カナダ操縦技量検定「Pilot Proficiency Check」と航空機型式証明「Aircraft Type Ratings」の飛行実技検定概要(前編)

FLIGHT

2017年6月更新の初版航空機型式証明用「飛行実技検定ガイド」(飛行機)を参照して作成しています。

型式証明「Aircraft Type Ratings」の飛行検定ガイドでは、課目の説明に入る前の導入部分というか前置きの部分が非常に大きなボリュームになっています。
そのため、本記事では、検定ガイドの内容を導入部分の「前編と、課目の説明部分の「後編に分けて紹介していきたいと思います。

はじめに

この飛行実技検定ガイドは、操縦技量検定(PPC)の実施と、民間航空局安全審査官(CASI)認定検定パイロット(ACPs)航空機型式証明の実技検定で使用するために作成されたものです。

カナダ運輸省(TC)は、認定検定パイロット(ACPs)に対する認定を発行し、操縦技量検定(PPC)や路線検定に関する実施権限を委託しています。

関係略語一覧

略 語意 味備 考
ACPApproved Check Pilot認定検定パイロット
ADOAssociate Director, Operations運航副課長
AFMAircraft Flight Manual航空機飛行法マニュアル
AOMAircraft Operating Manual航空機運航マニュアル
ATCAir Traffic Control航空交通管制
ATPLAirline Transport Pilot Licence定期運送用操縦士免許
CARsCanadian Aviation Regulationsカナダ航空法
CASICivil Aviation Safety Inspector民間航空安全審査官
CASSCommercial Air Service Standards民間航空業務標準
COMCompany Operations Manual会社運航マニュアル
CPLCommercial Pilot Licence事業用操縦士免許
CRPCruise Relief Pilot巡航支援パイロット
CRMCockpit Resource Managementコックピット
リソースマネジメント
EASAEuropean Aviation Safety Agency欧州航空安全局
ETOPSExtended Twin Engine Operations双発機長距離進出運航
FAAFederal Aviation Administration連邦航空局(米)
FARsFederal Aviation Regulations連邦航空法(米)
FCOMFlight Crew Operations Manual搭乗員運航マニュアル
FOMFlight Operations Manual飛行運航マニュアル
FSTDFlight Simulation Training Device飛行模擬訓練装置
HFMHelicopter Flight Manualヘリ飛行マニュアル
IAPInstrument Approach Procedure計器進入要領
IFRInstrument Flight Rules計器飛行方式
IFTInstrument Flight Test計器飛行検定
MAPMissed Approach Point進入復行点
MMIMissing, Malfunction or Inoperative
(components)
欠品/不具合/不作動品
PICPilot-in-Command機長
PPCPilot Proficiency Check操縦技量検定
RFMRotorcraft Flight Manual回転翼機飛行マニュアル
SCIGSimulator Component Inoperative Guideシミュレーター構成品
不作動ガイド
SICSecond-in-Command第二操縦士
SIDStandard Instrument Procedure標準計器出発
SOPStandard Operating Procedure標準運用要領
STARStandard Terminal Arrival標準飛行場到着
TATCTransportation Appeal Tribunal of Canadaカナダ運輸裁判所
TCCTransport Canada Centreカナダ運輸省センター
TC AIMTransport Canada
Aeronautical Information Manual
カナダ運輸省
航空情報マニュアル
TEMThreat and Error Managementスレットエラー
マネジメント
UASUndesired Aircraft State望ましくない航空機状態

用語の定義

認定検定パイロット(ACP)(タイプA)

認定検定パイロット(ACP)(タイプTypeA)とは、航空法CARsで定める「705運航」についてのみ「操縦技量検定(PPC)」路線line検定checks実施conduct権限を与えられauthorizedた人物のこと。

認定検定パイロット(ACP)(タイプB)

認定検定パイロット(ACP)(タイプTypeB)とは、航空法CARsで定める「705運航」についてのみ路線line検定checks実施conduct権限を与えられauthorizedた人物のこと。

ACPのタイプと権限
認定検定パイロット(ACP)(VFR専門)

認定検定パイロット(ACP)(VFR専門Only)とは、VFR飛行検定checksにおいてのみ「操縦技量検定(PPC)」の実施conduct権限を与えられauthorizedた人物のこと。

上空操縦技量検定

上空Airborne操縦技量検定PPCとは、操縦技量検定(PPC)において、シミュレーターsimulator portionでの実施に引き続conjunctionいて行われる上空airborneでの実施部分portionのこと。シミュレーターsimulator’s認証level of approval再現度fidelityや、訓練trainingプログラムprogramの内容や受検者candidate状態statusなどによって状況が変わってくる。

航空機運航マニュアル (AOM)

航空機Aircraft運航OperatingマニュアルManual(AOM)とは、操縦士pilot運用法operatingに関するマニュアルmanualハンドブックhandbook(POH)、搭乗員flight crew運航operatingマニュアルmanual(FCOM)または運用者によって作製establishedされた搭乗員のflight crewmembers運航operationを支援するための使用法use手引きguidanceのこと。

航空機操縦技量検

航空機操縦技量検Aircraft PPCとは、全ての事項entirely航空機でin an aircraft実施conductedする操縦技量検定(PPC)のこと。

認定検定パイロット(ACP)

認定Approved検定CheckパイロットPilot(ACP)とは、飛行flight検定checks実施conductについて、航空法Aeronautics Act第1部Part14.3項Section4.3(1)に基づいて運輸大臣Minister of Transport公式official認定authorizationを受けた人物person

認定代理人(AP)

認定Authorized代理人Person(AP)とは、型式type証明ratings計器飛行instrument証明ratingsなどの臨時temporary免許内容privileges発行issuingするためpurpose免許手続きLicensingを行う代理人Agentとして認定authorityされたdelegated人物personで、航空Aviation関連書類DocumentブックレットBooklet(ADB)や追加のadditional免許内容privileges記載部分sectionにそれを書き加えsigningたり、指定フォームAdditional Privileges Card(26-0267)に記載certificationを行うことにより、その業務を行う。

カナダ式航空関連書類(CAD)

カナダ式Canadian航空関連Aviation書類Document(CAD)とは、航空法Aeronautics Act第3項subsection(3)に示される、免許証licence許可証permit認定証accreditation証明書certificate航空法Aeronautics Act第1部PartIに基づいて、人物person航空製品aeronautical product飛行場aerodrome施設facility業務serviceなどについて運輸大臣Ministerにより発行issuedされるその他other航空関連文書documentのこと。

証明書

証明書Certificateとは、航空air運航事業者operator証明書certificateのこと。

民間航空安全審査官(CASI)

民間航空安全審査官Civil Aviation Safety Inspector(CASI)とは、カナダ運輸省Transport Canada(TC)の審査官inspectorで、飛行flight検定checksや認定検定パイロット(ACP)のモニターchecks実施conductすることについて訓練trainedされ認定authorizedを受けた人物のこと。

民間航空業務標準(CASS)

民間Commercial航空Air業務Service標準Standards(CASS)とは、航空運航事業者air operatorsにより運用operatedされる民間commercial航空air業務servicesについて適用applyされる、運輸大臣Minister権限authority発行さpublishedれた航空法CARs標準Standardsのこと。

会社検定操縦士マニュアル(TP6533)

会社Company検定Check操縦士PilotマニュアルManual(TP6533)とは、認定Approved検定Check操縦士PilotマニュアルManual先代のPredecessorもの。

会社従業員

会社Company従業員Employeeとは、パートタイムpart time basisフルタイムfull time basis期間契約にcontract on a seasonal basisより雇用employedされた人物personのこと。

実施

実施Conductとは、飛行前pre-flight準備preparationブリーフィングbriefing様々various業務sequences順序control立てや時間配分pace受検者candidate’s技量performance評価assessmentデブリーフィングdebrief受検者candidate’s免許licence認定certificationも含む必要required書類documents処理completionなど、飛行flight検定checkすべてall段階phasesにおいて積極的active役割roleを担って行うこと。

現代式クルーリソースマネジメント(Contemporary CRM)

