上層風/外気温予報(FD)の読み方の解説

FLIGHT

FDとは

人間が空に飛ばないと分からない上空の風や気温、更にはその未来の情報が分かるとしたら凄いことですよね。
それを知ることができるツールが、Upper Level Wind and Temperature Forecasts、通称「FD」です。FはForecastでしょ?ではDはどこから来たの?とあまり深く考えないようにしましょう。

FDの表示例

FDは、カナダの142ヵ所定時観測されるデータを元に作成された上層風予想で、NAVカナダが運営するAWWS (Aviation Weather Web Site) のページから「FD」のタブを選択することで、上記のような表の形式で情報を取得することが出来ます。

出典: AWWS flightplanning.navcanada.ca

何のデータをもとにして作成されている?

情報の信憑性を考える上で、出どころとなるデータが何かを知っておくことは非常に重要なことです。
FD予報は、NWPモデルと呼ばれるスーパーコンピューターモデルの大気情報が参照されています。
世界中の気象観測データを収集・分析し、1日2回00Z12Zを基準とした情報の更新を行っています。

この大気情報と、32ヵ所1日2回取得されるデータを元に、気圧、気温、相対湿度、風向風速を割り出し、それを更に分析して予報データを作成しています。

カナダ国内の観測局 出典: tc.canada.ca

FDの種類にはどんなものがある?

使用目的に応じて、大きく2つの種類に分類でき、発行を担当する機関が異なっていることもあり、2種類で更新のタイミングが異なります。

FDの種類
  1. 低高度用3,000 ft18,000 ft
  2. 高高度用24,000 ft53,000 ft

更新のタイミングは?

低高度用FDの更新タイミング

カナダ気象局 (CMC)により00Zの解析データを元にして作成されたFDが0330Zに、12Zのデータを元にしたFDが1530Zに発行されます。ちなみに0330Zはローカル冬時間で1930、夏時間で2030、1530Zは冬時間0730、夏時間0830です。朝と夕方に更新されるというイメージですね。

低高度用FDの更新タイミング

0330Z1530Z

とは言いつつも、この更新時刻の30分ほど前には更新が完了しているケースが多いです。

0330Z発行の有効時間1530Z発行の有効時間有効時間
05Z–09Z17Z–21Z4時間
09Z–18Z21Z–06Z9時間
18Z–05Z06Z–17Z11時間
低高度FDの有効時間

有効時間は24時間分を綺麗に3等分した8時間ずつという訳ではなくて、最も直近のデータは賞味期限を早めに設定した4時間、その次は9時間、もっとも未来の予報は11時間という予報有効時間となっています。より正確な航法を実現するためには、最新の情報を使って飛行予定時間ができるだけ直近の時間に近づくようにするのが適当だと思います。

高高度用FDの更新タイミング

高高度用のFDは、世界空域予報センター (WAFC) / アメリカの国立気象局 (NWS) が発行しており、発行時間が低高度用と異なり、1時間30分ほど早い0200Z1400Zのタイミングが設定されています。
0200Zはローカル夏時間で1800、冬時間で1900、1400Zは夏時間0600、冬時間0700です。こちらも朝と夕方に更新されるということは変わりません。

高高度用FDの更新タイミング

0200Z1400Z

有効時間は4時間9時間11時間と低高度用と同じです。

観測局はどこにある?

カナダ全体では142ヵ所の観測局を中心にしてデータが作成、更新されています。カナダ国内を大きく次のような7つの気象観測地域で分類されています。

GFAなどの分類と同じ
地域名拠点数
Arctic 地域35ヵ所
Yukon and Northwest Territories 地域21ヵ所
Nunavut 地域19ヵ所
Pacific 地域12ヵ所
Prairies 地域21ヵ所
Ontario-Québec 地域36ヵ所
Atlantic 地域24ヵ所

