フラッflaps upプ上げ / ステアsteeringリングのための操縦桿stick前方forwardへの押し込み / 狭小区域restricted areaにける旋回turning時の尾部tailローrope使用use / 積雪部snow build-up回避のための十分な間隔wide berth確保givingなどといった方法techniquesを適用
  2. 深い雪deep snow裸氷bare iceなど各種variable地表面状態ground surface conditionsで、機体aircraft動かmove続けkeepるためには大きlargeエンengineジン出力power変化variation必要required
  3. 機体aircraft停止stopした際の凍結防止法techniques for preventing freezing
  • 離陸Take-off要領について教示demonstrate
教示事項
  • 駐機場parking pad出発leaving前に次の事項を実施
雪上機の駐機場出発前の実施事項
  1. 可能possible運転movementを確認する通常normal試運転run-up完了complete
  2. 離陸点検take-off checks完了complete
  • 既存existing条件conditions下における通常離陸normal take-off
  • 条件conditions次第permitでは、まず離陸表面take-off surface地上滑走しtaxiing over it firstみてdemonstrate、積雪の圧縮状況packed downを確認
  • ホワイwhite-outトアウト状態conditionsの場合や通常normalの目視物標が参照referencesできないavailable場合には、離陸法やtechniques for take-off姿勢確認attitude confirmationのために計器使用use instruments必要needになることについて指導
  • 着陸Landing要領について教示demonstrate
教示事項
  1. 着陸表面landing surface点検Inspectionし、適してsuitabilityいるか / 風向wind direction / 着陸経路landing pathなどを決定determine
  2. 通常Normal進入approach着陸landing
  3. 深い雪deep snowがある場合cases着陸後post-landing地上滑走要領taxi proceduresしたfollowがって固着sticking発生occurしないようにし、自力own power容易easily再移動moved againができることを確認ensure
  4. 機体aircraftの完全停止stopped前のスラslushッシュ (泥) 点検法How to check
  • 駐機Parkingタイダウンtie-down
雪上機の駐機とタイダウン
  • 雪上skiplane機の追加additional考慮事項considerationsについて教示Demonstrate

課目28:型式変更

28 型式変更Type Conversion
「型式変更」の教育目的
  • 既存existing知識knowledge技量skillsについて、別のdifferent型式もしくはより高度advanced型式type機体aircraft運航operation必要requiredなものに対して補足supplement
「型式変更」の動機づけ
  • 必要に応じて実施
「型式変更」の重要予備知識
  • POHを使用Usingし、次の様々various要領procedures技法techniquesについて説明explain
POHで説明する各種要領や技法
  1. 重量平衡Weight and balanceと搭載負荷loading
  2. 燃料fuel系統のシステムsystems / 管理management / 消費consumption / 飛行範囲range
  3. 補助操縦Ancillary controls装置の使用use運用operation
  4. 該当applicable機の脚装置Undercarriage運用operation
  5. フラップFlaps / 油圧系統hydraulic systems / 電気系統electrical systems
  6. 承認approved / 非承認unapproved手順procedures運用Operational上の考慮事項considerations / ハンドブックhandbook航空charts図や性能graphs表の使用use
  7. 緊急処置要領Emergency procedures
  • 必要necessaryに応じ重要essential情報information学生student確認Examineし、誤りerrorsがあれば訂正correct
「型式変更」指導上の要点
  1. 近道で最短の指導をしたくなるが、回路をショート“shoot a couple of circuits”させてしまうようなもので、そうした誘惑temptation抑えResist学生student単独飛行flying soloする際に冒しmade失敗mistakesから学ばlearnletる方が効果的であり、個々individual要望needsを反映させて転換訓練conversion course計画planするため、学生student’s背景background能力ability注意Carefully深く評価assess
  2. 型式変更type conversionでは、格納式retractable脚装置undercarriage / 定速constantプロペラspeed propellerなど、これまでに経験していなno previous experience装置equipmentについて指導すintroducingる必要がある場合casesがあるが、これらはより高速faster装置equipmentにも通常normally関連associated付けられるため、学生student’s学習能力ability to learnに合わせて指導instructionの進捗を調整pace
  3. POHの情報informationは、多大のconsiderable調査researchを経て製造業manufacturer者が記載placedしたものであるため、全情報all the informationへの精通familiar求めEncourageられ、また同型式same typeでも製造年が異different yearsなる機体aircraftでは速度airspeed操作operational上の違いdifferencesが生じることから、無視ignoredすると問題problems発生causeする可能性があることについて指導
  4. その型式similar typesの経験が限定的limitedもしくはまったくなno experienceい場合には、機体aircraft慣熟feel at easeできenableるようによりmore複雑complicated訓練techniques進むprogressing前に通常normal上空課目air workを実施
  5. チェックア“check-out”ウト」は、学生が最大総重量にmaximum gross weightおける運用operationsを含むすべての形態configurations機体aircraft特性characteristics慣熟exposedしたら完了complete
「型式変更」の指導法と学生訓練
  1. 機外点検中external line checkでの根本的essential点検checked項目の違いdifferences追加additional項目itemsについて、学生student十分fullyに理解させAcquaint
  2. エンジン始動starting / 暖気warm-up運転 / 試運転run-up / 離陸前点検pre-take-off checks監督Supervise
  3. 離陸後After take-off本格serious的な指導instruction開始commencing前に、学生student飛行特性flight characteristics慣熟familiarするのに十分sufficient時間timeを与えるため水平飛行level flightを実施
  4. 学生student通常all normal飛行操作flight manoeuvres / 失速stalls / 急旋回steep turnsなどを実施して航空機aircraft慣熟studentしたところで、離着陸訓練take-off and landing practiceのため場周circuit経路に帰投return
  5. 学生student十分sufficient技量competency到達後demonstrated必要requireに応じ訓練practice付与assign
  6. 必要necessaryに応じ機体aircraftエンジンshut-down停止と駐機parking要領について監督Supervise