現代式ContemporaryクルーCrewリソースResourceマネジメントManagementとは、クルーcrewリソースresourceマネジメントmanagement(CRM)に関する現在current表現法expressionであり、コミュニケーションcommunications搭乗員crewコーディネーションcoordination訓練trainingを通じて培うdevelopment技術skillと、スレットthreatエラーerrorマネジメントmanagement(TEM)の考え方concepts適用applyingした運航operationalに関するリスクrisk管理management統合integratesしたものである。

クルーリソースマネジメント(CRM)

クルーCrewリソースResourceマネジメントManagement(CRM)とは、安全safe効率的efficient運航operations実現achieveするために、全ての利用可能available資源resources効果的effective活用utilizationすることである。CRMの目的objectiveは、関連すconcerned搭乗員crew membersたちのコミュニケーションcommunication人的human要素human管理management技術skills高めるenhanceことである。搭乗員crew能力発揮performanceに関する技術的でないnon-technical側面aspects重点Emphasis置かれplaced onている。

逸脱

逸脱Deviationとは、飛行flight検定testの各課目exercise許容tolerance範囲における不精確さvariation in precisionについて定量化quantifiableされた指標measurementのこと。機体aircraft取扱いhandling関するincorporated4点式4-Point技術skill要素element採点Marking方式Scaleにより評価を行う。

エラー

エラーErrorとは、搭乗員flight crew意図intentionsしたり予定expectationsしている事項から違いvariation生じてleads toしまうような行為の実行actionまたは不履行inactionに関して行われる定性評価qualitative assessmentである。技術technical skills知識knowledge要素elementについて4点式4-Point採点Marking方式Scaleにより評価を行う。

飛行検定(Flight Check)

飛行Flight検定Checkとは、このマニュアルmanual内においては「操縦技量検定(PPC)」を指すrefers

飛行検定課目

飛行Flight検定Test課目Exerciseとは、次でfollowing示さlistedれるような運動manoeuvre作業task項目itemのこと。

飛行検定課目の該当事項
  1. カナダCanadian航空法Aviation Regulations(CARs)標準Standards
  2. カナダ運輸省Transport Canada発行情報Publication(TP14727)「操縦士Pilot技量Proficiency検定Check航空機Aircraft型式Type証明Rating飛行Flight検定TestガイドGuide
  3. カナダ運輸省Transport Canada飛行Flight検定Test報告Report操縦Pilot技量Proficiency検定Checkフォームform
飛行模擬訓練装置 (FSTD)

飛行Flight模擬Simulation訓練Training装置Device(FSTD)とは、カナダ運輸省Transport Canada認定approvedフルフライトfull-flightシミュレーターsimulatorまたは、「飛行機Aeroplane及びand回転翼RotorcraftシミュレーターSimulatorマニュアルManual(TP9685)」内で定義definedされ航空法CARsの606.03項で認可certifiedを受けた飛行flight訓練training装置deviceのこと。

IFR関連事項(IFR-Related Sequence)

IFR関連IFR-Related事項Sequenceとは、飛行flight計画planning標準standard計器instrument出発departures(SID)、待機holds標準standard到着terminal arrival経路routes(STARs)、計器instrument進入approaches進入復行missed approachesなどの計器飛行手順に関連する飛行flight検定test項目exerciseのこと。

計器技量検定(IPC)

計器Instrument技量Proficiency検定Check(IPC)とは、計器飛行instrument証明rating発行issuance必要required技量標準standards of performance満足meetsしているという一定の技量proficiencyレベルの維持retention確認confirmするために実施する定期recurringイベントeventアドバイザリーAdvisoryサーキュラーCircular(AC)の401-004を参照Refer

免許発行代理人(Licensing Agents)

免許Licensing発行代理人Agentsについては、「認定Authorized代理人Person(AP)」の項を参照。

路線検定(Line Check)

路線Line検定Checkとは、航空法CARsの第705.106(1)(d)項にしたがって路線line運航訓練indoctrination完了completionの際に実施undertakenされる飛行flight検定checkのこと。

路線検定操縦士(Line Check Pilot)

路線Line検定Check操縦士Pilotとは、運航会社operator’s路線line検定checkプログラムprogramにしたがって路線line検定checks実施conductするために指名appointedされた「705業務」運航者operatorにより、機長pilot-in-commandとして業務を命ぜらemployedれた個人individualのこと。
この路線line検定checksにおいては、双発機長距離進出運航extended twin engine operations(ETOPS)巡航cruise支援reliefパイロットpilot(CRP)RNAV運航operationsに関する事項は含まれないexclude

シミュレータープログラム管理者 (MSP)

シミュレーターSimulatorプログラムProgram管理者Manager(MSP)とは、カナダ運輸省Transport Canada(TC)において、国内NationalシミュレーターSimulator評価EvaluationプログラムProgram(NSEP)管理運営administration全般overall運用operationについて責任responsibleを有する人物personのこと。

欠損/不具合/不作動(MMI)構成品

欠損Missing/不具合Malfunction/不作動Inoperative(MMI)構成品Componentsとは、FAAにおいて定めUnderられた、飛行運manoeuver動や各種手順procedure作業tas完全completionに実施するために正しくcorrectly可動operateすることが求めらrequiredれる飛行Flight模擬Simulator訓練Training装置Device(FSTD)の構成品componentのこと。

非技術的要素 (Non-Technical Skill Elements)

非技術的Non-Technical Skill要素Elementsとは、当マニュアルmanual内の「協調性cooperation」「リーダーシップleadership管理managerial技術skills」「状況situational認識awareness」「意思decision決定making」を参照。4点式4-pointで評価される。

運航者 (Operator)

運航者Operatorとは、航空法CARs第7部PartVII航空air運航者operator資格certificate保有者holder、もしくは航空法CARs第604項Subpart604個人private運航者operator登録書類registration document保有者holderのこと。

飛行業務操縦士 (PF)

飛行業務操縦士PilotFlying(PF)とは、複数のmulti-crew搭乗員cockpitを要する機体aircraftにおいて、現在currentまたは予定projectedする飛行にflight pathついて管理managingする責任responsibleを有するパイロットpilot

機長 (PIC) 

機長Pilot-In-Command(PIC)とは、機内の関係性relationにおいて、飛行中のduring flight time機体aircraft運航operation安全safetyについて責任responsibility権限authorityを有するパイロットpilot

監視業務操縦士 (PM)

監視業務操縦士PilotMonitoring(PM)とは、非操縦業務操縦士pilot-not-flying(PNF)から代わreplacesった用語で、複数の搭乗員multi-crew cockpitを要する機体aircraftにおいて、現在current将来future飛行行動flight path vectorについて監視monitoringする責任をresponsible有するパイロット。

非操縦業務操縦士 (PNF)

非操縦業務操縦士Pilot-Not-Flying(PNF)とは、監視業務操縦士pilot-monitoring(PM)代わったreplaced言葉で、現在は使用されていない。

操縦技量検定 (PPC)

操縦Pilot技量Proficiency検定Check(PPC)とは、航空法CARs標準Standards第7部PartVIIにしたがって行われる適切なappropriate検定計画Schedule基づきaccordance with、「認定approved検定checkパイロットpilot(ACP)」または「民間Civil航空Aviation安全Safety審査官Inspector(CASI)
により実施さconductedれる飛行flight検定checkのこと。

行動計画 (Plan of Action)

行動計画Plan of Actionとは、米国連邦航空局Federal Aviation Administration(FAA)により採用adoptedされた用語Terminologyで、「記述型scriptedPPC」に似ているsimilarが、それよりはもっと形式ではないless formalもの。ACPが単にsole受検者candidat評価すevaluatingるために使用useされる。航空法CARs標準Standard第7部PartVII「PPC計画Schedule」で示される必要な飛行検定課目すべての記載したリストが含まれ、いくつかseveral飛行検定課目required flight test exercisesまとめてgroup実施できるシナリオscenarios含まincludeれる場合もある。

PPC/IFR

PPC/IFRとは、計器飛行方式計器飛行方式(IFR)により実施される「操縦pilot技量proficiency検定check(PPC)」のこと。
計器飛行証明の最初initial発行issuance含むincludingいくつかvarious要件requirementを満足するとみなされdeemedる。

PPC/VFR

PPC/VFRとは、有視界飛行方式(VFR)により実施される「操縦pilot技量proficiency検定check(PPC)」のこと。VFR運航operationsのみonly要件requirementを満足するとみなされdeemedる。