太平洋岸地域の観測局

太平洋岸地域 (Pacific)は、BC州の州の形と完全に一致するので、「Pacific」=「BC州」であるということができ、12ヵ所観測局が設定されています。

BC州のFD観測局12ヵ所一覧 出典: Google MyMaps
ICAO観測局名飛行場標高
CYDLDEASE LAKE2,634 ft
CYKAKAMLOOPS1,133 ft
CYPUPUNTZI MOUNTAIN2,985 ft
CYVRVANCOUVER13 ft
CYXCCRANBROOK3,084 ft
CYXJFORT ST. JOHN2,280 ft
CYXSPRINCE GEORGE2,266 ft
CYYDSMITHERS1,716 ft
CYYEFORT NELSON1,253 ft
CYYFPENTICTON1,130 ft
 CYZPSANDSPIT21 ft
CYZTPORT HARDY71 ft
太平洋岸地域の観測局

日本の25倍の面積を有するBC州全体を12カ所の観測局でカバーしているので、そこまで密な配置にはなっていませんが、必要なところには設置をしてくれている印象です。

FDの読み方

ではここから、本題のFDの読み方の解説を行っていきます。

一般的には、次のような形で観測局ごとの情報を取り出すことになります。
例えば、下の例で24:00Z頃に6,000 ft 付近での飛行を計画していたとします。そうすると、必要になるデータは次のようになります。

YVRでの表記例
風向風速/外気温の表記例

2626-04

この表記をどう読み取ればいいのかについて、まずは有効時間の見方から、風向風速、気温と分けて解説します。

有効時間の見方

まずは「Valid Time」として示される有効時間です。一番左のデータ情報の欄に太字でDDHHHHの形式での記載されていますね。
この時間を基準にした数時間前後で情報を使用することになり、具体的には「FOR USE」の欄で示される時間帯が適用時間になります。

例えば「FOR USE: 21-06」であれば、UTCの21時から06時 (冬時間であれば1PM~10PM)の9時間の間で使用するということで、予定の飛行時間がこの時間帯に含まれることを確認します。

僕も混乱した部分ですが、「Valid」という言葉でそれで示された時間以降は無効になるのではないかという懸念があるかもしれませんが、決してそんなことはありません
「Valid Time の前後で」という表記がしっかりされています。
ですので、実効上は「FOR USE」の時間だけ気にしておけばOKです。

風向風速の読み方

次にFDで取得するメイン情報と言える、上層の風向風速です。
できるだけ少ない文字数で必要な情報を伝えるための工夫として、あるルールが用いられています。

風向風速の読み方のルール
  • 最初の4桁が風向風速
  • 最初の2桁が風向
  • 風向は真方位で10°単位で表記 (滑走路番号と同じ考え)
  • 最後の2桁で表される風速はkt単位でそのまま読む

上記の例の場合は、260/26、つまり真方位260°から26ktの風が吹くということになります。

風が弱い場合の表記

5kt未満の場合は「light and variable」として 9900と表記されます。

風邪が強い場合の表記

100kt以上の場合は、風向に50を足すことで表現されます。
010~360は01~36と表記されるので、これに50を足して「51~86」となります。

200kt以上の場合は、もう表現の方法もあえて設定するほどの頻度でも発生しないことから、単に「199kt以上」として取り扱われます。したがって、「7799」という情報があれば、「270˚から199kt以上」と解釈できます。

06Z-17Zの30000ftで「770949」

上記の例でみると、06Z-17Zの時間帯での30,000 ft での「770949」は、77-50=27⇒270°09+100=109⇒109ktより「270°から109kt」と読み取れます。
この高度だけ風が強くなっていて、上昇前後にシアで揺れそうですね。

外気温度の読み方

温度は℃単位の摂氏で表記され、ここはほとんどひねりもなく読み取ることが出来ます。

ただし、低高度用のFDでは必ず「+」と「-」が付加されますが、高高度用では、24,000 ft 用はマイナスとプラスの区分が示されますが、これ以上の高度帯では、夏場でも外気温度は必ずマイナスになるということから、マイナスの表記が省略されるのが特徴です。

24000ftまではマイナス表記があるがそれ以上では省略

また、3,000ftでは外気温度情報は提供されません。

3,000ft の情報が欠けている場合がある?