課目29:緊急手順

29 緊急手順Emergency Procedures
「緊急手順」の教育目的
  • 緊急事態emergency conditionシステムsystem不具合malfunction時にまずそれを認識をrecognitionし、POHにしたがaccordanceったすべallての手順procedures完了法how to completeについて指導teach
「緊急手順」の動機づけ
  • 異常abnormalまたは危険unsafe状態condition確認detectedされた場合、パイpilotロットは状況situation正しcorrectly評価assessし、問題problem解決resolveするための適切proper手順procedure実施carry outするが、シスsystemテム不具合malfunction完全fully対処resolveできなnot ableい場合には、代替行動Alternative action検討consideredも必要であり、場合によっては近隣nearbyの代替空港airportへの目的地変更divert検討may be
「緊急手順」の重要予備知識
  • 意思決定decision making考えconcepts方と緊急事態emergencies時の処理handling要領について確認Review
  • 使用usedする機体aeroplaneに関し次の要領proceduresについて説明Explain
説明事項
  1. 地上groundでのエンジンEngine火災fire
  2. 飛行in flight中のエンジンEngine火災fire
  3. 油圧低下Low oil pressure
  4. フラップFlaps故障failure (スプリットsplit-flap状態condition)
  5. 燃料系統Fuel system (計量gauge器 / タンクtank切替器selection / 加圧器boost pump)
  6. 電気Electrical系統system不具合malfunction
  7. 電気Electrical火災fire発煙smoke
  8. ハッチhatch / パネルpanel / ドアdoor上空in-flightでの不完全Unlatched閉鎖
  9. 客室Cabin火災fire
  10. 不時着水Ditching
  11. その他Other各機固有aeroplane系統systems故障failures
「緊急手順」指導上の要点
  1. 緊急事態emergenciesシステムsystem不具合failuresの発生を企図introducingする前に、学生student通常手順normal procedures習熟familiarしており機体aeroplane十分well取り扱handlingえることを確認Ensure
  2. 学生studentは、すべallての緊急チェックemergency checklistsリスト / シスsystemsテム / 緊急手順emergency procedures含むincluding、POHの様式format習熟familiarしていることが重要importantであり、教官Instructors学生studentメモmemoryリー項目items理解learns確認ensure
  3. 緊急手順Emergency proceduresは、訓練training後半段階later stagesだけでなく、段階的progressively導入introducedする必要があり、特にフラflapップ / 電気electrical系統 / 燃料fuel系統の問題problemsを伴う状況Situationsは、訓練training初期initial段階stagesから指導given
  4. シナリオscenarios付与presentingして緊急要領emergency procedureについて指導Teachすることで、学生students問題problems分析analyzingし、実際actual状況situations備えprepareられるようになり、常にAlways健全promote意思決定decision-making能力skillsが鍛えられる
  5. 学生student欲求不満frustrated知識knowledge技術skill習得gainedの効果を考慮し、緊急事態emergenciesシナリオscenarios合理的reasonableかつ現実的realisticなものとして緊急事態emergencies複合multiple的発生を避けAvoid学生student過負荷overloadとならないように注意Be careful
  6. 訓練trainingに使用する機体aeroplane有効とapplicableなる対処手順procedureは、検定官examinerにより確認testedされる可能性があるため、訓練修了時にすべallての緊急emergency手順やシステムsystem不具合failure対処手順procedures理解度completion確認Ensure
「緊急手順」の指導法と学生訓練
  1. 機種固有aeroplane typeAll緊急事態emergencyおよびシステムsystems故障failure対処要領proceduresは、POHにしたがっaccordance with指導taught
  2. シナリオscenarios活用usingして何が起こhappenり得るかを可視化visualizeしつつ緊急事態mergenciesの対処法について学生student検討Discuss
  3. 機内aeroplane学生studentと一緒に、各項目each item大声loudコールcallingし、各種操作various controls実際に行っtouching or moving対処手順proceduresの訓練を実施go through
  4. 学生studentall緊急処置emergencyチェックchecklistリスト項目itemsどこに書where to locateかれているかについて知ってmust knowいる必要があるため、メモリmemory項目itemsについて学生student質問Question

飛行教官ガイドまとめ①~④

タイトルとURLをコピーしました