有資格者 (Qualified Person)

有資格者Qualified Personとはシミュレーターsimulatorを使用した「操縦pilot技量proficiency検定check(PPC)の実施conductedに際して、次のいずれかの事項に該当する人物のこと。

有資格者の条件
  1. 他のthe other受検者candidate受検すchecked on機体aircraft同型式same typeでの有効validなPPCまたは外国foreignにおける同等equivalentの資格を有すholds操縦士pilot
  2. その型式type航空機aircraftにおける飛行flight検定check推薦されrecommended人物person
  3. 受検者candidate受検すchecked onる機体と同型式same type資格qualifiedを有する訓練training操縦士pilotで、運航者operatorにもPPC受検者candidateにもboth受け入れacceptableられる人物person
安全操縦士 (Safety Pilot)

安全Safety操縦士Pilotとは、運航に複数名multi-crewを要する航空機の場合caseに、受検者candidate受検checkedするものと同型式same typeでの有効valid操縦技量検定(PPC)を保有holdsする操縦士pilotまたは訓練training操縦士pilotのこと。

記述型PPC

記述型Scripted PPCとは、シミュレーターで操縦技量検定(PPC)が実施されている間に受検者に与えられるイベントを管理する文書のこと。この記載script事項は、航空法CARs第7部PartVII「PPC計画Schedule」により定められたすべてall飛行flight検定test課目exercises必須事項mandatory実施executionするための詳細detailed計画plan含まprovidesれる。航空管制官Air Traffic Control(ATC)との通信communicationsシミュレーターsimulator装置device指示instructionsなどの追加Additional情報informationは適宜与えられprovidedる。

第二操縦士 (SIC)

第二操縦士Second-In-Command(SIC)とは、機長pilot-in-command(PIC)に資格を受けcertificated航空機aircraft型式typeにおいて報告をreports to行う、または2人以上more than one操縦士pilot要すrequiring運航operationsにおいて乗務する操縦士のこと。「ファーストfirstオフィサーofficer(F/O)」と類義語である。

シミュレーター構成品不作動ガイド (SCIG)

シミュレーターSimulator構成品Component不作動InoperativeガイドGuide(SCIG)とは、カナダ運輸省Transport Canada(TC)により最初initialシミュレーターsimulator認証approval要件requirementsクリアreliefするために与えられprovidingガイドguideのこと。

シミュレーター PPC

シミュレーターSimulatorPPCとは、フルフライトfull-flightシミュレーターsimulatorを使って行われconductedるPPCのこと。

特別認証 (Special Authorization)

特別認証Special Authorizationとは、運用operationsマニュアルmanualに示される航空air運航者operator資格certificate(AOC)に関連すassociated認証authorizations状態conditions制限limitationsのこと。運用仕様operations specification(Ops Spec)の代わっreplacesて使用される用語term

標準運用要領(SOPs)

標準Standard運用Operating要領Procedure(s)(SOPs)とは、航空機aircraft飛行flightマニュアルaircraft(AFM)、航空機aircraft運用operatingマニュアルmanual(AOM)、会社company運用operationsマニュアルmanual(COM)などで定めspecifiedられた制限内でwithin the limitations搭乗員crewmembers機体aircraftを運航できるenablingように運用者operator設定establishedする要領proceduresのこと。

TCE/ACP

TCE/ACPとは、FAA142項Part 142による「訓練trainingセンターcenter評価者evaluator(TCE)」の資格qualification経験experienceに基づいて認定qualificationを受けた認定検定パイロット(ACP)のこと。

技術的要素 (Technical Skill Elements)

技術的要素Technical Skill Elementsは、当マニュアルmanual内の「航空機aircraft取扱いhandling」と「技術とtechnical skills知識knowledge」を参照。4点式4-pointで評価される。

スレットエラーマネジメント (TEM)

スレットThreatエラーErrorマネジメントManagement(TEM)とは、「防衛defensive飛行flying」の考えconsidered方で、無視ignoredしたり放置したleft unattendedりすると、望ましくないundesired航空機aircraft状態state(UAS)に陥り、場合によっては事故accident.つながるlead to可能性のあるような問題problems認識recognizeし、回避avoidするための技術skills行動behaviourパイロットpilot提供equipsするもの。スレットthreatsエラーerrors高度altitude逸脱deviationなどの望ましくないundesired航空機aircraft状態states(UAS)がパイロットpilots安全safety維持maintainするために管理manageしなければならない日常的everyday実施事項occurrencesであることを示しproposesており、現代のcontemporaryCRMの中心centralと考えられる。

訓練操縦士 (Training Pilot)

訓練Training操縦士Pilotとは、航空法CARs標準Standard第7部PartVIIに定める要件requirements満足meetsしたパイロットpilot

カナダ運輸裁判所 (TATC)

カナダ運輸裁判所Transportation Appeal Tribunal of Canada(TATC)とは、カナダ運輸控訴裁判所法Transportation Appeal Tribunal of Canada Act.に基づき2003年に設立establishedされた準司法quasi-judicial機関bodyのこと。1986年に航空法eronautics Act第4部PartIVに基づき設立establishedされた民間航空法廷Civil Aviation Tribunalから代わったreplaced

望ましくない航空機状態 (UAS)

望ましくないUndesired航空機Aircraft状態State(UAS)とは、搭乗員flight crewによるエラーerror遺漏omissionで生じ、明らかclearly安全safetyマージンmargins減少reducesさせることになる航空機aircraft位置position速度speed姿attitude形態configurationのこと。

PPCのねらい

「操縦技量検定PPC」実施の目的
  • 受検者candidateが、航空機aircraft各種システムits systemsやその構成品components通常normal時や異常abnormal時、緊急emergency時でも、必要に応じて安定stabilizedした進入approachなど航空air運航者operator’s承認approvedするSOPにしたがって安全safe適切competent運用operateすることができるような知識knowledge技量skill要件requirements満足meetsしていることを確認determineすること。
  • また、古くなったout-of-date弱点weakがあったり良くないcommonly-unsuccessful飛行flight検定test課目exercises方針policie、SOPなどの要領proceduresに関して、運航者operator訓練機関training organizationへのフィードバックfeedback通じthrough指導instruction訓練training標準standards改善improveしていくこと。

PPCにおける評価方法

  • このガイドは、次の内容exercisesに対して適用されるcomprises
当ガイドの対象範囲
  • PPC最初initial発行issuanceまたは更新renewal
  • 計器飛行証明instrument rating最初initial発行issuance
  • 航空機型式証明aircraft type rating免許licenceへの付加addition
  • 各課目Each exerciseには目的aim概要description合格基準performance criteriaがあり、認定検定パイロット(ACP)がそれぞれ評価assessを行う。
各科目の目的aim/概要description/合格基準performance criteria

目的aim受検者candidate達成しなmust accomplishければならない事項が示される。
概要descriptionカナダ航空法Canadian Aviation Regulations第7部PartVIIで定める適切なappropriatePPC計画schedulesにしたがって行われる課目exercise実施performに関する条件conditions示されoutlinesる。
合格基準performance criteria受検者candidate示すdemonstrate受容可能acceptable成果標準standards of performance示されoutlineる。

  • これらの合格基準criteriaは、航空機aeroplane運航operation製造社がmanufacturer’s示す事項specifications、POH/AFMやその他other認証approvedデータdataに示される推奨速度recommended speeds形態configurationsしたがってaccordance with行われることを想定assumeしている。
  • ACPは、可能な限りwhenever possible平易normal条件conditions飛行flight検定checks行いconduct天候weather他機trafficその他other受検者candidate制御の及ばないbeyond the control状況situationsにより、公示さpublishedれた許可基準criteriaから回避できunavoidableない逸脱deviationsを生ずるような場合には考慮をconsideration行う。
    ACPは、特定specific課目exercise関連relatedするチェックリストchecklist受検者candidate適切appropriate実施useすることについて評価evaluateを行う。
    課目exercise実施中accomplishingチェックリストchecklist使用useすることが不安全unsafeまたは不適切impractical考えらdeemsれる場合には、受検者candidate状況elements完了completeafterチェックリストchecklistを用いて確認reviewを行う。