下の例のように、たまに3,000 ft の風向風速情報が欠如しているFDを見かけることがありますが、決して誤りではありません

飛行場標高(FE)が 2,985 ft なので3,000 ft 情報が省略された例

観測局の標高が1,500 ft 以上となる場合には3,000 ft の風向風速 (外気温情報はもとからなし) が省略されます。例に示したPUNTZI MOUTNAIN 空港の場合、飛行場標高が2,985 ftもあります。

FDの実運航への活用

情報を取得して、実際の運航に活用し、安全で効率的な飛行を行うのが本来の目的です。

FDは真方位で提供される情報

実際に機上でコンパスや方位計を読み取って飛行する場合、採用するのは磁方位ですので、その点で注意が必要です。
飛行計画への活用については、針路に風を加味して飛行針路を算出する場合、必ず真方位の針路に対して加算するようにしましょう。多くのナビゲーションログの形式は既にそうなっていると思います。

多くの場合、

飛行針路決定のプロセス

「チャート上に引く線をそのまま読む真針路TRUE COURSE

真方位TRUE HDG提供のFD風向風速による偏流修正WIND CORR ANGLE

磁差VARIATION

「実際に飛行で使用する
磁針路MAG HDG

という算出プロセスになっていると思います。「真方位 / 真針路」「磁方位 / 磁針路」が明確に区分され混同しないようになっていますね。

逆に、上空でFDによる風の情報を参考にせざるを得ない場面があったとします。
その際は、FDの風向風速は真方位ですから、機上のコンパスと一致せずそのまま使えません。飛行する地域の磁差を「16°E」というように処理してあげる必要があります。

出典: www.quora.com

カナダは東西に広い国ですから、日本のように全国的におおよそ「6~7°W」などと安定している数値ではなく、磁差は東(Eastery)から西(Westery)とさまざま、そして図のように沿岸部、特に局に近づくにつれてかなり大きな数字になるのが特徴です。

間の高度を細かく使いたい

例えば1,500 ftで飛行するための飛行計画をする最、0 ft のFD情報は提供されていないため、3,000 ft のデータをそのまま使うしかありません。
一方で、4,500 ftといった高度で飛行する場合であれば、3,000 ft と6,000 ft の情報の中間値を取ってあげた方が、より正確なデータになります。

中間のデータを使用するプロセスである「比例配分」を適切に行う必要があります。

FDの今後

実は、FDに変わる新たな上層風情報ソースとして、FBというものがあります。
FBとは「Forecasts in digital form of the winds and temperatures aloft」を意味し、FDの改良版という位置付けです。

特徴は、電話でのみ取得可能な情報ということと、00Z、06Z、12Z、18Z1日4回更新される点です。FDよりも倍の頻度で更新されることから、有効となる使用時間帯の幅も狭まり、精度が高まっていると言えます。

上層風予報を「FD」と呼称するのは従来アメリカとカナダだけで、世界気象機構 (WMO)では「FB」の呼称を採用しているそうです。今後数年で移行期間を設けながら少しづつFDからFBに置き換わっていく予定ですが、管轄は引き続きカナダ気象局 (CMC) で、基準高度や風向風速の表現法など様式はFDと同じですので、置き換わったとしても大きな混乱はないかと思います。

デジタル式の情報データであり、図表形式での利用が期待されている点も大きな特徴です。

FD (従来)FB (予定)
正式名称Upper Level Wind
and Temperature
Forecasts
Forecasts in
digital form of
the winds and
temperatures aloft
情報取得法ウェブサイト現状電話のみ
更新頻度1日2回
(00Z/12Z)
1日4回
(00Z/06Z/12Z/18Z)
応用チャート上に適用可能

タイトルとURLをコピーしました