PPCの手続き – 初期実施時と更新時

PPC受検資格

受検資格の確認

PPCの開始admittedにあたり、ACP受検者candidate’s受検資格eligibility確認ascertainすること。これには、必要required書類のdocumentation確認review受検者candidate’sがPPCを実施すundertakeるに際しての準備状readinessに関する一般的generalized評価assessment含まl includeれる。

写真識別Photo Identification
  • 有効valid航空Aviation関連書類DocumentブックレットBooklet(ADB) または
  • 有効valid政府発行government-issued署名signature入り識別写真photo identification原本original
操縦免許証Pilot Licenceand航空身体適性Medical Certificate
  • 有効validカテゴリーcategory1航空身体適性medical-certificationのある有効valid航空Aviation関連書類DocumentブックレットBooklet(ADB) または
  • ADBが使用できないnot-available場合は、様式26-0265の「臨時免許Temporary Licence」と様式26-0055の「臨時Temporary航空身体適性Medical Certificate」の作成produce必要required
訓練ファイルTraining Files

受検者candidates訓練trainingファイルfile簡単quick確認reviewすることが求めらrequiredれる。
ACPは、明らかobvious不足omissions事項がないかを探すlook forこと。
この確認は、PPCへの推薦書のrecommendation確認reviewing併せてconjunction実施doneする。

PPCへの推薦書Recommendation
  • 必要なrequiredすべてall地上ground訓練training試験examinations飛行flight訓練training会社のcompany’s承認approvedされた訓練trainingプログラムprogramしたがってaccordance with完了completedしたことを証明すcertifying推薦書recommendation
  • ただし、必要required地上ground訓練trainingのうち、次は含まれないnot include
必要な地上訓練に含まれない事項
  1. 地表面汚染surface contamination(季節的seasonal)
  2. 危険物dangerous goods
  3. 高々度教育high altitude indoctrination(HAI)
  4. サバイバルsurvival
  5. 機体aircraftサービシングservicingandハンドリングhandling
  6. 初等elementary作業work
  • 推薦書recommendationは、飛行Flight検定Check30日以内within 30 days主任chiefパイロットpilotもしくはその委任者delegateより署名signedが行われていること。
  • 署名signedを受けてから30日以上beyond 30 days経過した推薦書recommendationは、次の事項を示すことで主任chiefパイロットpilotにより修正amendedを受けることができる。
30日を超えた場合の推薦書の追記内容
  1. 飛行flight検定checkに関する技量competency受検者candidate’s合格水準successに達していることを確実ensureにするため、追加訓練additional training検討されconsideredたということ。
  2. 受検者candidate引き続きstill飛行flight検定check合格できるsuccessfully complete水準にあるということ。
追加要件Additional Requirements
  • 新しnew型式証明type ratingのための臨時temporary免許privileges最初initial計器飛行instrument証明rating必要soughtな場合に、様式form26-0083の「追加資格申請用紙Application for Endorsement of a Rating」をINRATIATRASARON / SAMRAのような必要な知識knowledge要件と飛行時間experience要件requirements満足meetingしていることの証明proofと、資格qualifiedのある人物personによる推薦書recommendation fromともに提出completedすること。
  • 審査reviewの結果、ACPは申請書application申請者applicant返却returnする。
    ACPは、PPCが無事successful完了completionし、申請者applicantすべての免許licensing取得要件requirements満足metしている場合にのみ、正式formally申請application受け入acceptれる。
心身状態Mental and Physicalの準備Readiness
  • ACPは、受検者candidate飛行Flight検定Checkに際し心身ともにmentally and physically準備ready状態にあると合理的reasonably確証confidentを得ること。
  • 飛行Flight検定Checkを実施することへの同意agreeingをもって、受検者candidateは検定実施に適合fitしているとみなされdeclaredる。
使用できないUnavailable文書類Documentation
  • 会社company要領procedures設定establishedされており、カナダ運輸省Transport Canada (TC) により認定acceptedされている場合を除きExcept免許証licensing訓練training関連文書documentsがないnot presented無効not validである、会社company受検者candidateのための関連relevant訓練training運航者operator’s認定approved訓練trainingプログラムprogram定めらspecifiedれたとおり行っていないfailed to provideという場合には、飛行Flight検定Check実施conductedされない
海外broad実施ConductedされたPPC使用できないUnavailable訓練Training関連文書Documentationについて
  • 代え難い理由impracticalityにより訓練training関連文書documentation使用できないnot available場合には、受検candidate者は主任ChiefパイロットPilotまたはその委任者delegateにより署名signedされ、PPCのための関連relevant訓練training完了completedした旨を証明certifyingする推薦書recommending提示provideすること。
  • 関連Relevant訓練trainingとは、初回initialまたは更新recurrent時の適切appropriate型式type運航operation訓練trainingで、地上ground訓練training試験examinations飛行flight訓練trainingを含む。

航空機/シミュレーター/装備品の要件

シミュレーターを使用したPPC

シミュレーターを使用したPPC
シミュレーター要件Simulator Requirements

別に示されない限り、検定に使用するシミュレーターは次の条件を満足すること。

シミュレーター要件
  1. 飛行機Aeroplane及びand回転翼RotorcraftシミュレーターSimulatorマニュアルManual」の要件requirements合致meetしていること
  2. 航空法CARsの第606.03項「統合Synthetic飛行Flight訓練Training機器Equipment」にしたがaccordance withって認証certifiedされていること
  3. 着陸landに向けた1回進入approach操縦manoeuvre模擬demonstrationさせるpermitために、会社company運用operationsマニュアルmanualやSOPにしたがっin accordance with周回circling進入approache実施conductできるauthorized視覚的描写visual sceneryができること
  4. PPCの実施during中に使用usedされる視覚visual描写scenesについて、認定qualificationシーンscenes承認approvedされたカスタムcustomシーンscenes使用useのみonly許可permittedされ、汎用genericシーンscenesの使用は許可されないnot permitted
天候WeatherシミュレーションSimulation

必要required進入approachesのために気象weather状態conditions模擬Simulatedする場合は、該当applicableアプローチapproachチャートcharts示されspecified最低minimum気象weather条件criteriaもしくはその付近close設定setすること。

無線通信Communications

シミュレーターsimulator装置equipmentには、ACPと明確clearに通信communicationするpermitsための適切suitable双方向two-way機内intercom交話用音声voice通信装置communicationが必要で、飛行flight検定checkduring使用すべきである。

ATCATCロールRoleプレイPlaying
  • ACPが管制官の役割を行うrole playing場合、時折on occasion注意散漫distractive無線通信communicationsを含むなどして無線通信communications現実的realism実施provideすること。
  • コックピットcockpitwithinで発生した事態Actions状況eventsは、無線通信communicatedで知らされるまでは不明unknownであると想定assumedすること。
ACPの実施事項
  1. 標準standardのATC用語phraseology使用usingし、明瞭clearかつ明確unambiguousな管制許可clearances指示instructions与えprovideる。
  2. 通常normally利用可能availableなATC支援assistance提供deliverする。
  3. 搭乗員crewエラーerrors防止prevent意図intendedとした非現実的unrealisticなATC支援assistance避けavoid
訓練装置Deviceの操作Operation
  1. 飛行flight模擬simulation訓練training装置device操作operatingする人物personは、ACPにより示さspecifiedれたプロファイルprofileイベントeventsシーケンスsequencingにしたがって飛行flight検定check確実ensure実施executionするため、当該機器equipmentに関して十分sufficient訓練training経験experienceがあり、機器device証明書certificate保有者holderにより求めrequiredられる資格qualificationsを保有している必要がある。
  2. ACPが十分な訓練training経験experience有しpossessていない、必要necessary資格qualificationを保有していない、または飛行flight検定checkduring機器device操作operate適当でないnot wish場合には、別のAnother有資格者qualified person機器equipment操作operateを行う。
  3. 機器device操作operatorする人物がACPでないother than場合には、飛行flightプロファイルprofile飛行flight検定checkイベントeventsシーケンスsequencing、および許可clearances与えらdeliveredれる前にprior to説明briefedを受けておくこと。
    機器device操作operatorする人物の支援assistanceを得ても、ACPがその計画planを確実に順守ensureする責任をresponsibilities軽減relieveするわけではないため、ACPは、機器device操作operatorする人物に対して一定constant警戒vigilance維持maintainしておく必要がある。
位置移動Repositioningand位置固定Position Freeze
  • 現実性realism確保ensureするため、ACPは可能な限りas much as possibleリアルrealタイムtimeでPPCを実施conductすること。
  • 位置position固定freeze位置移動repositioningの使用は、ACPの最善best判断judgment控えめsparingly使用usedすること。
使用可能Available文書類documentation

検定check過程course参照referする必要needが生じた場合に備え、航空機aircraft運用operatingマニュアルmanuals(AOM)最小minimum機器equipmentリストlists(MEL)などの承認さApprovedれた文書documents飛行flight検定check受検者candidate(s)利用できavailableようにしてmadeおくこと。

受検者Candidate座席Seat指定Assignment

受検者candidateは、各責務duty position対応しassociated with操縦士席pilot seat使用occupyする。

ACPACP座席Seat指定Assignment
  1. シミュレーターsimulatorでPPCを実施conductedする場合には、ACP搭乗員crewmemberとして参加せparticipateず、予備席observer’s seat使用occupyすること。
  2. シミュレーターSimulatorsには、floor固定securedされ、各審査者observer用に確実positive拘束restraint装置devices取りfitted付けられた、搭乗員flight crew審査observingするのに適しsuitable承認approved座席seatがあること。
    座席seatは、既知knownまたは予測predictedされるモーションmotionシステムsystem作動excursionduringでも、使用者occupant安全safely拘束restrainできるような構造になっていること。
シミュレーターSimulator使用不可Unserviceabilities
  1. シミュレーターsimulator使用不能unserviceabilitiesもしくは欠陥defectsを示した場合、ACPはその機器device関連associatedしたカナダ運輸省Transport Canada発行の「認定approvedシミュレーターSimulator構成品Component不作動InoperativeガイドGuide」(SCIG)を参照referし、PPCが続行proceed可能かを判断determineする。
  2. FAAに承認approvedされたシミュレーターsimulatorsでは、欠損Missing /不具合Malfunction /不作動Inoperative」(MMI)リストlist記載documentedされている使用不能unserviceabilities項目を利用しavailable to help、PPCが続行proceed可能かを判断determineできる。
  3. カナダ運輸省Transport CanadaSCIGまたはFAAのMMIのいずれかに記載documentedされている情報information関係なRegardlessく、ACPはシミュレーターsimulator使用できないunserviceability項目が、受検者の検定内容proficiency妨げないimpedeことを確認be satisfiedすること。
想定のSimulatedシステムSystem故障Failures
  1. システムSystem故障failures実用的practicalかつ合理的reasonableであること。 
    複数Multiple故障ailures関連性relatedを持ちエンジン駆動engine-driven油圧hydraulicポンプpump故障failsエンジンengine’s故障failure結果resultとして発生するような、最初initialに生じた故障failure受験者candidate’sがとった行動actions結果resultとして次のcascade不具合が発生するように設定すること。
    複数Multiple無関係unrelated複合的compound不具合failures実施providedしないこと。
  2. 出発前prior to dispatch判明しassessed先送りdeferredにされた想定simulatedシステムsystem故障failureで、機体aircraft飛行flight特性characteristics影響をno impact与えないようなものは、PPCの間中ずっとwholeもしくは検定の一部in partの間throughout残っpresentたままにしておくことは可能であるが、その後subsequent想定simulatedするシステムsystem故障failureとは無関係unrelatedのもの見なされdeemedる。
    例えば、飛行flight管理management誘導guidance計算機computer(FMGC)のうち1つone使用できunserviceableない状態で機体の使用を開始dispatchした場合に、2つ目secondのFMGCが上空inflight故障failureした場合など。
飛行Flight検定CheckデータData(画面Screen印刷Printout)
  1. 印字plotting装置device(画面screen印刷printout)の使用は、飛行flight検定test課目exercise内容が標準standard達してnot performedいないような場合に有効beneficialである。
    データdataはACPが保存retainedし、飛行flight検定check後のデブリーフィングdebrief中にduring受検者candidate提示presentedすること。
  2. 印刷物printoutコピーcopyは、ACPが保有retainedしておく様式form26-0249「操縦士Pilot技量Proficiency検定Check飛行Flight検定Test報告Reportフォームに添付attachしておくのが一般的common practiceである。
    この情報informationは、カナダ運輸裁判所Transportation Appeals Tribunal of Canada(TATC)へ控訴appeal提出submittedされた場合に有益usefulとなる。

実機を使用したPPC

実機を使用したPPC
  • 状況によりUnder certain conditions、PPCも路線line検定checks実機aircraftにて実施conductedする。
    路線line検定checks旅客便revenue event実施conductedされることができるが、PPCは不可may notである。
安全Safety
  • 実機aircraft飛行flight検定checks実施conductedする場合には、安全Safetyが何よりも優先prioritizedされる。飛行機aircraftでの検定check開始commenceする決心determineは、ACPが次の状況により判断decisionする。
ACPによる実機での検定開始判断条件
  1. 検定Flight Check中に危険hazardous運航operation回避avoidできるのに十分sufficient天候条件weather conditionsであること
  2. 機体aircraft耐空性airworthyを有していること
  3. 航空法CARs定めrequired受検者candidate’s航空関連書類documents有効validであること
  • ACPが乗務員flying crewmemberとして搭乗しparticipatingておらず、ジャンプjumpシートseat着席occupyingしている場合でも乗客とpassengersしては扱われない
    常時all times潜在的potential危険性hazards注意alert向けremain飛行安全safety of the flight適切appropriately維持maintainする責務duty負うhave
    危険とは言non-hazardousえないような潜在的potentially違反violation回避avoidするためであっても、適切appropriately割り込interveneんで指導を行うことはできる。
航空機Aircraftの要件Requirements
  • 別にotherwise示さnotedない限りExcept飛行flight検定checks使用usedする機体aircraftは、次のfollowing条件を満足satisfyすること。
機体の使用条件
  • 航空法CARs507項にしたがaccordance withった有効valid最新currentカナダCanadianまたは外国foreign飛行Flight権限Authorityで、飛行flight検定check求めらrequiredれる飛行manoeuvres内容performance影響prohibitするような運用operating上の制限limitationsのないもの有しpossessていること。
  • 航空法CARs第605.06項航空機Aircraft装備Equipment基準Standards使用可能Serviceability性」で定める要件requirements満足meetし、すべての求めrequiredられる機器equipment使用可能serviceable整備maintenance要件requirements最新currentであること。
  • 航空法CARs第602.07項航空機Aircraft運用Operating制限Limitationsで定められる要件requirementsを満足し、機体構造airframeエンジンengine制限limitations認定approvedされたPOH/AFM/RFMやその補足版supplementsで示される制限と、日中Day /夜間Night / VFR / IFRのような認定approvedされた飛行flight運用operating制限limitationswithin運用operatedされること。
操縦系統Flight Controlsの使用条件

飛行flight検定checksに使用するすべてAll機体aircraftは、完全fully機能するfunctioning2系統の操縦装置dual-control装備equippedし、満足satisfactoryできる適切appropriate音声コミュニケーションaudio and verbal communication手段means装備provideしていること。

受検者Candidate座席Seat指定Assignment
  • PPCにおいて飛行業務操縦士pilot flying(PF)の業務を実施する間、受検者candidate各責務duty position対応しassociated with操縦士席pilot seat使用occupyする。
ACPACP座席Seat指定Assignment
PPCの場合のACP座席指定
  • 1名の操縦士single-pilot運航operationができる機体aircraftでは、全飛行で2名の操縦士two-person crewが必要と運航operatorマニュアル(OM)で示されindicatedている場合を除きexcept、ACPは第2操縦士second-in-commandseat着席occupyする。
  • 最小minimum2名で運航operationsする機体aircraftでは、ACPはジャンプjumpシートseat着席occupyする。
  • 航空機aircraft型式type運航者operator’sにより運航マニュアル(OM)により2名two操縦士pilots必要requiresジャンプjumpシートseatを装備していない場合は、ACPは離着陸時landing and take-offにはコックピットcockpit最もnearest近い客席passenger seat着席occupyする。
    安全safety問題permittingなければ、検定を審査するためにACPは2名two操縦士pilot seatsの間between着席positionする。これが好ましpracticalくなければ、安全safety操縦士pilotとして操縦席pilot position着席occupyする。
路線検定Line Checkの場合のACP座席指定
  • 路線line検定checks実施conductingする場合には、ACPは搭乗員席crew positionもしくはジャンプjumpシートseatいずれeitherかに着席occupyする。
  • 搭乗席crew positionsから路線line検定check審査conductingする場合は、ACPは着席するpositionに与えられる責務duties最大best行うcarry outこと。
    エラーerrors意図的purposely誘因introducedするような行為は行わないこと。
  • 安全safety操縦士pilot路線line検定checにおいては不要not requiredである。
安全操縦士Safety Pilot
  • 飛行安全safety of flight法的legal理由purposesにより、PPCを実施中には片側のone of the操縦席pilot seatsには安全safety操縦士pilot指定designatedすること。運航者operatorが通常ACPが受容acceptableできる安全safety操縦士pilot指定designateする。
  • 飛行flightに先立って、安全safety操縦士pilotはACPによりそのtheir役割role責務dutiesについて次の内容含むincludeブリーフィングbriefedを受けること。
安全操縦士がACから飛行前に受けるブリーフィング内容
  • 次の事項について明確にspecifyする安全確認safe checking実施practices
安全上確認が必要な事項
  1. 機体aircraft操縦control移譲transfer
  2. 連続離着陸touch-and-go要領procedures
  3. エンジンengine想定simulating不作動inoperative要領procedures
  4. 想定simulated異常abnormal及び緊急emergency手順procedures
  5. 実際actual緊急事態emergencyへの対応response
  6. 機体type特有particularその他のany other要素element
  • 物理的physical介入intervention潜在的potential必要need
  • 支援supporting搭乗員crewmember責務duties
  • 次に示す安全safety操縦士pilot担うoccupyingACPが満足すべき条件
安全操縦士を担うACPの責務
  • 型式証明type rated保有
  • 機体aircrafについて慣熟currentしていること
  • 会社company運用operations方針したがっwith respect to訓練trainedされ出来るcompetentこと
  • 会社company訓練training操縦士pilotとして役割を果たすactよう訓練trainedされ出来るcompetentこと

搭乗員コンセプト

PPCの搭乗員による危険性

PPCの搭乗員による危険性Flight Crew Jeopardy – PPC
  1. 一般的にGenerally speakingチームteamとして合格succeeds不合格fails連動togetherする。
  2. 機長pilot-in-command副操縦士second-in-commandのように、2名two受検者candidates通常normal運航operational搭乗員crew配置setting評価assessedを受ける場合、両者both評価assessmentsにおいて均等にequally危険jeopardyに晒されることになる。
  3. 次に示すのは、搭乗員Flight Crewによる危険性Jeopardy例外Exceptionsである。
PF誘因InducedエラーErrors
  1. 監視業務操縦士pilot monitoring(PM)に対し操縦control取ってtakeもらうexpect、もしくはエラーerror対処actionしてtakeもらうということが合理的でunreasonableない場合には、操縦業務操縦Pilot flying士(PF)がエラーerrors誘因inducedしたことになる。
  2. 離陸take-off時のエンジンengine故障failure中の操縦損失loss of controlなどにおいてPMの対処supportやコールが適切appropriateである場合には、PFが誘引inducedしたエラーerrors受検者両名both candidatesではなくPFに割り当てassignedられる。
座席交替Seat Substitute

PPCを実施supportする上で座席seat交替substitute行わassignedれる場合には、個人individual搭乗員flight crew危険性jeopardy適用applyされない。

監視業務操縦士(PM)の責務

監視業務操縦士Pilot-Monitoring(PM)の責務Duties
  1. 各搭乗員each crew配置position関連associateした手順procedures厳格strictしたがうadherenceことは重要essentialである。
    PFとPMの間の責務duties適切proper分配division確認checkするためには、通常normal時、異常abnormal時の手順proceduresを実施する際によく観察observationをする必要requiresがある。
  2. PMがAOMや各社companyのSOP詳細detailedが示された要領を遵守complianceしてPM要務dutiesを実施していることをACPは確認ensureする。
  3. 通常Normally、PM要務duties中に生じるエラーerrorは、FMSやRNAVの入力操作programmingチェックリストchecklist手順procedures各社companyのSOPで規定specifiedされた一般的generalコックピットcockpit業務duties中でduring生じやすい。
  4. 各操縦士Each pilotは、通常normal/異常abnormal時の手順proceduresの実施を含めincluding機体aircraftに関する知識knowledge各社companyのSOPへの遵守complianceをPM要務duties十分sufficientに果たしていることを示すdemonstrateこと。
    2名two機長Captains資格者または2名two第2操縦士F/Os資格者という、通常normallyとは異なるPPC特有の座席配置seat positionでの状況であっても、PM要務dutiesを十分に果たせるように努めること。
    こうした状況situationでは、PPCの受検に先立ってbefore普段使用occupyしない座席seatでのPM要務を十分に訓練trainingしておくreceiveこと。

操縦士の単独/複数の複合PPC

操縦士の単独/複数の複合PPCCombined Single-Pilot And Multi-Crew PPCs

運航者operatorsによっては、同一same機種aircraftでも複数名multi-crew運用と1名運用single crew両方bothを出来るようにしている場合がある。
こうした状況conditionsでは、運航者operators第2操縦士second-in-commandなしwithoutでの最小minimum人数crew運航operateできる特別special認定authorizationを行う。
運用要件Operating requirementsについては、航空法CARs第703.86項と第7部PartVIIでの標準Standardにて示さoutlinedれる。

こうした状況下で運航する操縦士Pilotsは、PPCにおいて複数名multi-crew運用と1名運用single-pilot両方bothに関して技量proficiencies示すdemonstrateこと。
複数名multi-crew運用では、操縦士these pilots航空法CARs第7部PartVII「PPC計画Schedule」の全体entirelyについて適切appropriateしたがfollowう。
1名運用single-pilotの際は、次に示す追加additional飛行flight検定test課目exercisesについて他のother搭乗員crew member支援assistanceを受けることなくwithout実施carry outすること。

単独パイロットSingle-PilotでのIFR
  1. 飛行場airport標高elevation200ft以下before reaching 200 feet高度でIFR状態と想定simulatedするAFM/HFMにしたがっaccordance with通常離陸normal take off
  2. 多発機multi-engine aircraftでは、航空法CARs第7部PartVII標準Standard「PPC計画Schedule」にしたがった離陸後after take-off模擬simulatedエンジンengine故障failure
  3. CAPもしくは海外foreign同等equivalent刊行物publication示されpublished制限limits手順proceduresしたがっaccordance with行うperformed1one計器instrument進入approach
  4. 多発機multi-engine aircraftでは、1one着陸landing及び使用可能availableエンジンenginesの50%の想定simulated故障failureを伴った着陸landingに向けた飛行manoeuvring
単独パイロットSingle-PilotでのVFR
  1. AFM/HFMにしたがっaccordance withて行う通常離陸normal take off
  2. 航空法標準Standard第7部PartVIIのPPC計画Scheduleによる離陸後after take-off模擬simulatedエンジンengine故障failure
  3. AFM/HFMにしたがっaccordance with行うperformed1one不具合malfunction対処
  4. 1one着陸landing模擬simulatedエンジンengine故障failure時の着陸landingに向けた飛行manoeuvring
単独パイロット適用
IFR飛行機のみ
VFR飛行機とヘリコプター

IFR/VFRともに、上記aboveの課目は複合combinedに実施することも

ACPは、航空法CARs第7部PartVII「PPC計画Schedule」に示さlistedれる複数名multi-crew運用機では必要assignmentのないその他other項目exerciseについて実施demonstrateするよう指示askする場合がある。

上空での飛行技量検定(Airborne PPC)

704運航におけるPPCがレベルlevelAまたはBの初等initial訓練trainingプログラムに引き続き実施conductedされる場合、次に示す飛行flight検定checkingは、統合synthetic飛行flight訓練training装置deviceで実施したPPCのafter30日以内withinに実施することが求められる。これは、訓練trainingプログラムprogramの中で、当該型式type機における飛行flight訓練training要件requirements同時concurrently実施performedしてもよい。

飛行検定は、次の事項について実施すること。

上空でのAirborne飛行技量検定PPCで実施する事項
  1. 機内外の飛行前点検interior and exterior aeroplane pre-flight checks
  2. 機長としてpilots-in-command地上groundでの取扱いhandling
  3. 通常離陸normal take-off可能possibleであれば目視visualでの場周circuit経路を使用、着陸landing
  4. 模擬simulatedエンジンengine故障inoperativeでの進入approach着陸landing
  5. 安全高度safe altitudeかつV2+10kt以上の速度no less than V2 + 10 airspeed実施conductedする離陸take-off中の模擬simulatedエンジンengine故障failure手順procedures進入復行missed approach
  6. 電気的electronicグライドglideスロープslopeの利用できない進入approach着陸landing
  7. 統合synthetic訓練training装置device模擬simulatedできない場合には、周回circling進入approach

PPCの再検定項目

  • 一般にIn general飛行flight検定test課目exercise1回onceだけ実施performedされ、評価assessed1回onceだけ行われる。
    次にfollowing示す項目は、再実施repeatedまたは再評価reassessedが実施され得る飛行flight検定test課目exerciseである。
  • すべての場合casesにおいて、飛行flight検定test課目exercise再実施repeated状況的circumstances妥当warrantであるかどうかについてはACPが判断determineする。
安全配慮Safety Concern (実機)

性能performance飛行flight検定check項目item評価assessment脅かすprecludeような安全safetyに関する懸念concernACP受検者candidateその他another搭乗員flight crew member誰が提示raisedしてもよい

航空管制指示ATC Instruction (実機)

IFRに関する課目profiles実施simulating中にVFRの制限restrictionsを与えられるなど、管制ATC指示instructionsにより飛行flight検定check課目item実施がaccomplishment困難not facilitateなる場合がある。

要求の誤解Misunderstood Request (実機orSIM)

受検者candidatesが、ACPによる運動manoeuvre実施performに関する要求request理解understandしていない場合があるlegitimate instances

ACPの注意散漫Distraction (実機orSIM)

ACPが注意散漫distractedとなり、飛行flight検定check課目item内容performance適切にadequately審査observedされなかった状態conditionのこと。

シミュレーターSimulatorまたはor機体Aircraft不具合Malfunction (実機orSIM)

シミュレーターsimulator航空機aircraft不具合malfunctionにより、飛行flight検定check課目item内容performance適切にadequately審査observedされなかった状態conditionのこと。

能力発揮エラーPerformance Error (実機orSIM)

受検者candidate次に示すfollowing全ての項目を満たす場合、飛行flight検定test課目exercis不合格unsuccessfulについて最大maximum1回one再実施repeatをACPにより許可allowされることがある。

検定課目の再実施条件
  1. 他のother課目sequence2点two」「1点one」の評価ratedがなされていないこと。
  2. ACPが、個人individualエラーerror繰り返しrepeatingリスクriskがそれほど重要なinsignificantものではない感ずfeelsる場合。
  3. シミュレーターsimulatorの場合、エラーerrorにより墜落crash至らresult inないこと。
    実機aircraftの場合、続行continue許可allowedされたときに機体制御control of the aircraft喪失lossを引き起こさないこと。
  4. ACPの意見opinionとして、飛行flight検定test課目exercise再訓練re-training有益beneficialでないと考えられる場合。
  5. 規則regulation違反violatedがあった場合、意図的no intentなものでないこと。
再検定の適用要件

ACPは、他のno other飛行flight検定test課目exercisesが「2点two」または「1点one」で評価ratedされないことを確認ascertainするため、エラーerrorに関してコメントcommentingを行うことなくWithout受検者candidate飛行flight検定checkを全て完了finishさせallowなくてはならない。
路線line検定checkDuringは、再実施可能repeatable課目exerciseについては飛行flight中または一連のseries of飛行flights中できるpracticable限りすぐに完了completedさせること。
飛行flight検定test課目exercise再実施repeat考慮consideringする場合、ACPは受検者candidateに対してエラーerrorが何であるかを示すspecifyingことなくwithout、「1点one」で採点assignedされた課目内容performanceについての説明describe求めるask
受検者candidate’sによる説明explanation飛行flight検定test課目exerciseについて十分satisfactory知識knowledgeを持ち、発生しoccurredエラーerror認識admissionしていindicatesる場合には、ACPは受検者candidate課目exercise再実施repeat機会opportunity与えるofferことが出来る
時間time制約constraintsその他other理由reasonsにより課目sequence再実施repeatできないnot possible場合には、ACPは元のoriginal1点one」の採点を適用applyする。


4点制の評価

4点制4-Markingの評価方式Scaleは、飛行flight検定checksについて受検者candidate’s課目内容performance文面documentするために使用usedされる。指標scaleには、専門technical技術要素非専門non-technical技術skill要素elements両方bothが含まれる。
each飛行flight検定test課目exerciseについて合格pass不合格fail決めるassigningものというよりは、検定内容performancequality測定measureするように設計designedされたものである。

長年many yearsにわたり、専門Technical技術skill要素elements飛行flight検定checking基礎basis形成formedしてきた。
従来traditionally操縦桿stickラダーrudderを操作する技術skillsであると考えらconsideredれてきたが、これらの技術skill要素elements評価assessmentsは、自動操縦automation機能の使用useなどによって進化evolvedをしてきた。
非専門Non-technical技術skill要素elementsは、飛行flight検定check中のCRMに関するより近代modern的な評価assessments反映reflectしている。

4点制の評価方式4-Point Marking Scale’s要素elements評価表grading matrixに関する包括的comprehensive知識knowledgeは、評価marks支援supportiveコメントcomments精確accuratelyに得られ、精査scrutinyを行う上で不可欠essentialである。
4点制の評価方式4-Point Marking Scale評価表Grading Matrixは、ACPを支援assistするために提供providedされる。

4点制の評価における技術的要素と非技術的要素

4点制の評価4-Point Marking Scaleにおける「技術的要素technical skills elements
  • 航空機の取扱いAircraft Handling
  • 技術と知識Technical Skills and Knowledge
4点制の評価4-Point Marking Scaleにおける「技術的要素non-technical skill elements
  • 協調性Cooperation
  • リーダーシップLeadershipand管理技術Managerial Skills
  • 状況認識Situational Awareness
  • 意思決定Decision Making

非技術non-technical要素elementsはCRMを基にbasedした4点制の採点4-Point Marking Scaleで評価される。
時間の経過Over timeとともに、CRMのような伝統的traditionalヒューマンhumanファクターfactorsを理解するためのプログラムprogramsは、意思疎通communicationsの方法や自動化automationの発展といった新たなnew関心範囲areas of interest強調highlightされているとともに、スレットthreatエラーerrorマネジメントmanagement(TEM)のようなヒューマンhumanエラーerror管理managementの手法に関する別のdifferentアプローチapproachesも行ってきている。

現時点this timeでは4点制の採点4-Point Marking Scale要領では明確expressly識別identifiedされていないもののAlthough、次に示す概念は、関連する非技術non-technical概念conceptsである。

非技術的概念
  1. 意思疎通Communication
  2. 自動化Automation
  3. スレットエラーマネジメントThreat and Error Management

こうした非技術的non-technical概念conceptsは、現行のestablished非技術的non-technical要素elementsの中である程度somewhat評価はexpressedできるものの、ACPがこうした概念concepts精通familiar withデブリーフィングdebriefの中で更なるfurther議論discussions行えるようobserve and facilitateになることは重要importantである。

機体の異常状態(UAS)の定義

機体Aircraft異常Undesired状態State(UAS)の定義Definition
  1. 望まないundesired航空機aircraft状態state(UAS)とは4点式の採点4-Point Marking Scale中でwithin広くextensively使用usedされる用語termである。
    詳細precise定義definition理解するUnderstandingことは、エラーの種類の「軽微minor」「重大major」「致命的critical」を区別distinguishingするために重要criticalとなる。
  2. UASは「明確clearly安全safetyマージンmargins低減reducesさせるような搭乗員flight crewエラーerror行動action省略omissionにより生results fromじた航空機aircraft位置position速度speed姿勢attitude形態configurationのこと」と定義される。

「良好/適/可/不適」の定義

次の4つの評価形容詞adjectivesは、4点制の採点方式4-Point Marking Scaleの中で広くextensively使用usedされる。
定義definitionsについては次のとおり。

各評価単位の定義
  1. 良好Effective望ましいdesiredまたは意図intendedした結果result達成producing成功Successful
  2. Acceptable十分Satisfactory許容範囲allowabl
  3. Poor通常usual予想expected期待desirableより悪いWorse
  4. 不適Unacceptable満足できないNot satisfactory許容できないallowable

基準からの逸脱とエラー

基準からの逸脱Deviationsエラーerrorsは、4点制で評価4-Point Marking Scaleが行わる。

基準からの逸脱

基準からの逸脱Deviations
  • 基準からの逸脱deviationは、飛行flight検定test課目exercise許容範囲toleranceからの精度差をvariation in precision定量化quantifiableして評価measurementするものである。
  • 4点式の評価制度4-Point Marking Scale機体aircraft取扱いhandling技術skill要素element組み込まincorporatedれる。
軽微な逸脱Minor Deviation
  • 特定specified制限範囲tolerance超えないdoes not exceed程度の逸脱deviation
重大な逸脱Major Deviation
  • 特定の制限範囲tolerance2倍未満でless than double超えるexceeds逸脱deviation
  • 安定stabilityせず繰り返Repeatedされる軽微minor逸脱deviations
致命的な逸脱Critical Deviation
  • 特定specified制限範囲tolerance2倍以上more than double超えるexceeds逸脱deviation
  • 安定stabilityせず繰り返Repeatedされる重大major逸脱deviations
  • 重大major逸脱deviation特定identifyingしたり修正correctingしない

エラー

エラーErrors
  • エラーerrorは、搭乗員flight crew意図intentions予定事項expectationsからの差をvariation招くleadsような搭乗員flight crewによる行為actionまたは不履行inaction定量化qualitativeして評価assessmentするものである。
  • 4点式の評価制度4-Point Marking Scale専門技術technical skills知識要素knowledge elementに組み込まれる。
軽微なMinorエラーError
  • 作業task手順procedureまたは運動manoeuvre完了completionさせるあたって、そこまで重要ではないinconsequential行為actionまたは不履行inaction
  • 望まないUndesired航空機Aircraft状態State(UAS)が発生していないdid-not-occur
重大なMajorエラーError
  • 作業task手順procedureまたは運動manoeuvre完了completionさせるあたって、重大なconsequential行為actionまたは不履行inaction
  • 望まないUndesired航空機Aircraft状態State(UAS)が発生していないdid-not-occur
致命的CriticalエラーError
  • 作業task手順procedureまたは運動manoeuvre完了completionさせるあたって、重大なcompletion行為actionまたは不履行inaction
  • 望まないUndesired航空機Aircraft状態State(UAS)が発生occurred

4点制の評価一覧表

専門技術的要素(Technical Skill Elements)

専門技術Technical Skill要素Elements
4点制の評価指標
4321
逸脱逸脱なしNo deviation軽微Minor逸脱deviation重大Major逸脱deviation致命的Critical逸脱deviation
エラーエラーなしNo-error軽微Minorエラーerror重大Majorエラーerror致命的Criticalエラーerror
形容詞効果的なEffective受容できるAcceptable低レベルのPoor受容できないUnacceptable

+

航空機Aircraft取扱いHandling
  • 品質quality精度accuracy
  • 規制Regulatory / 機体aircraft制限limitations遵守compliance
  • 確実assured飛行安全Safety of flight
専門技術Technical Skillsand知識Knowledge
  • 実用的practical理解understandin
  • SOPやルールrules規則regulationsの遵守

非専門技術的要素(Non-Technical Skill Elements)

非専門技術Non-Technical Skill要素Elements
4点制の評価指標
4321
形容詞効果的なEffective受容できるAcceptable低レベルのPoor受容できないUnacceptable

+

協調性Cooperation
  • チームteamビルディングbuildingとその維持maintaining
  • 他者othersへの配慮consideration
  • 他者others支援support
  • 問題conflicts解決solving
リーダーシップLeadershipand管理技術Managerial Skills
  • 権限authority主張assertiveness使用use
  • 標準standards実施providingとその維持maintaining
  • 計画planning調整coordination
  • ワークロードworkload管理management
状況Situational認識Awareness
  • システムsystem認識awareness
  • 環境environmental認識awareness
  • 時間time認識awareness先見性anticipation of future events
意思決定Decision-Making
  • 問題problem定義definition診断diagnosis
  • オプションoption生成generation
  • リスクrisk評価assessmentオプションoption選択selection
  • 結果outcomeレビューreview

飛行検定における不合格

飛行flight検定checkにおいて次に示す事項following conditionsのうち1つに該当すると不合格unsuccessfulとなる。

「1点」の評価による不合格

SIC/PIC/CRP共通で、1つ飛行検定項目において「1点」の評価がされると不合格

「2点」の評価による不合格

SICでは5つ飛行検定項目で、PIC/CRPでは3つ飛行検定項目において「2点」の評価がされると不合格

  • ACPが検定check不合格unsuccessful判断decidesした時点検定flight check速やかimmediately終了terminatedとなる。
  • PPCで2名two受検者candidatesペアpairedで受検する中に、先に受検した1名first不合格unsuccessfulと判断された場合、次の2人目second受検portionの際には補助者seat partnerとして操縦士席に着席することは認められない。当該受検者が次回otherのPPCの合格するsuccessful attemptまでuntilこの措置は継続される。

ACPの実施に関する不服の申し立て

  1. 運航者operator飛行flight検定checkを実施した受検者candidateは、ACPが検定に際し不適切inappropriateであったりプロとしての品位に欠unprofessional行動conductをしていると疑う場合には、これに関連すconcerning不服complaint申し立てるrecourse to fileことができる。
    カナダ運輸省Transport Canada(TC)の派遣したACPに責任をresponsibleもつ地域regionに対して送付forwardedする。
  2. カナダ運輸省Transport Canada地域局regional officeは、申し立てられた不服complaint内容nature検討reviewし、是正remedial措置action必要requiredどうかを判断determineする。
    この不服complaint却下dismissingするか、受け入れて別のanotherACPを準備し、前回の受検者candidate’s記録record偏見prejudice与えないwithoutよう十分配慮を行いつつ再検定re-test実施complete調整すcoordinatingかはカナダ運輸省Transport Canada判断respondする。
  3. すべての不服complaintsについては、いかなるバイアスbiasなくwithout、ACP、運航者operator受検者candidateすべてのために十分慎重carefully検討reviewedが行われる

PPCについての主張権利

  1. PPCに不合格unsuccessfulであった場合event受検者candidate(s)カナダ運輸省Transport Canada(TC)からの「カナダCanadian航空Aviation関連文書Document発行Issueもしくは追記Amendに関する拒否Refusal通知Notice」を受領receiveする。
  2. 受検者Candidate(s)は、カナダ運輸裁判所Transportation Appeal Tribunal of Canada(TATC)に対し、検定の評価assessment開示review要求requestする権利right有すhaveる。
    請求applicationした評価review内容の送付submitted時期dateについては、カナダ運輸Transport Canada省からの通知letter内で示さspecifiedれる。
  3. カナダ運輸裁判所(TATC)への請求review現在currently実施pursuing中でなければ、「認定Certification品質Quality保証Assuranceに関するカナダ運輸省の国内National運用Operations」といったACPが責任accountableを有する権限authority提示issuingするなど、カナダ運輸省Transport Canadaにより実施conductedされるべき評価assessment内容の開示review受検者candidateはすることができる。
    開示review内容に不服がnot satisfiedある場合eventには、TATCに内容の確認review要求requestingすることは引き続remains可能availableである。
  4. 追加Additional情報informationTATCのウェブサイトwebsiteで確認すること。

PPCの結果の提供

ACPは、様式Form26-0249または26-0279の操縦士Pilot技量Proficiency検定Checkにおける飛行Flight検定Test記録Report」の写しcopy要望にupon request応じて受検者candidateや、運航者operator訓練training機関organization主任chief操縦士pilot等に提供provideすること。


タイトルとURLをコピーしました